FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
力90パーセントで
シャドーボックス界の西の大御所大橋先生から展示中貴重なお話を伺う事が出来ました。

先生は日本でどう頑張っても工芸としか評価されないシャドーボックスを
海外の多くの賞を獲得することで芸術として評価される基盤を作ってこられました。

私からしたら雲の上の「大先生」なんですが案外気さくにおしゃべりしてくださるので
そこがまた先生の懐の深さとも思います。
P8290898.jpg
↑素敵な男性から頂戴しました。☆3つです!


シャドーボックスは素材がプリントなのである程度上手くなれば似たような作品になりそうなところ
実は立体にした時に「手」というか「想い」というか
見てくださった方の感想は変わるものなんです。
P8310916.jpg
うちのアッシー君へお土産。

私が一番大事にしているのは好きな絵を選んで立体にすること。
また自宅の壁に飾りたい作品を作ることです。

展示会用に大きいの、立派なの、細かいの・・・で選んだことはありません。
ある意味人の評価なんて気にせず純粋に楽しむとそれが見た方に伝わるのかなぁと思いました。
今回も(たぶん誰もシャドーに作った事のない)ウィリアム・モリスの絵が
「立体になったらどうなるのか見てみたい!」と思って作りましたからね。
P9020919.jpg
↑ありがたいです。頂きました。アッシー君の感想「高い味がする」
その前に大変美しい色合いです。目でも美味しいですね。

大橋先生もずっと楽しく作ってこられたそうです。
また100%作ろうと頑張ると見た方に「圧迫感」が伝わるので力90パーセントを出し
あとは観てくださった方にフォローしてもらう気持ちで作られるそうです。

実際には層で重ねる1枚を抜く程度でシャドーの愛好者が観ても
どこがやや力を抜いているかなんて全くわかりませんけどね。
含蓄のあるお話が聞けて嬉しかったです。
P9010917.jpg
茶碗蒸し&胡麻豆腐つきの御寿司。
これで1000円は助かります。丸善のあるオアゾ6階の限定10食ランチメニュー。
関連記事

この記事に対するコメント

 なるほど~・・・
 90%の力で@は見る人のイマジネーション!!

 勉強になります><

 私の心の師匠もスプレーでの格言で、
 『 大人には夢を、子供には魔法を! 』っていうのが今でも、ど~んって響きます

 
【2009/09/02 17:13】 URL | 旬 #- [ 編集]


「人の評価なんて気にせず純粋に楽しむ」・・そんな先生が素敵です。
そして「すごいの作れないと駄目なんだ・・」といつも自信のない私の気持ちを
楽にしてくれました。だから先生に会いたいと思ったんだと思います。

今回「東京」で先生に会って沢山の事を学びました。ありがとうございます。
私も肩の力を抜いて楽しんで作品に向かいたいと思います。

「東京帰り」の私!ちょっと成長出来たかも!(大げさかな)
【2009/09/02 18:58】 URL | #- [ 編集]


またまた「名無し」ですみません・・SAKURAでした。
【2009/09/02 19:07】 URL | SAKURA #- [ 編集]


旬君
旬君の師匠さんも素敵なコピーがおありなのねぇ。
私たちは画家が閉じ込めた平面の絵に命を吹き込みたいと思って作っていますよ~。
物づくりの思いは結構共通したものがあると思います♪
情熱を持って制作し、人を感動させられたら素敵ですよね。

SAKURA様
絵柄を選ぶセンスってどうしてもあって今回の展示で70点並ぶ中
自分も作ってみたいと想ったのはたった1点ですよ。なかなか作りたい絵はないものです。
私はずっとその「好き」探しをしている気がします。
絵柄選びは一瞬の判断でまず迷いません。
教室の教材は万人が喜ぶ普遍的な美しいもの、可愛いものを選ぶようにしてます。
結局は私の主観なんですけどね。
私が良いと思ったものを皆さんどう思うか少し心配ですが
今回も好評価を頂きほっとしたところです。
SAKURAさんにも力を頂きました。ありがとうございます。
【2009/09/02 21:47】 URL | kazumi #- [ 編集]


こんにちは
作品展、お疲れ様でした。

「穴があくほどみつめた。
もしみなさんの手もとに戻った作品に穴があいていたら、
私の仕業・・・」
という内容のメールがおじさまから届きました。

愛好者の視線を集めて、どの作品もボコボコでしょう(笑)

