FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
ヴェネツィア 8日め午後
ヴェネチアはイタリア北部アドリア海沿いにある世界遺産です。
本当に世界のどこにもない不思議な街でした。水没する前に見ておきたい場所です。
海の干潟の上に木の杭を打ち込みi石を積みこれだけの都市をよく作った!!と思います。
PIC_0124.jpg
イタリアからは↓このモーターボート=モトスカーフィ(Motoscafi)で渡りました。スキアヴォーニ河岸。
PIC_0128.jpg
有名な「ゴンドラセレナーデ」を体験しました。30分くらい迷路のような水路をめぐりました。
ツアーで後ろのボートにはカンツォーネの歌手が乗ってました。
PIC_0148.jpg
オールで漕ぐ音と水しぶきの音~静かにゴンドラは進み時折後方から風に乗って歌声が響きます。
車が全くありませんから大変静かなのです。
PIC_0144.jpg
ディズニーシーを思い出しました。こっちが本場でした(笑)
挨拶は「チャオ~!」橋から撮影されたりして・・・。歌手つきはやはりやや贅沢なようです。
PIC_0233.jpg
ゴンドリエーラ(漕ぎ手)は赤(青)いリボンの麦わら帽子と横縞のシャツが定番です。
PIC_0159.jpg
下船したら帽子の中へ1ユーロのチップを・・・
歌手が乗ってくれたゴンドラの人はもう少しはずんだとか・・・・
「一緒に歌手が乗ってたら耳元でうるさかったよねぇ」
はい、負け惜しみです(笑)
PIC_0182.jpg←お気に入りの1枚。
PIC_0163.jpg
上の補修中の「ためいき橋」から撮りました。
左右2箇所ある窓の隙間から岸の方角に向けたショットです。
この橋は牢屋とドゥカーレ宮殿を結んでいます。
裁判にかけられた囚人がこの世の見納めと橋の隙間から上のような風景を眺め
溜息をついて渡ったとされています。

PIC_0177.jpg
ドゥカーレ宮殿の黄金の階段。(この先は撮影禁止です。)
天井の装飾はレリーフで金箔で飾るのがヴェネツィア式。大変ゴージャスです。
PIC_0173.jpgPIC_0184.jpg
サンマルコ寺院、サンマルコ広場は巨大でした。
観光客も多いし物価も高いです。トイレのチップは1・5ユーロですって。
下はサンマルコ寺院のモザイク画。
湿度が高い地方ですのでフレスコ画よりモザイク画のほうが耐久性があってこの地に向くそうです。
PIC_0199.jpgPIC_0209.jpg
ヴェネチアン・グラスの作る様子を見せてもらいました。華やかなガラス工芸でした。↑
VISAカードだと割引なしなので購入は断念。さすがしっかり者のベニスの商人・・・?
PIC_0234.jpg
マスカレードも有名ですね。仮面はやっぱり怖いですが。

P6060426.jpg
ミルフィオリのペンダント・トップ。
価格は縁の細工部分の素材によって変わります。
金メッキ、銀、金・・・と高価になっていきます。
私は娘たちのお土産にしましたがすぐ身に着けられるように帰国後浅草橋で革紐やチョーカーを買いました。
関連記事

この記事に対するコメント

kazumiさん おはようございます。

おっちゃんおこのスタイルでガイドしようかな・・・・。笑)
【2009/06/20 04:26】 URL | ひげ #- [ 編集]


昔シャンソン歌手が歌った
 ”ゴンドリエ”のメロディーを思 い出しましたよ。(歌詞は覚えられませんでしたが)
♪ラ~ラ ラララ~ラ ラララ~
    ゴンドリエ~・・・・・

kazumi先生はゴンドラは、既にディズニーシーで経験済みだったのですねえ。

権兵衛も、ゴンドラに乗ってみたいなあ~ 遊園地で、孫とボート
に乗ったことはあるけど。(汗)

歴史的な城や教会などの建物、街並も素晴らしいが、ところどころで紹介のkazumi先生の美しい笑顔のお姿も素敵ですよ。若々しいですねえ。30代半ばかなあ? 
【2009/06/20 19:00】 URL | 権兵衛 #- [ 編集]


ひげさんへ
一目で水先案内人とわかるのも良いかもしれません。
釧路湿原の名物になる日も近いって?

権兵衛様
いつもお詳しいですね。その唄は知らなかったです。
帰国後マリア・カラスやヴェルディ・プッチーニ・エンニオ・モリコーネの映画音楽などかけて余韻に浸っております。改めてイタリアの音楽も素敵だと再認識してます。
褒めてくれてありがとうございます。40代後半です。
「娘二人が成人して働いている」と話すと決まって「見えない」と言ってもらえるのが嬉しいです。
年とった証拠です。(苦笑)
【2009/06/22 21:25】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1193-05f4fb7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索