FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
なんでも良く捉える
何でも良く捉えるのは夫の家のスタイルです。

夫が漫画を夢中で読んで夕飯だと呼んでも来なかった時
「食事を忘れるほど集中力がついたか」と言ったとか(笑)

同じ様なことをして「漫画禁止令」を出された我が家との違いに
その話を聞いた時は のけぞりました。
DSC02290.jpg
米寿を過ぎた生徒の高橋さんの作品です。

そんな夫ですから私に意地悪を言ったり皮肉、文句を言いません。
どんなに部屋が散らかっていても・・・
例えお風呂上りにパンツが引き出しに入ってなくても・・・
入っていると逆に「わー、いっぱいだ」と喜びます。

外の教室で出かける時お昼が用意できなくても  
「いいよ」とあっさり。
私がいない時は思う存分高カロリー食にありつけるわけです。

ですから出会ってから喧嘩した覚えがありません。
DSC02286.jpg
生徒の坂田さんの作品。爽やかに水玉のマット紙を入れました。

ただ私が言いたいのはそれなりに艱難辛苦は乗り越えてきたと言うことで
良く捉えることは心の持ちようで出来るということです。
夫からは殆ど人の悪口を聞いた事がありません。
物事には必ず2面性があり、見方によっては大抵肯定できる要素を含んでいるものです。

「人を呪わば穴二つ」
言葉には霊的なものがあると信じてもいますから
恨み妬み嫉み関連は
持たず(思わない)作らず(言わない)持ち込まさず(聞かない)
非核3原則並に用心しています。

心がけていますと結果的に自分の身を守ってくれる事が分りますよ♪
来年からちょっとやってみませんか?
関連記事

この記事に対するコメント

確かにそうかもしれません。
その3原則しっかり心にメモしました。
言霊というだけに、言葉にはパワーがあり、魂もあり、だからこそ言葉は大切にしなければと思っています。
【2009/12/13 11:28】 URL | みぃ~☆ #- [ 編集]


我が夫の家庭が、非核三原則です。
私はどちらかと言うと、その逆の家庭に育ったので「毒を吐く」ことがたまにあります。

しかし、そんなときにも主人はにこっと笑って
「そうか、そうか。僕じゃない人に言わずに良かったね。」であります。
そういう主人のそばにいると、やはり何とも心地よく
「ココにお嫁に来て私は良かったんだなぁ。」と思うのです。

そして自分もそうでありたいと思うようになってきます。
まだまだ未熟者ですが、そこを目指して頑張ります。
【2009/12/13 14:39】 URL | 美景 #onVA9wqc [ 編集]


kazumiさん おばんです。

凄い・・・なかなか出来ない事ですね・・・。
おっちゃんのほうが少し年上ですが・・・今からでも真似しましょ・・・遅いってか・・・。笑)

【2009/12/13 20:29】 URL | ひげ #- [ 編集]


すごい。
ワタシにはムリかも~

ワタシのペースを乱す子どもらにはぼかすか言ってしまいます~
なんとか+方向に持って行きたいのですけどね
人間ができてません!
【2009/12/13 22:45】 URL | hiromi #- [ 編集]


みぃ~☆ 様
辛い時こそ笑顔で楽しい事を考えるとストレスを跳ね返せると聞きました。
弱音を吐くのも大事ですけどね。
悪口を言われても自分は言わないでいると
長い間には人から信頼を得られるようになる気がしています。

美景様
ご主人様と夫は似ていますね♪
お互い「当たり」で何よりでした。(笑)
ただ我が家には落とし穴がありました。
ひどい言葉の免疫がない子供たちは思春期にたくましさが欠けていたかもです。
外で打たれ強い根性も育むよう心がけて頂きたいです♪

ひげさんへ
そのままで充分です。
何も引かない、何も足さない・・・
あれ?ウィスキーだっけ?
ひげさん怒ったりするの?想像できませーん。(笑)

hiromiちゃんへ
私の親は愛すべき欠点に溢れていました(溢れています)。
短気、せっかち、早とちり、ばか正直、愚痴っぽい、悪態をつく、人の悪口言いまくる、根に持つ(笑)・・・・
で、育ったのが私。(笑)
反面教師にもしたし、人間には皆醜い部分があると思っていますから外で打たれ強い(らしい)のですよ。
一生懸命ご自分らしく育てれば 良いじゃない?
将来が楽しみなお子達です♪
【2009/12/14 00:00】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1293-0054bf45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索