好きな絵を選んで立体にする、自宅に飾りたいものをつくる、
展示会用、人の評価・・・
どれもこれもウンウンと頷くことばかり・・・
選ぶ絵は違っても、考えてることはすごく近いって嬉しくなりました。

力90%っていうのも・・・
私の場合100%で作っても、結果90(それ以下?)になってるっていう気がしないでもないですが、
なんかわかるっていうか、勇気もらえるお言葉です。

カッター、早速買った~使った~(汗)
たしかに使いやすいです。
どうもありがとうございました。

ではまた♪
【2009/09/03 14:50】 URL | Rika #- [ 編集]


RIka様
ローハウスを作った先生は「どこから見てもシリコンや支えが見えないように作る方針です」と仰ったので
先生方が壁際で「ジトー」っと探す件がありました。「本当にみつからなーい!!」(感動&感心)
でも探す姿は完璧怪しいです。(笑)
Rikaさんも好み優先ですね。団体に所属すると絵など足かせがあって嫌かなぁと思います。
やっぱり好きな物作りたいですね。なので生徒さんに無理強いするのも大嫌いです。
お役に立って何よりです。私も試そうかしら・・・
【2009/09/03 21:46】 URL | kazumi #- [ 編集]


先生、こんにちは。また遊びに来てみました。 (先日、会場でお会いした A先生のところでお世話になっている者です。)
こちらのブログ、使ったことがないので、ハンドルネーム等、どうやって反映されるのかがわからず、イニシャルにしましたが...怪しいです、ね。(笑)
自分のブログから飛んでこられると、足跡が残せるのですが..。 イマイチ、使い方がよくわからず、すみません!
前置きが長くなりすみません。 色々読ませて頂きました~。お食事のお写真おいしそうです!
ガンダム、私も土曜日に見に行きました。
あと、すごーく共感。 わたくしごときが、ですが、同じシャドーをやっている方とは友達のように(と言っては失礼ですが)お話しできちゃうのが嬉しいです。
やはり価値観が似ているのが根底にあるから、なのでしょうか。
今夜も家で ちょっと作業しております。 では、お休みなさい!
【2009/09/03 22:01】 URL | H.S #08PSa.pc [ 編集]


ようこそです。
一度でもお目にかかったことのある方はハンドルネーム位で怪しくなりませんよ(笑)
差し支えなければリンクお願いします。
それからmixiに入ると素敵な写真が観られるようになります。望むならご招待します。
本当に共通の趣味を持っていると親しみが倍増します。
皆さん矢鱈と良い人なんですよ。
普段はそんな生徒さんに囲まれて私幸せなんですがそれが全国規模で拡大中です。
【2009/09/04 00:10】 URL | kazumi #- [ 編集]

有難うございます。
先生、こんにちは~! コメントを有難うございます。
こちらのブログのアップのされ方が分かりました。前回は非公開にした為、アップ後の自分のコメが確認できず。 (最初だったので本名の苗字にした為、非公開とさせて頂いておりました。)
今回公開にしましたら...文中に名前を書かないと名無しのごんべいさんになってしまうのですねー。 失礼致しました。
お言葉に甘え、リンクを貼ってみます。 これで宜しいのでしょうか。。。 ↓

http://ameblo.jp/captain-crush

普段は日常のことをつづるお気楽ブログで、今は夏に滞在したドイツのことが主です。

昨日、レッスンの時、タルトの作品の額装をお願いしておいたものが仕上がりました。まだA先生のアトリエにお泊りさせてありますので、写メだけさせて頂き、帰ってまいりました。あとで、その写真をアップしようかしら、と今考えております。
宜しかったらご覧下さいませ。 (夜までには何とか...!)
ミクシーですか~!お写真が見られるのは魅力的なのですが...自分のブログものんびり2,3日に1度しか更新が出来ていないので、これ以上、触手を広げられないのが現状です。
でも有難うございました!    H.Sより
【2009/09/04 14:48】 URL | H.S #eyVUSE1Q [ 編集]


H.S 様
先ほどリンクさせて頂きました。
音楽が聴こえる作ってくださったんですね。
大変素敵です!!額装も格調高くてラデュレ風?とっても合ってますね。
今後ともよろしくおつきあいください♪
【2009/09/05 10:49】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1232-c70c1257
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索