FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
歌舞伎見物
余裕があったらしてみたかったことのひとつが
歌舞伎見物でした。

銀座の歌舞伎座が改装のためしばらくお休みになり
古めかしく情緒豊かな建物がなくなる前に観に行こうと思い立ちました。
PA250405.jpg


どうせなら玉三郎さんが出る演目で
できるものなら間近で・・・・

なんと この演目はあと一日!(25日が千秋楽)
午前が午後か演目で悩み・・
桟敷席か一等席、二等席か・・・空席情報をにらみながら悩みました。(笑)

とれました!

インターネットで夜中でもお席がとれるのでありがたかったです。

詳細はまたあとで。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
行って参りました。
決済のクレジットカードを機械に入れるだけで発券完了。案外ハイテクでした。
PA250402.jpg
この扉の向こうにはこんな世界が広がっておりました。
花道がすぐ向こうで役者さんと目が合う高さでした。
P1010393.jpg
畳の上に2人分の座椅子と座布団。脚は掘りごたつ形式でした。
ミラノのオペラ座に比べればささやかですが役者さんには近いです。
難点は花道と一緒に照らされるのでまぶしいこと。
初めてでこんな贅沢してごめんなさい。夕べこの席しか並んで取れなかったのです。
テーブルの上にはお茶とポット。そしてこんなメニューが・・・。
三越地下で観劇弁当を調達して良かった(笑)
P1010395.jpg

お金を費やした以上に価値のある経験で時間をすごした気がします。
様式美、衣装やセットの美しさはわかりやすい物です。

極めた芸がここにはありました。
三味線なども胸を打つようでした。こんなにも豊かな音だったんですねー。

長きに渡って工夫され洗練されたものには力があります。

でもお話やせりふ、時代背景は勉強しないとわかりにくいですね。イヤホーンガイドは必携でした。
P1010401.jpg

本日の演目は
一、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)
三津五郎さんは豪放磊落な役柄で 夫によれば
「大活躍する007みたい。でも男にも女にも手を出すけどもてないよね。(笑)」

二、蜘蛛の拍子舞(くものひょうしまい)
白拍子妻菊 実は葛城山女郎蜘蛛の精 玉三郎さんの素晴らしい世界がここに!
玉三郎さんが花道からせり上がって登場しただけ・・・・立つだけで美しく
「ずっと見ていたい」と思いました。
指先から足裁き日本舞踊の頂点はこんなにもしなやかで艶やかな表現なのかと感じ惹きこまれました。
 また後半は打って変わって別人かと思うような隈取と男性的な蜘蛛の精に姿を変えるので大変興味深かったです。

三、心中天網島
玩辞楼十二曲の内 河庄(かわしょう)
藤十郎さんの上方のユーモア、台詞まわし、動きの巧みさに引き込まれました。
四、音羽嶽だんまり(おとわがたけだんまり)
松緑さんの3歳の長男藤間大河君の初お目見得で
菊五郎さん 吉右衛門さん 富十郎さんが口上を述べました。すごい後見人です。

 本日は人間国宝(富十郎さん、藤十郎さん=扇千景の旦那様で中村玉緒の兄)菊五郎さん)が3人と豪華なラインナップでした。

帰りにチョコレート色の電車に乗りました。
PA250409.jpg

多くのものを知る喜びがありました。
行ってみて本当に良かったです。

お帰りの際は↓よろしくお願いします。ぽちっとな。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
コピー ~ PICT2895
関連記事

この記事に対するコメント

いよっ・・・・!!。


おはようございます、笑)
【2009/10/25 06:25】 URL | ひげ #- [ 編集]


一人で行ったの?
私は先週末は築地と上野お台場をうろうろしてました。
【2009/10/26 07:23】 URL | pira #- [ 編集]


まああああああああ

うらやましい。。
それにしても初めてで桟敷が取れるとは。。
今は不況で昔ほど取るのが大変ではないのかしら

玉三郎、見たいわ
鷺娘、見たいわ
あの方は日本舞踊というよりモダンバレエを見るような美しさですね
もういい年だと思うのだけど。。変わらぬ美貌ね
【2009/10/27 01:39】 URL | hiromi #- [ 編集]


