最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
丸善作品4 ウォールマットの話
(前回の続き)
額の深さは5.5センチです。

よく生徒さんに「作品の高さはどのくらいにしますか?」
と聞かれますが最も高い部分がガラスに届く2ミリ手前(=今回は5.3ミリ)
だいたい2/3 ~4/5を目安にしてくださいとお答えしています。

シャドーボックス用の額には立体的な作品を収めるため奥行き(深さ)があります。
額の内側 側面にあるガラスやマットを支える薄い板を中桟と言います。
もう一箇所絵柄のすぐ周りにもウォールマットと呼ばれるものを立てます。
マットの窓のすぐ際に立ててありこれがあれば土台の裏蓋が見えません。

下の写真では右に立てています。
DSC04788.jpg
小さい作品では省いたりもしますが
大きい物だと立てたほうが作品に目が行き見映えが良くなります。

また作品のすぐ周りにあるので額の強度も増して
奥行きのある立体作品をしっかり支える役割もあると思います。

多くはマットと同色のイラストボード、マットボードを短冊状に切って
同寸のスティロールで補強して立てます。

ただそれですと市販のマットボードの色になるので色は限られます。
DSC04792.jpg

私はたまにスティロール自体にアクリルペイントで色をつけています。
中の絵柄の配色とマットの色、フレームの色それらに調和する色を選びます。
また今回は昨日ご紹介した文字の部分が引き立つようにも考えました。

実際にやってみながら
時間を少し置いてまた眺め、客観的なバランスや配色を選んで行きます。
作品はニスを掛けると色に深みが出ますし
ガラスに入れて収めてみるとまた濃く暗くなりますので
微調整が要ります。
DSC02808.jpg

額屋さんによってはその部分も凝って額装していることもあります。
例えば風景なら空や水面、地面の延長で色を塗り分けるといった具合です。
コピー ~ DSC02800
私も春の伊東屋展ではウォールマットを土台の絵の延長で色を塗りました。

丸善の展示の際もどうかウォールマットまで気に留めていただければ嬉しいです。
関連記事

この記事に対するコメント

 細部まで 頭と気を使ってのアート すごいです。
 最近は 暑いので 少し制作から 遠ざかっています。反省反省!
【2010/08/18 06:24】 URL | 小紋 #- [ 編集]


迫力ありますね!

間近にみたら釘付けになりそうです

楽しみにしておりますよ~~
【2010/08/19 22:14】 URL | 杏子 #- [ 編集]


小紋さま
いつも褒めてくださって感謝しています。
お孫さんも大事お母様も心配。家族第一と思います。また涼しい風が吹いたら挽回できるでしょう。

杏子さま
ついさっきメルマガを配信致しました。HPとショップも書き換え今日はそれで終わってしまいました(笑)
気合を入れて頑張ります!
是非お会いできますように!
【2010/08/19 23:40】 URL | kazumi #- [ 編集]


いつのまにか写真が増えてる?!!

うわあ~すてきすてきすてき!!
きゃあきゃあ♪
だいすきなの、ウィリアムモリス!
図版集も持っているけど、これが立体になったところなんて想像もしてなかったのよ。
去年の作品よりさらにパワーアップした感じ!!たのしみーーーーー
【2010/08/20 13:28】 URL | hiromi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1343-cb441c8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索