FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
北海道3日め
3日目は(娘は前日夜中から朝9時まで勤務)
P9290239.jpg
ホテルの朝食バイキングを頂き、知床半島方面へ。
P9290241.jpg
北見は思ったより開けた大きい街でした。
ここには観光らしいものはありませんが拠点にして
道東観光するのは良いプランだと思いました。

P9290249.jpg
遠音別川でシロサケの遡上を見ました。
P9290248.jpg
保護色なので判りづらいですが中央に鮭がいます。
海から20メートルくらい。
P9290251.jpg
オシンコシンの滝
知床には私は高校生の時にも行ったことがあって
当時は森重久弥の♪知床旅情♪を聞きながら遊覧船に乗った覚えがあるんです。
空がどんより曇ってしぶ~い観光だった覚えが・・・
まだ「フーテンの寅さん」の味わいが分からなかった頃です。

夫は知床は初めてなので12時半からのクルージング(70分カムイワッカコース3000円)を申し込みました。
そこcafe FOXさんでお勧めランチ情報を聞きました。
(どこへ行っても地元の口コミ情報が一番と思います。)
P9290256.jpg

「建物は立派でないけど美味しいですよ。でもラーメンはあんまり・・・」
漁協の奥様たちがやっているお店を紹介されました。
すぐむこうは船着場です。
↓定食+単品のイクラを頼みました。(ご飯とお味噌汁が付きました)
P9290255.jpg

レトロな雰囲気ですが揚げたての魚のフライ(日替わり定食800円しなかった)やイクラ丼などがお勧めです。
新鮮なものは全く生臭みがないんですね~
(テレビでも随分紹介されてきたようでした。)
でも知らないと特に女性は暖簾をくぐりにくいかもです。(笑)
P9290257.jpg
向こうに見えるのは遊覧船です。↑こちらはやや沖合いを遊覧します。

私たちはこんな船↓に乗ってオホーツク海クルージングへ!
防波堤内側の様子。静かですね~。
P9290282.jpg
私は運良く先頭の右側に↑座りました。
P9290264.jpg
一たび外海に出ましたら迫力満点!!
遊園地並みの楽しさと言いましょうか・・・・
大波を乗り越えながら波しぶきがドッシャンバッシャン、
ガラスに打ち付けます。
怖くて楽しかったのでつかまれる所にしがみ付きながら母と笑ってしまいました。
P9290280.jpg

自然の景観はさすがに世界遺産で素晴らしい。
青空が見えると海も濃紺になります。
行程の8割で戻ってきたら500円の返金があり、
その後は欠航になりました。幸運でしたわ~。
P9290286.jpg

2時にウトロの「道の駅」からブログ仲間のひげさんに連絡したら
その日は清里町の「神の子池に行くように」と教わりました。
P9290288.jpg
不思議な色の池で摩周湖の水位が一定なのはここの池があるからと言われています。
澄んだ水が滾々と湧きだしていました。水温8度で木も腐りません。
結構まだ穴場らしいのですが舗装されてない道を観光バスで来るのも見かけてびっくり!

その後は裏摩周展望台から霧のない摩周湖を眺めました。
P9290296.jpg
P9290294.jpg

夕方北見に戻り起きた娘とお馴染み「ニトリ」へ行ってコタツや収納の物を買いました。
夜は娘の薦めるオホーツクビアファクトリーへ。
PIC_0154.jpg
北見では塩焼きそばを名物にしようとしているらしいです。
ホタテのエキスをかけてジュゥっとさせてから頂きました。
あっさりした中に魚介のこくがあって美味しかったです。

「オホーツク北見塩やきそば」の定義・ルール8ヶ条

第1条 道内産の小麦を主原料とした麺を使用する
第2条 豚肉ではなくオホーツク産のホタテを使用する
第3条 キャベツではなく生産量日本一の北見タマネギを使用する
第4条 味付けはソースではなく塩とする
第5条 皿ではなく、鉄板で提供する
第6条 協議会指定の道産割り箸を使用する
第7条 できるだけ北見にこだわったスープをつける
第8条 シズル感を演出するために魔法の水を用意する

やはり魚介類は安くて美味しいそうです。
その他北見は薄荷の産地として有名です。
関連記事

この記事に対するコメント

kazumi先生は先日、漢字の難問に挑戦されていたけど、北海道も読みにくい地名が多いですね。遠音別橋、権兵衛、漢字は苦手ですが、併記された英語でわかります。英語得意ですから 。 (笑い)
北見は、ヨーロッパの雰囲気を備えた町ですね。オホーツクビアファクトリのHP見せてもらいました。豪華で素晴らしいです。
クルージング、波しぶきがドッシャンバッシャン迫力満点で気持ちよかったでしょう。先生は旅先での遊覧船がお好きなようですね。
そう言えば、この前のイタリア旅行でもゴンドラを楽しまれましたね。僕も船は乗るのも、造るのも
好きですよ。(笑い)
【2009/10/05 20:17】 URL | 権兵衛 #- [ 編集]


権兵衛様
漢字は勉強しないと解けませんね。その後は放ってます。(笑)
アイヌ言葉からくる北海道の地名は特に読めませんでした。
本州にも能登(のと)など語源を持つ場所が実は多くあるそうで興味深かったです。
北見はあの店だけおしゃれでした(笑)地方都市は今どこも似てますね。
オホーツク沿岸の町にもにも100均のダイソーやセブンイレブンがありました。
海の男ですね。権兵衛さん!!
【2009/10/06 09:38】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1250-949b805a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索