最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
シシーに会いに行きました
憧れの絶世の美女はその姿を絵の中に留め気高く微笑んでおりました。

国立新美術館ハプスブルグ展に行くとシシーに会うことが出来ます。

この絵は大変大きくて美しく、良い香りが立ち昇ってくるようでした。

389px-Winterhalter_Elisabeth_2.jpg
美貌には人一倍気をつけてあの時代には珍しく体を鍛えウェスト50cmもキープしていたのだとか。

悲劇的な最期、ドラマティックな人生なのがダイアナ后と重なります。

やっぱりこの美貌を持ち帰りたくて・・・・

毎度クリア・ファイル1枚を買い求めました。

シシーの他お宝は満載でハプスブルグ家の栄華を誇っていました。

肖像画をはじめとした油絵によるリアルな質感の表現が素晴らしかったと思います。
関連記事

この記事に対するコメント

 私は 博多座の舞台 「皇女エリザベート」 一路真輝で その生涯を 見ました。
 絵の美貌と すばらしい衣装に見ほれます。お写真も とても綺麗ですね。
 激しい運命を感じさせない 美にうっとりです。 
【2009/11/30 10:04】 URL | 小紋 #- [ 編集]


無粋なおっちゃんでも恋してしまいそうです・・・。笑)
【2009/11/30 10:52】 URL | ひげ #- [ 編集]


ウエスト50cm
私は・・・小学5年生くらいまでかな?
って比べる対象から大きく離れているのが現状ですが・・・
シシーさん美しいですね
でも悲劇的はちょっとね
喜劇的の方が人生としてはいいかもね?ルン♪
【2009/11/30 12:44】 URL | kana2 #9fhmHjA6 [ 編集]


小紋さま
いかにも宝塚の戯曲に向く女性ですね。しばし異次元の世界だったでしょうね。
堅苦しいお城の生活から逃れ異国でテロリストに暗殺されるなんて!
肖像画はたくさんありますがこの絵が最も綺麗と思います。

ひげさんへ
王子様がお見合いで予定していた姉上からこちらの妹君をご所望したそうです。
美人をお嫁さんにしたところはひげさんと一緒ですね♪
kana2ちゃんへ

身長170cmでこのウェスト。
今なら「びっくり人間」に出られますよね~。
私も体重40キロ台は高学年までだったわ(笑)
人生は楽しく・・・そんでもって笑い皺作りながらお互い長生きしましょう!
【2009/11/30 16:50】 URL | kzumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1289-afc867f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索