FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
マーカーその2
 マーカーを使う時は紙質によってにじみ方が違うので切った残りでまず試し塗りをしましょう。

特に濃い色の時と買ったばかりのマーカーは色が出やすいので注意が必要です。
 塗り方は裏からです。白い面を自分に向けるというか、マーカーが表の絵柄にはみ出ない向きにあてるということです。

 時には2色を合わせて使うこともあります。ややグリーンが明るかったらベージュを重ねる。など。(やや芯が汚れる可能性がありますが。)

 もうひとつ。切り口を目立たなくするのに6B鉛筆も良いです。初期の頃はこればかり使っていました。

 芯を尖らせても細部は塗りにくいし圧力をかけないと色がつかないですが「失敗」がありません。
 濃くなりすぎない。にじまない。絵柄が万一汚れても消しゴムで消せる。

 マーカーの欠点をカバーしてくれるので2種の使い分けをおすすめします。
 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。 
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/116-026bce3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索