FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
窓マニア
私は窓の素敵なデザインや装飾に目がないので一部旅の番外編としてみてやって下さい。
P5250018.jpg
ヴァティカンの入り口。これでもか!の装飾です。
P5250133.jpg
ローマの街。お部屋からの眺めも素敵なんでしょうね。
P5260182.jpg
カプリ島レストランのそば。猫のお昼寝。下に生えてる紫御殿は我が家と一緒。
P5260202.jpg
高級リゾートカプリ島の路地。青いロベリアにピンクの壁。ブーゲンビリアが立派でした。
コピー ~ P5260193
カプリの看板猫?
P5270217.jpg
ナポリの屋根を支える人たち。劇場のようでした。
P5280259.jpg
ポンペイの街の一角。
P5280274.jpg
アッシジの城壁内お土産物やさん。
P5280279.jpg
アッシジのまち。ゼラニュームや夾竹桃はどこでも良く育つようです。
P5280280.jpg
アッシジのホテルそばの家。まるで眠り姫の中世の街。
P5280291.jpg
アッシジのお菓子屋さん。
P5280354.jpg
サンジミニャーノの陶器店とイタリアの小学生
PIC_0145.jpg
ヴェネツィアゴンドラから見た風景。薔薇のトピアリー装飾が珍しかったです。
PIC_0157.jpg
ヴェネツィア。鉄の装飾のデザインが凝っています。
PIC_0151.jpg
ヴェネツィア。アイビーゼラニュームも盛りでした。
PIC_0307.jpg
黄昏のヴェローナ。ポーチは北部に良く見られました。
PIC_0454.jpg
ミラノ。このテの装飾が街じゅうにあるので帰国したら服部時計店がたいしたことなく思えました。
PIC_0384.jpg
ミラノ。集合住宅だと思いますが庭師さんが手入れをしてました。
PIC_0505.jpg
ミラノ。左端に一部見えている赤紫蘇みたいな木は桜の一種だそうでトスカーナでよく見かけました。
関連記事

この記事に対するコメント
窓マニア
窓の写真ばかり集めた写真集を持っているくらい、私も窓マニア(笑)。
Kazumiさんが窓マニアと知り嬉しくなりました♪
こちらにアップされた窓さん達も魅力的ですね!
【2009/06/25 09:34】 URL | マリ #- [ 編集]


kazumiさん おばんです。

一体何枚写真を撮ったのですか・・・!!。笑)

なんか・・・行きたくなってきました。
【2009/06/25 21:14】 URL | #- [ 編集]


マリさん
マリさんも窓マニアさんでしたか!!アイアンの複雑な造形とか見ると嬉しいです。
植物モチーフの螺旋ぐるぐるとか大好きですよ♪何ででしょうかねぇ。(笑)

ひげさんへ
PCにデータ移しながら何百枚か撮ったら整理が追いつきません。食べ物も皆記録したし・・・
動画もあるのよ~。おかげで青の洞窟入り口で船頭さんがのけぞって入り夫は岩に鼻をこすりそうだったのが分りました。(笑)映像を残さないと忘れてしまうのが寂しいのですよ。
【2009/06/26 01:27】 URL | kazumi #- [ 編集]


カプリ島のneko お昼寝も ふとっちょもかわいい。あふれんばかりの 装飾過多
ともおもえる彫刻ですが そこの文化ですものね。デザイン化して 最後に流れ着いた
東の国は そぎ落とすことに情熱をかけたようにも思えますが 陽明門とかは 
あっち? そっち?の 文化かしら。 ありがとうございました。落手。
【2009/06/28 14:29】 URL | 小紋 #- [ 編集]


ふと思ったのですが、
カメラはどちらをもっていかれたのですか?
【2009/06/28 18:04】 URL | ぴら #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2009/06/28 22:51】 | # [ 編集]


小紋様
犬や猫もなんかイタリア語を理解しそうでした。
秀吉のキンピカがヴェネツィアに通じる気がします。
装飾の歴史と変遷も権力誇示と洗練により変化があって勉強したら面白そうですね。
私は王道の美を求めたいですけど。
ささやかで恐縮です。

ぴらちゃん
私は小さいオリンパス。夫はダイビング用の動画が撮れるカメラ。
パソコンも持って行ったのでデジ1は諦めました・・・。(夫は基本撮らない人なのよ。)
それでも帰りはトランクが重量ややオーバーでした。

鍵コメ様
分ります。是非めざしてください。
でもふくろうやきつね以外に白馬が欲しくなります?
【2009/06/29 02:20】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1192-c5131051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索