FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
作品が全てを語る
丸善の展示の時に迷いのある方からお話を聞きました。

シャドーボックスを将来的に教えたいので先生のお免状が取れる教室を調べて入ったそうですが
彼女が師事している先生は技術的にはあまり高いレベルでないと感じたようでした。
(ちなみにその先生は丸善に出展していない方です)

私は彼女に「シャドーボックスの世界は実力重視だと思います。」とお話しました。
P9060326.jpg

教室はさまざまあって
技術・作品重視でお免状指導にさほど熱心でないところ・・・

お免状を主宰の先生が発行するので世間的に通用するのかは良くわからない場合・・・

協会に属してあまり気のすすまない教材があっても
指定のカリキュラムを何十もこなしてやっと取得する場合・・・・

それぞれ一長一短ありますから各自の判断で選び取るしかないと思います。
全体として一定レベルの統一した基準などがあれば良いのでしょうが
今のところそういうのを設定する団体はありません。

私はほぼ独学でしたがカリフォルニア・シャドーボックス協会に頼んで
(当時はまだ制度がなかったので)マスターまで発行して頂きました。
先生に師事していなかったので尚更「箔付けが必要」と自分なりに判断したわけです。

区のセンターで教室を持った時は
「資格より教えられる技量があることが大事です」と職員さんから友人が聞いてきてくれて
「やりなよー」と励まされ、はじめの一歩を踏み出しました。
P9060327.jpg

丸善の作品展では図録が出版され
先生方の自己紹介プロフィールつきで作品映像が載せられました。

会場では大作70点が飾られましたがある意味でキャリア・受賞歴などと関係なく
私は「作品が全てを語るなぁ・・・怖いなぁ」と感じました。

プリント選びの審美眼に始まり、立体感のつけ方や額装の工夫など
お互いのレベルは見れば判ってしまいます。
少なくとも私にアピールする作品は大きさや額の立派さではありませんでした。

「来年はさらに上を目指してがんばらないと」と気を引き締めております。
関連記事

この記事に対するコメント

youmeiちゃんが同じコトを言ってますよね~
ワイヤークラフト業界も国家基準みたいのがあるワケではないので、技術的にさほどでないヒトでも協会を勝手に設立して免状を発行してしまうって。
それを言ったらデザイン学校といわれるものもレベルは千差万別。
結局は現場に出てからの実力重視です。
イチバンいいのは作品を見てほれこんだ先生に師事するコトだと思います。
「作品がすべてを語る」。。その通り!
【2009/09/13 07:24】 URL | hiromi #- [ 編集]


何事も、精進と向上心がエネルギーの基ですなあ・・。

ふおーっふぉっふぉっふぉっふぉ(^o^);
【2009/09/13 07:55】 URL | ぎやまん亭主 #mQop/nM. [ 編集]


一緒に伺った友人も、
差がある、あれで。。。
といってうなっていました。
わたしはすごい作品ばかりに
目がいって、そうではない作品って
何にも感じなかったかも。
作品が物語ってしまうんですね~。
その世界にいる人には一目瞭然ってことなのね。。。
ある意味、その違いも見えない先生がいるってことですね?
最初に先生を選ぶとき、作品展にいって
本当にこの先生が好きかって見なきゃだめね、きっと。
【2009/09/13 09:19】 URL | pira #- [ 編集]


習い事ってみんな似通った問題を抱えてるんですね。

どんな立派な免状や資格をもってても表現すればわかってしまうと言うところも同じ。
こわいなぁ・・・
【2009/09/13 11:29】 URL | 葉摘み #- [ 編集]

こんにちは~!
今日はやっと昼間、ゆっくり時間が持てました~!
いつも、自分のブログへのコメントを返したり、読者になった方々への巡回だけで、手一杯で。
先生のところにもお邪魔しないと、と毎日思っているのですが、同じアメブロでないので、一緒に回れず。 過去記事、さかのぼって読ませて頂きました~!
サントリー美術館、素敵ですね。 明日、もしかしたら、夜ヒルズの水族館に行くかも、です。 娘が疲れていなけえれば、の話ですが。 (土日とも学園祭でして。)
ミッドタウンは美味しいもののお店が沢山入っているので私もすきです!
あと、リンクの件、お知らせ頂きましてどうも有難うございました。
音楽が聴こえる はとても気に入りました。 今までの私の作った中では一番ラヴリー路線になりました。 やはり色々なプリントに挑戦しないとダメですね。 
A先生は私の好み、よーくご存知で、ダークな色調のものが多いんですよ、好きなのは。 でも、今回このタルトの絵は娘が気に入り、作ってとのリクエストだったので。 やってみて、楽しかったです。
今は娘のピアノの横の壁にあります。
今度飾ったところをアップいたします。 また遊びに来ます! 良い休日を。
【2009/09/13 15:03】 URL | H.S #- [ 編集]


hiromiちゃんへ
美の基準、洗練って面白いものですね。
ギフトショーに行ってアジアから来たブースには魅力を感じませんでした。
日本の物は総じて商品にデザインや工夫があります。
生き残る為頑張ってると思いました。
私も危機感を忘れないようにします。

ぎやまん亭主 様
変わり続けていかないといけないと思いますね。
感度を鋭くしていないと・・・
音楽でも一緒でしょう?

piraちゃんへ
私自身立派な先生の展示会を拝見して打ちのめされ続けてきたわけですよ(笑)
同じことをしても到底かないませんから自分なりのやり方や普及の方法を模索してきたつもりです。
あれだけ絵があっても自分が作ってみたい絵はたった一個でしたよ。嗜好も分かれるのよね。

葉摘み様
お茶でもそうですか。はぁ~。
目が肥えるってどういうことでしょうか。
やっていくとますます奥が深く道は限りなく続いているように思えますよね。
でもだからこそ面白いのかもしれません。

H.S様
コメントありがとうございます。
水族館行ければと思っています。
地方から来た方がちゃんとごらんになっていたので
東京に住んでいるのにもったいないと自分で思いました。
「音楽が聴こえる」気に入って下さって嬉しいです。
中級のDVDはあれを教材にしようかと思っているところです。
お宅は重厚なヨーロッパテイストのインテリアのようですね。(ドイツ?)
私はイギリスのカントリー寄りが好みです。
でも新築して10年たった今はがちゃがちゃになりました。(笑)
また遊びにいらしてくださいね♪
【2009/09/13 15:55】 URL | kazumi #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/09/14 11:23】 | # [ 編集]


鍵コメ様
もうひとつのメッセージで返信致しました。
【2009/09/15 01:12】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1239-6baaacb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索