FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
北海道5日め(最終日)
朝は6時に釧路東急インを出発。
いよいよこの旅のメーン・イヴェント、釧路湿原のカヌー体験です。

その日は午後3時に娘が北見行きのバスに乗り
私が釧路駅傍在住のシャドー愛好者Sさんに会うことになってました。

私がいつも夜更かしなのを知るひげさんには早起きできるか心配されましたが頑張りましたよ。
PIC_0252.jpg
カヌーの起点。塘路湖キャンプ場。まだ朝もやが残ります。
PIC_0251.jpg
力持ちのひげさん。かつては炭鉱で鍛えた強靭な体力です。男らしい!

ひげさんは車にカヌーを乗せています。重量70キロ。
なんとこれを一人で下ろしたり乗せたりするんですよ。
「これができなくなったらこの仕事辞めようかと思ってます」すごい~!!

カヌーの終了地点水門で運転してくださる方を乗せて上流に行きました。
なるほどカヌーを上流で下ろしたら、車は水門まで運んでおかないとけないのですよね。
ライフジャケットを着てパドルの扱い方を教わり溺れた場合の対処法を聞きます。

順番にカヌーに乗り込んだら出発!穏やかな水面を滑るように進みます。
PIC_0256.jpg
↑今月末74歳になる母と9月28日に22歳になったばかりの次女。
塘路湖は穏やかで風もなく空は澄み渡ります。
前日とこの日はニュースになるほど暖かかったのです。
PIC_0260.jpg
遠く中央に見える白い船の目的は・・・
PIC_0262.jpg
水生植物の菱の実の収穫。
紅葉してぷかぷか浮いて見えますがが根はつながっているそうです。

PIC_0267.jpg
黒いのは去年の。緑の実の中に入っている白い実は茹でると栗みたいに美味しいそうです。

湿原の神 、天然記念物の丹頂鶴は番で発見。
PIC_0278.jpg
ひげさんは鳴かせないように観察したいそうです。
PIC_0288.jpg
鳴くのは警戒していることだから。一回鳴かせちゃったら「ごめんよ~」
PIC_0281.jpg
↑岸辺の泥の上に鶴や鹿の足跡がしっかり付いています。
PIC_0292.jpg
国の天然記念物で絶滅危惧種のオジロワシ。大きさは約80cm。翼を広げると2m!
PIC_0326.jpg
木の右寄りにまた違う個体発見。↑大きいほうがメスですって。
カヌーが真下に行っても悠然としてました。さすが生態系のトップです。
PIC_0328.jpg
他にもカワセミのダイビング、ヒシクイ、鴨の仲間、とんび、カラス、
ひどい声で鳴くアオサギを見ました。動物王国!
PIC_0336.jpg
オジロワシも番で木に止まったり空を雄大に滑空したり・・・

エゾシカもみかけました。子鹿は草むらの向こうでじっとしてます。
PIC_0271.jpg
動かなければ見つからないと思ってるそうです。
PIC_0272.jpg
もしもーし、丸見えですよ~(笑)

PIC_0305.jpg
こちらはキタキツネの巣穴。必ず予備の穴を用意するとか。
朝ごはんはお料理上手なかかさまの作ってくれた美味しいお弁当。
愛情こもってました♪本当に感謝です。
PIC_0268.jpg

釧路川は蛇行しながら風景は刻々と変化して退屈することがありませんでした。
細岡あたりでは公魚を釣る方たちがいらっしゃいました。皆さん朝からで20~30匹釣ってました。
10月が旬のししゃもが釣れる事もあるそうです。
ちょっと降りて休憩。
PIC_0308.jpgPIC_0231.jpg
夕方細岡展望台から見たらこんな感じなわけです。

