FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
色見本作成
アクリル絵の具はトールペインティングをしていたので
100色以上持っています。

「物の管理、把握をきちんとしていないといけないなー」と反省して
この度色見本を作りました。

美大など行っていない私は独学で色について学んだ程度なので
作りたい色を混色によって自在に作れません。

樹脂作品に取り入れる場合、生徒さんにとっても
ボトルから出してすぐ使える色のほうが良いと
思って多くそろえています。
教室では見本と同じほうが喜ばれますから出来るだけ混ぜないのです。

トールの世界ではセラムコートやアメリカーナなどの
米製アクリル絵の具がポピュラーなんですよね。

ボトルの色やラベルからでは正確な色が掴めないのでシナベニヤの切れ端に色を塗りました。
その基本色にマッチするハイライト、シェードカラーも確認できるものはデータとして記入しました。
今後は色選びが大変楽になるでしょう。

プラークの配色は勿論のこと
例えば上の写真のように薔薇の花心にペップをつける時色を塗りますが、
ベースの色と薄い色、濃い色を選べば絵に近い色がすぐ得られます。
DSC02318.jpg

昨日は額屋でのオーダーの際、
作品展用マットの配色や額の塗装(カードに合わせたオリジナルの色出し)にも
威力を発揮しました。
作った甲斐があったと自分では満足してます♪

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
関連記事

この記事に対するコメント

恐れ入りました
確かにこうすると一目瞭然ですね

私も昔買い集めたアクリル絵の具が籠一杯あります

もしかするとカラカラになってるかもしれませんが^^

kazumiさんのきめ細やかなひらめきには脱帽です
【2009/12/22 01:50】 URL | 杏子 #- [ 編集]


ひぃ~っ
便利だとは思いますが、とてもやる気にはなれないです
kazumiさんは本当にすごい
何回筆を洗い、何回洗い水を取り替えたのでしょうか?
山田君アッパレを3枚持ってきて~!←座布団ではないよ
【2009/12/23 00:45】 URL | kana2 #9fhmHjA6 [ 編集]


杏子さま
アクリル持ってますか?かなり長持ちしますが時間が経つと固まってました。
10年とかは仕方がないですね。(笑)
マニアックと思いながら楽しんでやる自分が・・・怖い(笑)

kana2ちゃん
筆を洗うなんてのは苦にならないけどね。
マスキングテープ貼りながら塗っていくほうが面倒だったかなぁ。
でもkana2ちゃんがショップで用意する小さなプレゼント作るのに比べたら手間はないかも(笑)
いつも「ひぃ~すごっ」って思ってますよ。
【2009/12/23 00:59】 URL | kazumi #- [ 編集]


 手間ひまかけた力作! 一目瞭然で すばらしいですね。
 糸見本を見る機会が多いのですが 一目でわかるやり方に 
 拍手を送りたいと思います。拍手。
【2009/12/25 17:07】 URL | 小紋 #- [ 編集]


ひゃあ~っ!

凄いですねぇ…。

色見本を作るのは、根気のいる大変な作業だったことと思います。
お疲れ様でした。<m(__)m>

私が持ってるのは基本的な色くらいですので、多分10本くらいでしょうか…。

私の先生が、やはり昔トールペイントをされていたことがあるとかで、100本くらい持ってらっしゃるようですが、ボトルの天地をひっくり返した状態で、引き出しの中に入れてるそうです。

【2009/12/25 18:05】 URL | 水空 #- [ 編集]


小紋さま
拍手ありがとうございます。
以前から雑な見本は作っていましたが把握できないほど増えていたのです。
あるのを忘れて同じ色買ったり(笑)
色というのは微妙ですから配色には直感と経験両方大事ですね。
小紋さんも糸選び楽しまれているでしょう?

水空様
配色パターン描いたりするの苦にならないのです。(笑)
マスキングテープ貼りながら塗り分けました。
なるほど。絵の具は沈殿しますものね。
私は蓋に色と名前の分る表示がしてあるので今度は反対に貼って真似しますね。
【2009/12/26 03:04】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1301-e68f405d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索