FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
コンプトン
製作中の螺旋ぐるぐるの絵にはちゃんと名前があります。「コンプトン」1895年。

デザインはジョン・ヘンリー・ディール
1878年、モリス商会のオックスフォード・ストリートに新しく開設した店舗のアシスタントとして雇われたディールは、デザイナーとしての才能をモリス自身によって見出され、訓練され、後にテキステイル・デザイン部門長になりました。

コンプトンは彼による柄の一つで、ウォルヴァーハンプトンのコンプトン・ホールのためにデザインされたそうです。深いカラーの背景に浮かび上がる美しく描かれた草花模様は存在感があり、背景色が落ち着いた色使いなので、シックです。
↓絵の読み取りは難解です。(笑)あなたならどう立体にしますか?
compton5.jpg

お気づきでしょうか?
この絵は130年前に壁紙やテキスタイル用にデザインされ今でも入手できるです。
今日の映像は生地ですが私が素材にしているのは版画によるポスター(たぶん壁紙)です。

イギリスデザインの父と呼ばれるウィリアム・モリスは生活を工芸品で豊かに彩る「アーツ&クラフト」運動の中心人物。
私は彼の考え方が好きです。
自分の身の周りから好きな手作りの物で素敵に彩れたらと思います。

今回のシャドーボックスは私にとって小さな挑戦です。

今まであまりシャドー愛好者の皆さんが立体にしなかったタイプの絵だと思います。

私はずっとモリスのデザインした美しい植物の模様を立体にしてみたいと思っていました。

作品をご覧になった方が「壁紙」って思うか「クラフト」または「アート」って思うかは自由です。

シャドーボックスの新しい可能性を私自身感じたくて作っている部分があるのです。
関連記事

この記事に対するコメント

上野の岩崎さんの豪邸でみたレリーフの数々を思い出しました
すごくいいものができそうな予感がバリバリするわ!
楽しみにしています!
【2009/07/15 00:08】 URL | kana2 #9fhmHjA6 [ 編集]


こんばんは

完璧に描写された花をシャドーにするのも素敵ですが、
デザインされたものはもっと素敵と思いますので、
こういう絵、あると思います!

小文字のaにdを重ねる。。っていう表現がすごく的を得ていてさすが!です。

作品展楽しみにしています。
【2009/07/15 21:16】 URL | Rika #- [ 編集]


この前の ブックカバーも モリスの生地だった。わたしも 高橋恵美子の手縫いの
本でみて 好きになりました。 超複雑なものに挑戦 凄いです。
【2009/07/15 21:52】 URL | 小紋 #- [ 編集]


kana2ちゃん
予感バリバリ?
嬉しいなぁ。kana2ちゃんにそう言って貰えたら太鼓判押された気分です。
ありがとう♪

Rikaさま
所詮人の描いた絵やデザインした物で制作するにしても立体にするのはやっぱり独自の工夫が要るので面白いのでしょうね。
「あり」と言っていただいて勇気が湧いてきました。
応援ありがとうです!

小紋様
モリスの絵は苺泥棒が一番作りたかったのですが手に入らなかったのです。
今はそれのコースターを使ってます。
柳の絵とかも普遍的な美しさを感じます。
小紋さんなら配色に生かせそうですね。
【2009/07/16 00:35】 URL | kazumi #- [ 編集]


昨日の東京はタンゲ(とても)暑そうでしたね・・・
ク-ラ-かけていますか?
冷えすぎませんように・・・☆

モリスもkazumi先生の挑戦に喜んでいることでしょうね!!
いろいろ検索していたら、こたつ布団なんてのもあったよ!!
ジャパンでこたつ布団になっているとはビックリだろうな!
あとねコレ!!http://item.rakuten.co.jp/glicine/tamara_morris/
欲しい~!!
細めだって(>_<)残念~(>_<)
【2009/07/16 06:31】 URL | kon #- [ 編集]


毎週「美の巨人たち」という番組を録画して観ています。
今月初旬頃くらいですが、迎賓館に飾られる「七宝焼」の花鳥図がテーマでした。
伝統的な七宝焼は「有線式」と言うようで、図柄に銀の線が入っています。これに対し「無線式」という技法を編み出したのが濤川(なみかわ)氏という方。
この技法により、図柄に「滲み」を出すことに成功し、作品を「絵画」に仕立てたと。

工芸として認知された七宝焼を日本の芸術として世界に知らしめた方のようです。

この記事を読んで、伝統的な有線式から無線式を編み出した、この偉人のことを思い出しました。

この図柄はなんとなく「和」的な印象を受けます。着物の柄のような。染料のような。

「和」的にしてみては、いかがでしょう???なんてね。

頑張ってくださいね~。

ご参考です。↓
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/data/090704/
【2009/07/16 23:20】 URL | sora #nOJiXcNY [ 編集]


konちゃん
クーラーとお友達です。かけても暑いからそんなに冷えないです。(笑)
見たよ~。長靴・・・もといブーツねぇ。細さより値段でひきました。
雨用?ガーデニング用?賞取ったものですってね。さすがです。

sora様
私も良くあの番組は観ますがその回は見そびれました。
七宝の概念を打ち破る作品のようでした。迎賓館に行って観てみたいです。
教えてくださってありがとうございます。
ヨーロッパは大芸術=建物、彫刻、絵画がアートの地位を確立していて評価の基準が違いますね。
イタリアで権力者や教会の誇示が根底にあるとつくづく思いました。
日本はサントリー美術館のお宝のように生活に根ざした装飾品を重視してますね。
シャドーボックスのの評価も工芸に分類されているのが現状です。
自分なりに頑張ります。
【2009/07/17 00:36】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1140-d5e04de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索