FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
金属光沢の表現
以前書いたのに行方不明だった記事が出てきました。
現在伊東屋で出展している私のメーン作品について。


今回の絵には本が描かれていて
革表紙に金の文字が入っています。
そういえば昨年フィレンツェに行った時に
皮細工屋さんでこの技法を見せられました。
合理的に作るのに感心しました。
熱した「こて」を当てながら型押しと金(テープ状)の埋め込みを同時に行います。
P5300391.jpg


閑話休題。
シャドーの絵は紙に印刷されていますから殆どの場合金で描かれた文字や
金のフレームは黄土色になっています。

以前ミュシャ展でヒアシンス姫の展示ポスターを観た時は光った髪の毛でしたが
ショップで売られていたポスターは黄土色でしたからシャドーの作品は自分で金髪に再現しました。
コピー ~ DSC01806

で、今回も金文字、金フレームは光らせました。
使っている物の粒子が大変細かいので自然になったと思っています。
下の写真中央が素材の絵の映像です。左が外側のパーツ 右はやや内側の部分です。
DSC02433.jpg
生徒さんたちに見せたら「ブローチみたい」と言われました。
絵ではぼんやりと描かれた輪郭線のフレームや
猫の脚で隠れた線を読み取りながら切って丸みをつけた後に光らせているのです。
ひとくちに金色と言っても「ぴかぴかの」や「燻した感じ」など色々あるのでイメージに近いものを選んでいます。
DSC02439.jpg

かなりそれらしくなってご機嫌です。
DSC02830.jpg

観て下さった方はまずこちらのブルーグレーの本物の毛糸だまに目が行きますけど(笑)
関連記事

この記事に対するコメント

紙なのに、金属っぽくなったり
木製かと思うくらいに木っぽかったり
面白いですね。
毎回新しい発見があってすばらしいです。
【2010/04/06 08:58】 URL | ぴら #- [ 編集]


丁寧に丁寧に作られていて
拝見するたびに うっとり です。

私も丁寧に作っているつもりですが
まだまだだと痛感いたします~。

写真でも十分すごいのが伝わってくるのだから
実際に見たらひっくり返っちゃいます(笑)
【2010/04/06 18:44】 URL | ネネ #- [ 編集]


ぴらちゃんへ
先日はどうもありがとう。
動物はあまり選ばないのでテーマがあると挑戦する機会を与えられる気がしますね。
棚も何度か作りましたが小さな模様が面白かったです。
ニス掛かった木の細工みたいで。

ネネさま
丁寧に美しく・・・・
全て切り方はこれ以上ないと思う場所を切り、出来る限りの立体感を納得するまでつけるよう心がけています。その集積で作品が出来てますからね。
ひっくり返った人はまだいませんよ(笑)
【2010/04/06 20:37】 URL | kazumi #- [ 編集]


やだぁ~
私も毛糸玉に目が行ったものです。(´;д;`)ウッ・・
残念だわぁ~
心残りだわぁ~
【2010/04/06 22:43】 URL | りん #.SkkPQig [ 編集]


りん様
あらら・・・(笑)
そんな・・・りんさんなら確かめなくたってすぐ取り入れられますよ。
頂いたお菓子「会合で皆で頂く」とT先生が言ってたのですが結局昨日私がもらって帰りました。
並んでの貴重なお菓子、感謝感激です。ありがとうございました。
【2010/04/08 08:03】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1325-f7e070df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索