FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
数学的思考・・?
私が高校時代習った数学の先生の脱線話

「僕が若い時、向かい合わせにかわいい女性が坐ったので気になって見ていたら
日が差してきて埃がたくさん舞うのが見えたんだよ。 

そうしたら彼女は鞄からハンケチを取り出して口元に当てたんだ。

『ほほう』と思ったよ。『きっと奇麗好きな子なんだなぁ。』って

でもそのうちトンネルに入ったらハンケチを外したんだ。

数学的思考が欠如していてがっかりした。
暗くなったから見えてないだけで埃はいっぱいある筈だろう ?


ついぞ関数等理解できない私は数学の”立派な”落ちこぼれでしたが
こんな脱線話は今でも覚えているんですよね。

「数学的思考」っていまだに良く解ってない気もしてますが
物事を科学的に考えること?道理に沿って追求して行くことでしょうか。コピー ~ DSC02069
一足先に丸善に出す作品をお披露目致します♪
花心が若干「デコデコ」です♪


シャドーボックスに関して私は
理屈、方針に沿って常に最も合理的な方法を見つけたいと思っています。
「こうやったら誰でも簡単に確実に美しく作れる。」
そういうのを見つけたいですよね。

私はほぼ独学ですから今までの一般的なやり方が最も良いのか実は検証?してきました。

例えばある本によると
土台の絵の貼り方は何箇所も計ったり、本体の絵にマークをつけたり
手やカードが汚れやすい接着の方法を紹介していて驚いたものです。

私は3ヶ所計り、裏蓋に線を一本引き、点を一つ打つだけで
中央に絵を美しく貼れると思っています。

先日ご紹介した↑この映像を見た方は
「どうってことない」と思われかもしれませんけど
シャドー愛好者ならあの合理性を分って下さるかなぁ・・・

切り方や丸みについても同様です。
最小の労力で最大の効果を狙っております(笑)
関連記事

この記事に対するコメント
同感です♪
最小の労力で最大の効果って言うとなんとなく打算的なイメージですが、手数が少ないことが綺麗な仕事に繋がると思って、私も作画しています。
手数は迷い…。
経験が少ないほど選択を誤るので手数が増えるんですよね…。
アップされた部分だけでもKazumiさんの神(紙)技が見えます。
全体を拝見出来るのを楽しみにしています♪
【2009/08/23 11:32】 URL | マリ #- [ 編集]


マリさん
水彩画も澄んだ色を残すにはいろいろやらないほうが良いのでしょうが、
マリさんこそ光や空気感まで表現できるのですから魔術師です。
切り方とモデラーも生徒さんに迷いがあるとすぐ見て分ります。
それは面白いほどです。
今回のは紙にこしがないのでちょっと丸みが付きにくくて不満が残りましたが、
面白い作品になったと思います。お待ちしております♪

【2009/08/24 02:30】 URL | kazumi #- [ 編集]


完成おめでとうございます!

一部分見ただけでもため息が出てしまいます。
とても細やかで丁寧で素晴らしいです。
花心には、スワロが使われているのでしょうか??

本当に実際に拝見したいですが
夏休みということもあり伺えそうにありません。
とっても残念です。

私もいつかこのような繊細な仕事が出来る様になれるのかな・・・
と、少々自信喪失(汗)
精進あるのみですね。頑張ります。
【2009/08/24 16:57】 URL | 美景 #onVA9wqc [ 編集]


美景様
ありがとうございます。
光り物が好きなのでやはり花心を飾ってしまいました。
スワロは色や大きさが豊富ですし輝きが違います。会場の照明で映えると嬉しいです。
会場での撮影は多分禁止だと思いますが何かの形で様子をお伝えしたいと思います。
先ほどHPとネットショップをリニューアルしました。お暇な時に覘いてみてください。
私も諸先輩の作品にいつも打ちのめされていますよ。(笑)
比べても仕方ないので自分なりに良いと思うものを作り続けるしかないと思っています。
頑張りましょうね。
【2009/08/25 01:12】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1212-d304d09c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索