FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
さようならマイケル
マイケルジャクソンの映画「This is it」観て来ました。

映画は予定されていた最後のステージのおそらく曲順に
歌や踊りやメイキング映像を織り交ぜながら進行されました。

マイケルを慕って一流の演奏者、スタッフ、ダンサーが集結し
ステージを作っていました。
DSC02243.jpg

彼の才能や姿の美しさはもちろんですが
人柄を伝える部分も多かったです。

マイケルは謙虚で繊細で完璧主義者だと思いました。
それに若い。動きも声も・・・
薬まみれとかガリガリとか言われていましたが映像からそんな印象はなかったです。

本当に惜しい人を亡くしました。

天才であり稀有のパフォーマーなのは間違いありません。
DSC02242.jpg
懐かしいピクチャーレコード
↑確か新婚旅行でカリフォルニアへ行った際買い求めました。

「世界に愛を」
「地球の環境破壊を一人一人が食い止めよう」
それがマイケルからの最後のメッセージでした。

当初2週間と言われていた上映が7割の映画館でさらに2週間かかるそうです。
できれば観たほうが良いと思います。
私はまたジャクソン5時代から聴きなおしたくなりました。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
関連記事

この記事に対するコメント

見に行かれたんですね!
私も来週、見に行く予定です。

私自身は、マイケルジャクソンの全盛期はまだまだ子供でしたが
ディズニーランドのアトラクションが、今でも強く印象に残っています。
3D映像で、目の前でムーンウォークは衝撃でした。

亡くなってからのテレビの特集で釘付けになったのは、驚くことに娘でした。
8歳の子供をも今でも釘付けにする彼のことを、もっと知りたいと思って行くことにしました。

様々な方がブログで感想を書いておられますが
みんなが揃って「素晴らしい」という映画も珍しいですよね。

今から楽しみです。
【2009/11/08 14:13】 URL | 美景 #onVA9wqc [ 編集]


え~見に行ったの!
うわあ~んワタシも行きたい~~~!!
ジャクソン5の頃から知ってます(笑
「ベンのテーマ」とか「I `ll Be There」が好きでした
独り立ちしてからも好きだったけど。。人生の後半が気の毒すぎる

行けるものなら行きたいなあ


本の紹介してくださってありがとうございます。。。
恥ずかしくてコメントできませんでしたので、コチラで。。
とってもうれしかったです!ホントにありがとう!
【2009/11/08 21:39】 URL | hiromi #- [ 編集]


美景様
キャプテンEOですね。
もう充分コブつきの大人でした。
私は同世代なのでマイケルの体型の若さが信じられません。
This is itという新曲も素敵でした。
サービス精神が旺盛でものの言い方が優しいのに人柄が伝わり、
バッシングはさぞ辛かっただろうと思います。

hiromiちゃん
幼少期の歌声にしてあの叙情性。
成人しても整形しても改めて魅力ある人だったと思いました。
あれだけ準備していたらさぞ無念だったと思います。
供養のためにも観に行って~♪
私のブログ読んで知人が本買ってくれました。私も嬉しいです。
【2009/11/08 22:56】 URL | kazumi #- [ 編集]


ただ「マイケル」って云うと、

わしは猫の方を想いだしてしまう(^o^);

ふおーっふぉっふぉっふぉっふぉ(^o^);
【2009/11/11 08:50】 URL | ぎやまん亭主 #mQop/nM. [ 編集]


ぎやまん亭主様
猫のとぼけたのですね。ミカエル・ミヒャエル・・・人気の名です。
駐在で渡米した時「まいこちゃん」がいて覚えてもらいやすかったみたいです。
マイケルはマイコ、ビルはビオに発音が近いですから。
【2009/11/12 00:21】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1276-a401d97b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索