下の写真は1~4m泥炭の堆積したヨシ・スゲによるいかにも湿原らしい場所です。
総面積18,290ha!東京都心など余裕で入る日本最大の湿原ですから、360度湿原のパノラマが広がります。遠く遥かに山の連なりまで見通せて超感動!
PIC_0318.jpg
泥炭の水は澄んでいてタンニンが多くほうじ茶のようでした。
気温が低いと植物が腐らない・・・ということは木が育つほどの栄養分がないということで湿原が広がってるわけです。
サイゼリアの社長が「摂氏4度に保つと水分栄養が最も保持されて鮮度が保たれます。」
と言っていた話を思い出しました。釧路はそんな気温が多いのですね。

PIC_0309.jpg

川には肥沃な土砂が流れ栄養をもらえるから流れに沿って木が生えてます。
PIC_0337.jpg
釧路川の湿原側は水の好きな柳(何種類か時にF1)やハンノキが多く生えています。
釧網線のある東側には今は真弓の濃いピンクの実の付いた木他さまざまな木が生えてます。
ひげさんはめちゃくちゃ物知りです。なので楽しいのですよね。

旧岩保木水門でゴール!!
湿原を満喫しました。そういえば釧路川は貸切状態でした~。
遠く雄阿寒岳、実阿寒岳も終始見通せて幸運としかいいようがありませんでした。
PIC_0347.jpg
写真大きくなりませんよ。悪しからずです。(笑)
PIC_0350.jpg
ひげさんと娘。最高のガイドありがとう!

お昼は盛りの良いザンギ(鶏唐揚げ)で知られる南蛮酊へ。
PA010376.jpg釧路郡釧路町遠矢1-39
PIC_0359.jpg
これで3人前!!ザンタレは甘酸っぱいたれで美味しいのですがとても5人でも食べ切れません。
お土産にしてもらって次女の食糧となりました。

その後は釧路駅傍の和商市場へ連れて行っていただきました。
ザンタレでおなかがいっぱいだったので食欲がわきませんでしたが
新鮮な魚介類を見て歩き、安さにびっくり!
観光客は冷やかしながら好みのネタを選ぶ「勝手丼」にして楽しむそうです。(逆に高くつくとか)
1万匹に1匹という珍しい鮭「鮭児(けいじ)」も初めて見ました。お値段にもびっくり!!

3時に娘をバスターミナルで見送り釧路在住Sさん宅へ伺いました。
素晴らしいインテリアのお宅でした。シャドーボックスの話であっという間に楽しく時は過ぎ・・・
↓モデラーを熱心に当てているSさん。
PIC_0363.jpg
夫には今回「モデラー行脚の旅」とも言われました。(笑)

ひげさんの案内で夫とは母はフィッシャーマンズワーフMOOへ。
ラッコのくうちゃんが来たあたりです。
その後私を待ちながらふくろうの写真で有名な女性、渡邊松子さんが経営する喫茶店ローゼへ行き
撮影秘話など伺い有意義に過ごせたそうです。良かったぁ。

釧路空港へ行く途中霧が時折立ち込めました。
ヘッドライトに照らされて虹色に丸くなるんですよね。ブロッケン現象風でした。
最後に空港で釧路ラーメンを食べて無事帰路に着きました。
PIC_0381.jpg
旅にも色々ありますが今回特に素敵な人との出会いがやっぱり鍵だったと感じました。

皆さん北海道に行ったら 釧路でひげさんのカヌーに乗りましょう。
この感動体験は他では得られません。
きっと楽しめますよ~!!
関連記事

この記事に対するコメント

乗りましょう!!乗りましょう!!ダネ!!

で、で!!何!何!
一体、何時発で鶴さんや子鹿ちゃんやカワセミさんやらなにやらかにやら出会えたわけ~~~!?
オジロは見る
ことできたけど・・・
あ!そっか!!卵をあたためてる時期だったんだ!!だから見れなかったかな・・・う~ん・・・日頃の行いのせいか・・・(^^;)

カカ様弁当で、カヌ-で朝食を~だったのかしら!?素敵!!
お天気よくて何よりでした!!

