最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
ハゴロモジャスミンの季節
DSC03025.jpg
我が家では10年近く東隣の家との間=アプローチ沿いにハゴロモジャスミンを育てています。
5月1日↓右は赤みを帯びた蕾(左の白い花はこでまり)
DSC03017.jpg

滅多に虫は付かないし例年5月には本当に良い香りで咲きます。
今年は日の良く当たる所から5月1日に1番花が咲きました。
何より丈夫なのが私向きです。

今まで良く咲かない年もありましたが
剪定は花後にばっさり、思い切って地面から40センチくらいのところで行います。
ただの細い棒みたいになっても大丈夫です。

その後剪定を数回します。10cm伸びたら切るみたいな感じです。
切ると枝先は2つに分かれますからこの作業はだらだら伸びるのを防ぎながら花数を増やす意味があります。
8月いっぱい(私は都内在住)で剪定を止めると
翌年の5月には塩梅良くいっぱい咲くようです。
切らないと上へと伸びて収拾がつかず下枝から枯れ上がってきます。

また寒い所に1ヶ月ほど置かないと花芽が付かないそうですから外で育てないといけないですね。

挿し木で増える、または地に這った茎から根がつくこともありますが
私はやってみて咲くまで何年かかかりましたので
欲しい方には行灯仕立てを一鉢買って増やすことをお勧めしています。
南西の角は数日でこんな風になりました。(右の中央はノウゼンカズラ)
DSC03019.jpgDSC03031.jpg


1月の終わりには小さな赤みを帯びた花芽が付きます。
新芽とは形が違うので花の期待もその頃から膨らみます。

私は咲く直前に花が目立つように春先伸びた勢いのある新芽も剪定しています。
紙でも枝でも切るのは大好きです♪
DSC03013.jpgDSC03021.jpg

トイレの窓辺に這わせて芳香剤代わり・・・2年越しで願いが叶いました。(笑)

追記
検索ワードを調べたら剪定方法を知りたい方がいっぱいいらっしゃるのが分りました。
今年は花後5月22日に私は4時間程かけてばっさり切りました。
アーチもフェンスも剥き出しです。(笑)
地面から約40~50cm辺りまで切っています。
強いので茎だけでも大丈夫です。
(今年は外壁塗装中のためもあってかなり思い切りました。)
DSC03057.jpg
↑5月半ば 剪定前   ↓剪定後のアーチ。(向きは反対です。)
DSC03129.jpg

昨年の枯れ枝も取り除きました。
地を這って伸びる茎も上へ誘引しました。
そのままにしておくとそこからまた根を生やして行きます。
我が家は咲き終わった行灯仕立て一鉢を玄関横に地植えして
そうやってアプローチのフェンスいっぱいに伸ばしました。
関連記事

この記事に対するコメント

ジャスミンの香りが好きです(^o^);

ふおーっふぉっふぉっふぉっふぉ(^o^);
【2010/05/09 06:03】 URL | ぎやまん亭主 #mQop/nM. [ 編集]


地道な努力が必要なんですね。やぱり、あの「ジャスミン茶」の香りがするのでしょうか?

しかし・・いろいろお手入れが大変そうですね・・。ほったらかしにすると、雑草とかぼーぼーになりそうですね・・。
【2010/05/09 08:05】 URL | sora #nOJiXcNY [ 編集]


うわ~~~お見事ですね!!
私もこの香りが大好きで 毎年鉢植えを買ってはベランダで育ててたのですが うまく育てられず昨年から諦めました(涙)

ご近所にフェンスに這わせたお宅があるので そこを通るたびにいい気分にさせてもらっています(笑)
やはり植物は時期に合わせた思いきった剪定が大事なんですね


お写真だけでも香りが流れてきそうです♪
【2010/05/09 08:57】 URL | 杏子 #- [ 編集]


ぎやまん亭主さま
こちらもお好きですか?
いつも走りながらお花も気にかけていらっしゃいますものね。
香りで気づき沈丁花や金木犀もついどこで咲いているかを探しますよね♪

sora様
お茶とはかなり違う香りですね。(笑)
お茶の方はねれた匂いです。
手入れされた家周りだと泥棒除けにもなると聞きました。
実際時間がないと我が家もすぐ草ぼうぼうです(笑)

杏子さま
ありがとうございます。
この時期うちにいらしゃった方にはどんどん切って香りを持ち帰っていただいています。
生育旺盛なので鉢での管理は難しいのだと思います。
外壁塗装を控えていますがすんだらジャスミン屋敷(小屋)にしたいものです♪
【2010/05/09 10:35】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1326-9e66a5e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索