FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
サン・ジミニャーノ 5日目の世界遺産 3 
サンジミニャーノは「美しき塔の街」と呼ばれています。
小高い丘の上にあり城壁に囲まれ許可がないと車も入れません。
P5280342.jpg
高い塔を目指して真っ直ぐ延びた坂道を登っていきます。
P5280341.jpg
現地のガイドさん。イタリアの法律でツアーにはつけることになっています。
P5280347.jpg
双子の塔
P5280349.jpg
フレスコ画。左の聖人は胸に塔を抱き抱えています。

そもそもは貴族の権力の象徴としての塔建設が行われ
教皇派と皇帝派に分かれて、より高く、美しい塔を建てることを貴族同士競い合ったとか。
多い時で72個あったそうで、現在は14個残っています。
P5280350.jpg
オリーブの花。このほかサフランやワインも産地でもあります。
P5280353.jpg
絵になる二人。母が「あの人たちデートかねぇ。美男、美女だね」
微笑ましかったので失敬して撮らせて頂きました。P6060427.jpg
いつの間にか夫が買っていたお菓子
P6060428.jpg
常温で1年も日持ちします。フルーツや洋酒の甘い匂いがして中にはナッツなどが入っています。
関連記事

この記事に対するコメント

kazumiさんも写されていたかもしれませんよ・・・。笑)
【2009/06/14 20:47】 URL | ひげ #- [ 編集]


ひげさん
ないと思います。
ヴェネツイアでゴンドラに乗った時は後ろの舟に歌手が乗っていたので橋の上の観光客についでに写されてたみたいですけど・・・
この女の子可愛いでしょう?少女のうちはスマートなんです。
【2009/06/15 00:28】 URL | kazumi #- [ 編集]


旅行日程がよくわかるタイトルですね。中世と21世紀の2つのイタリアを感じながら読ませてもらっています。あちこちで紹介のイタリア女性の姿を眺めて楽しんでいますよ。(笑い)

双子の塔、それをモデルにしたのでしょうか? 20世紀、21世紀にも 世界各地で高層のツイン タワー(ビル)が出現していますね。

【2009/06/15 19:35】 URL | 権兵衛 #- [ 編集]


このお菓子は、ケーキなのですか?
ヌガーみたいになっているのでしょうか?

なんだかとっても美味しそう!

イタリア旅行は食べ物に苦労しなかった私です。
どこで何を食べても美味しくて。。。。
イタリア人の味覚が日本人の味覚に似てるんでしょうか?

イギリスあたりは、かなり苦労したので。。。。
友達と「味覚ある??」と言いながら食べた記憶があります(笑)
【2009/06/15 20:25】 URL | 美景 #onVA9wqc [ 編集]


 日本語のしゃべれない 付いているだけのガイドに当たったときは ちょっと残念でした。
 ポンペイの美男のガイドは 人気でした。こんなとき 日本に来た人に 
しゃべれるといいなと 反省するのですが・・・・
【2009/06/15 20:31】 URL | 小紋 #- [ 編集]


権兵衛様
今日はアッシジのサン・フランシスコの生涯を描く「ブラザーサン・シスタームーン」を借りて観たのですがこの『双子の塔』も出てきて・・・撮影地がここだと知ってましたが
「サン・ジミニャーノじゃん」とつい突っ込んでしまいました。(笑)
その映画には清純な美少女も出てきますからお薦めします♪

美景様
ヌガーというほどの粘りはないし外郎でもなくビスコットでもなく固いけどほんの少しの弾力が初めての感じでした。
そうですね。不味くて残したことは全くなかったです。ただパンはいつも固くて味がなかったですね。
フィレンツェなどは塩味があるのでお食事の時のパンは味がないそうです。
下戸ですがワインがお料理に合うのは分りました。

小紋様
ポンペイのガイドは中年の日本通の楽しいガイドさんでした。
このガイドさんは英語説明なので添乗員さんが訳してました。
訳が物足りないのでくっついて聞きました。(笑)
ガイドは国家資格だそうで基本的にイタリア語+英語の他に日本語(他)ができるとか。
今回イヤホーンガイドの威力を思い知りました。
やっぱりたどたどしくても日本語だと嬉しかったですね。旅の味わいを左右しますね。
【2009/06/17 01:58】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1188-688c7e6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索