釧路のオススメひげさんカヌ-!!乗らないばマネっきゃ☆ネ!

☆Sさんのお宅、素敵ですね!広がる広がるメルヘンシャド-ボックスの輪☆
【2009/10/08 07:13】 URL | kon #- [ 編集]


kazumiさん おはようございます。

素晴らしい紀行文です・・この辺りにも委員長の性格が・・・・。笑)
いやおや嬉しそうな顔してはりますなヒゲオジサン・・・。笑)

konちゃん来たのはGWだったから、バンビはまだ・・・それに今年は水量が多かったから・・・。

台風気をつけてくださいませ・・・。
【2009/10/08 07:38】 URL | ひげ #- [ 編集]


いいなぁ~~~~!!!!
鶴にカワセミにワシにバンビちゃん?
すごする!
NHKの「地球ふしぎ!大自然」を見てるみた~い

いいなぁ~いいなぁ~いいなぁ~
ものすごく釧路に行ってみたくなりました

↓の東山魁夷さんの絵を思わせるような景色・・・いいね
大好きな作家さんです
うちの息子の名前は彼の名前をもじってるのよ
「東山魁夷」から線を何本か抜けば若の名前になるんだけど
他の物もいっぱい抜けちゃったわ 
あかん あかん 阿寒湖 
【2009/10/08 08:52】 URL | kana2 #9fhmHjA6 [ 編集]


konちゃん
地元の人は乗らないみたい。そんなものかもしれませんね。
でもカヌーは目線が低いので電車や車等と全く臨場感が違うと思いました。
大自然の懐にいる感じが実感できますよね。
乗った人にしか分からないもんね~(握手!)
朝6時ホテル出発。(←私の限界)娘の同期の子が釧路でホテルマン(その日夜勤)なのでチラッと会ってから塘路へ行きました。7時ごろ出発したかな。
私、カヌー体験普及委員です!

ひげさん
拙文に恐れ入ります。
では上記委員長と言うことで・・・
皆様にカヌーお勧めしようとおもっちょります!
台風一過で今は青空です。風はまだ吹き荒れてますのでうちにいます。
これから釧路方面に進むようなのでお気をつけてくださいね。

kana2ちゃんへ
やっぱり重くても良いカメラにしておくんだった・・。
良い写真にはセンス・技術のほかに体力も要りますね。
若のお名前のこと以前うかがっていたけどそうきたかぁ~
巧い!笑い響く!!
6月ごろに白馬を放したらそっくりになると思うわぁ。
是非いつか行って見てね♪
【2009/10/08 11:43】 URL | kazumi #- [ 編集]


こんにちは

釧路湿原って一言でいうけど、いろんな顔がありますね。
カヌーで川くだり、水面に近いから、別世界をみられそう^^
北海道にいくなら富良野よ~って思ってたけど、
川くだり絶対ですね~
ふと、CWニコルさんの顔が頭に浮かびました?!
【2009/10/08 14:09】 URL | Rika #- [ 編集]


とてもステキですねぇ!

前回初めていったときはメジャーな札幌周辺だったので
ぜひとも!ぜひとも!いってみたくなりました!
動物好きな息子は大興奮になりそう
kazumiさんの記事をみせちゃうとコタキチは行きたい!と
絶対に言うにちがいないのでこっそり見てます(笑)

別件ですが
「マスキング・テープ」の記事
リンクさせてもらいました(vv)
芸術の秋?なのか無償に
作ってみたい!衝動にかられてマスキングテープで
遊んじゃいました(^^)
【2009/10/08 15:05】 URL | sanoyan #WjK5zB2c [ 編集]


Rikaさま
北の国からで縁のある富良野麓郷には以前友人がユースホステルをしていて満喫しました。
旭川も札幌も小樽も釧路も・・・結局みんな魅力的なのでした。(笑)

sanoyan様
お子さん、動物お好きですか?
野生の動物はたくましいし、自分も大自然の中の小さな存在と感じられました。
お子さんにも是非体験させてあげたいです。
本当に「物より思い出」ですよ。
マスキングテープででお花?
目からウロコガ落ちました!!すごく発想が豊かですねー。
【2009/10/08 21:44】 URL | kazumi #- [ 編集]