ひげさん
待ってました!!
掛け声も随分聞こえましたよ。
屋号はまだつながりません。名前も襲名して変わっていくのでねぇ。

piraちゃん
夫と二人で行ったのよ。父も誘う予定でしたが急だったのでまた今度・・・・
歌舞伎座は小さいから2階席でもそんなに遠くはないですね。

hiromiちゃんへ
チケットを案内してくれたおじ様も「滅多に取れない席ですよ」と言ってました。
たまたまキャンセルでもあったのでしょう。
玉三郎さんは蜘蛛の精なので花道を脚を滑らせるように一瞬不思議な移動もするのよ。
若くて美しいです。同じ時代にいて見れるのが嬉しいです。
バレエなのか日舞なのか・・・ジャンルを超越したパフォーマンスかもしれませんね。
【2009/10/27 02:30】 URL | kazumi #- [ 編集]


 いい席で見ることができて 満喫されましたね。昔は デパートの積み立て満期が 
歌舞伎鑑賞の会でした。今は一月分のお金ですから なんとなく悲しいです。
玉三郎丈は 体操というか ていれを毎日欠かさず 開脚も おできになります。
 以前のテレビ特集 食いつくように見ました。
【2009/10/27 13:44】 URL | 小紋 #- [ 編集]


私にとってはまるで未知の世界@@

玉三郎さんの立ち居振る舞い!
是非観てみたいものです

ここ香川にも日本最古の芝居小屋、旧金毘羅大芝居(金丸座)というのがあって 時折どなたかが来られているようだけど・・・
きっと規模は比べ物にならないでしょう(笑)
【2009/10/27 16:51】 URL | 杏子 #- [ 編集]


小紋さま
デパートの積み立て?ありましたよね。
夫が企業戦士として働き妻は専業主婦(&パート)で家庭を守る。
そんな時代の主婦の楽しみがデパートでのお買い物でした。
私は買える物が少ないので積み立てたことないのです。歌舞伎なら良いですね。
玉三郎さんは文才もあって魅力的とずっと惹かれています。
あの芸は才能と弛まぬ努力と精進の賜物なんですね。

杏子さま
私も同じく憧れで敷居が高い世界でしたよ。数日前まで。
夫は「歌舞伎の良さは中高校生では判らないな」と決め付けてましたが私もそう思います。(笑)
年を重ねると「人情や機微」がわかるのが面白いです。
聞いたことありますよ。香川の小屋。勘三郎さんとかも演ってましたよね。
いつか行けると良いですね。生は違うと思います。
折りしも今日は文化勲章を藤十郎さんが受賞されました。
【2009/10/28 00:00】 URL | kazumi #- [ 編集]


わぁー
全てがタイミングよく、観るべくして観たのでしょう、きっと。
こんびらさんの金丸座で見たいみたいと思うものの、観られずにいました。来年こそはチャレンジしてみようかな。
お弁当持込でもいいんですね。ほぅ、初めて知りました。
【2009/10/30 07:47】 URL | おはようございます #KLtzAfy. [ 編集]


こんにちは
観られる時に行くべきと思います。
いつか・・・そのうち
ではいけない年齢に差し掛かって参りましたので(笑)
自分はともかく親の介護の年代ですから。
そこそこ豪華なお弁当三越で半額以下でしたから。
最寄の120円の駐輪場、使うかどうか悩む金銭感覚ですけど・・・
【2009/10/30 15:36】 URL | kazumi #- [ 編集]


おはようございます

の名前でコメしたのは私でした(大笑
【2009/10/31 21:55】 URL | すずめ #KLtzAfy. [ 編集]


すずめちゃん
やっぱり~!香川つながりで察しは付いていたのですが万一違う人だといけないもので(笑)
携帯登録お願いしますデス♪
【2009/11/01 10:24】 URL | kazumi #- [ 編集]


ほーーーい、了解!
【2009/11/03 11:51】 URL | おはよう~すずめ #KLtzAfy. [ 編集]


すずめちゃんへ
一昨日ちょうどその小屋のテレビ番組やってました。
勘三郎さんとかが熱演してました。
古来からの演者と観客の近いやりとりを髣髴とさせ土臭さも魅力ですね。
アドレス打ち込みすぎて手が痛いです。
ああ包丁が握れない・・・なんちゃって(笑)
【2009/11/03 13:20】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1267-1931a867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索