FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
カメオの話
イタリアではカメオの工芸が盛んです。
P5270231.jpg

シェルカメオに使われる貝は主に2種類あって
一般的なサーモンピンクから薄茶色のコルネリアン
こげ茶色のサルドニクスです。
個人的には後者はシック(地味)と思います。
DSC01884.jpg
↑こちらは10年以上昔にカメオ等の買い付けのお仕事に携わっている知人にお願いして入手した私愛用のカメオ。「この予算でいかにもカメオらしい色で女性の横顔が繊細に彫られた物を」と頼みました。
やはりクラシカルなワンピースの時に着けたくなります。

イタリアに行ったら本場だけあって色々な物がありました。
これくらいの大きさだとブローチとペンダント(チョーカー)両方に使えるように金具が付いています。
PIC_0393.jpg

宝飾の他に額に入れて飾る(縁起が良いそうで人が行きかう所に飾る)のや
貝丸ごとの形のまま彫ってあり光を通して模様を見せるライトもありました。

モチーフはギリシャ風彫像が一般的ですが横顔の他に何人もの人が描かれていたり
ミラノでは↓「お花のモチーフはオリジナルです。」と薦められました。
PIC_0394.jpg

私は結局以前から欲しかった小さなストーンカメオを買いました。
材質はブルーのメノウだそうです。青いとウェッジウッドのジャスパーウェアみたいですね。
P5270234.jpg

図柄は王道の横顔ですが彫りは機械だそうで逆に繊細なのが気に入った理由です。
夏はビーズに通し、冬はベルベットのチョーカーにして着けようと思っています。
DSC01887.jpg
関連記事

この記事に対するコメント

kazumi さん おはようございます。

物知らずです・・・・カメオって貝だったんだ・・・・。笑)
【2009/07/06 06:25】 URL | ひげ #- [ 編集]


 素敵な色ですね。あれもいいこれもいいといってるうちに 時間が来ました。
 やっぱりいいですね。
【2009/07/06 21:08】 URL | 小紋 #- [ 編集]


おはようございます。

一連のイタリアシリーズをじっくり拝見させて頂きました。
本でしか旅ができていないのですが、イタリアは北から南までくまなく?旅してますので僕自身も旅した気分です!

カメオを題材にした本も読んだことがあります。貝殻以外にも、石とかコインとかに彫ったりするのですね。
巻貝の左右の巻き方にも価値の差があるとかないとか?

ヴェネツィアン・グラスをはじめ、こういう伝統工芸を大事にしているのがヨーロッパですね。

ではでは!
【2009/07/07 05:28】 URL | sora #nOJiXcNY [ 編集]


ひげさんへ
貝でも結構な装飾品ですねぇ。
自然の物だから嫌な色が全くないのかもと思います。

小紋様
買い物も縁だと思います。
この青いストーンカメオが「私を連れて行って」と言ったようでした。同じ物は二つとないですしね。
ありがとうございます。

sora様
初コメントありがとうございます。
さすが旅好きのsoraさん、お詳しいですねぇ。
時間があれば工房めぐりをしたかったです。革に金の装飾するのも見たんですけどあっという間に美しい模様を入れるのが先人の知恵の蓄積・・と感動しました。
私も多分職人ですから物作りはなんでも参考になる気がします。
しかし早起きさん、偉いわぁ。
【2009/07/07 11:19】 URL | kazumi #- [ 編集]


むかしむかし、カメオに憧れたのはワタシです。
でも、成長するとカメオはオトナの貴婦人にしか似合わないのだ、と気づきました。
hiromiは一生縁がないわ~
でも、kazumiちゃんにはよく似合いそうです。
ブルーのカメオ、初めて見た~
今度、つけて来て見せてね!
【2009/07/08 17:52】 URL | hiromi #- [ 編集]


hiromiちゃん
似合いますよ絶対!背が高くて髪長くてすらーっとしてるからAラインのレトロなワンピースに合わせたらぴったりですよ♪
私はどんどん髪が短くなってカメオのイメージから離れてるわ・・・
カメオにはニコールキッドマンの「アザーズ」の衣装っぽいのがぴったりね。
赤毛のアンの先生やローラアシュレーのクラシックライン・・・分るかな?
【2009/07/09 00:34】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1202-aec89779
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索