素晴らしい景色が次から次えと
現れれて来る、楽しいカヌーの川下りでしたねえ。野鳥や動物が見えると景観がより野生的になり嬉しくなります。
ひげさんは、かねてから想像していたとおり、心身共に逞しく、且つ優しい(鶴をいたわるなど)
男性だとあらためて感じました。
家族三代そろっての北の大地の旅行記、すばらしかったです。
【2009/10/09 00:02】 URL | 権兵衛 #- [ 編集]


権兵衛様
お褒めの言葉ありがとうございます。
拙文ですが5日分を書くのに丸2日くらいかかりました。
ひげさんは元来はかなりの照れ屋さんと見ました。
ガイドのお仕事をしてますから楽しいおしゃべりは板についてますけど。
自分のお姿はブログに出しませんしね。天然記念物同様貴重映像でした。(笑)
次は権兵衛様ですよ!
【2009/10/09 09:21】 URL | kazumi #- [ 編集]


いいな~
ものすごく羨ましいです

北海道、ぜひ行きたい!!
カヌーなんて一度も乗ったことが無いです
自然に迷惑をかけないアウトドアライフ、楽しんでみたいものです

もしいける機会があれば必ず一眼デジもって行きます!
【2009/10/09 19:15】 URL | やちまる #- [ 編集]


野生の動物に歓声を上げて喜ぶ姿が 目に浮かびます。豊富な自然 すばらしいですね!
【2009/10/09 19:33】 URL | 小紋 #- [ 編集]


やちまるさん
きっと体験するとお好きな世界だと思います。
釣りに写真にネイチャーワッチングなど・・・。
北海道はyっぱり魚介類も美味しいからね。
経験ではさーちゃんが小学校の間に行くのをお勧めします。
小さいと忘れるし中学だと反抗期よ。(笑)あっという間なのよー。

小紋さま
都会派というか自然に親しまずに育ったので稲穂が垂れているのまで珍しくて写真撮りたくなります。
ましてや珍しい動物が見え隠れしようものなら!!
でも熊に遭遇しなくて良かったです♪
【2009/10/10 01:02】 URL | kazumi #- [ 編集]


文章表現がとっても巧みで、
上手な写真とともに北海道の魅力に虜になりました。

私もカヌー、乗ってみたいです。

大自然の中でのお弁当も味わいたいな。

表現の中で、
もしもーし、丸見えですよ~が好き。
kazumiさんのお優しい一面が垣間見れる一言です。

いつもながら、楽しい旅日記
癒されます。
【2009/10/10 14:14】 URL | ANDHY #- [ 編集]


kazumiさん おばんです。

今日、キツネの巣穴にパドルを入れてみたら先が届かない・・・この間まで見えていたのに・・・反対側に通じているかもね・・・。

今日は仕事が無かったので一人で写真を撮りながら塘路~細岡間ノンビリ下りました・・・5時間・・・台風で増水した川は笑いたくなるぐらい気持ちいい・・・・。笑)

帰りにバイクがパンクのおまけがつきましたが・・・・。笑)
【2009/10/10 20:45】 URL | ひげ #- [ 編集]


ANDHY様
そんな照れるじゃないですか。
文才はありませんが北海道の良さと旅行の楽しさが伝わったなら嬉しいです。
是非お出かけくださいませ。

ひげさん
きつねさんの穴がそんなことに!
貫通してあれば出入りが自由なんでしょうか。
「仕事がなくてもできるだけ行く。
(良いガイドのためには)回数です」と仰ったのに結構感動したんですよー。
でもパンクはがっかりでしたね。ご愁傷様。
【2009/10/11 02:55】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1252-10194aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索