FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
クラフトとアート
私は身近に飾って楽しめる作品作りを心がけています。

作家さん、画商さん、額屋さん、カード関係、など色々な方とご縁ができて様々な意見を伺う事が出来るようになりました。

例えばルドゥーテの評価も色々あるんですよ。

×植物画なので本来はアートのジャンルとは言いがたい。
○でも今再現できないくらい手の込んだ銅版画なので価値がある。
○薔薇の絵として完璧なほど美しいので世界的に有名である。
×ニューヨークなら薔薇図譜の絵が1枚たった数万円~200万円で出回っている。
○bunkamuraは日展の常連クラスの画家でも出展されない程格式が高いので
ルドゥーテはアートとして評価されている証である。
×何億円の名画ならともかくルドゥーテであんなに入場料をとるのはどうかと思う・・・・
P2010163.jpg
私にとって大事なことはクラフト、工芸、手芸、アート・・・シャドーボックスが何と呼ばれても
観た人の胸を打つような作品を作ることです。
シャドーボックスがアートと呼ばれ高尚なものとされるのは特に望んでいません。
P2010164.jpg
生活を素敵に彩るような作品、生徒さんたちに喜ばれる作品を作っていきたい。
これは教室を始めた時から一貫しています。
お金をかけて豪華に見せたいとか思いませんし
皆が作らない珍しい絵だから選ぶような発想はないのです。
美しい絵、感動した絵を立体にしたいのです。
P2190181.jpg
↑生徒の光金さんの作品。時期はずれですが・・・コスモスが素敵に咲きました。

私は誰が見ても良いと思えるわかりやすく且つ芸術性の高いものを追い求めていきたいです。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m

関連記事

この記事に対するコメント

良いもので芸術性の高いものというkazumiさんの思いは、
作品をみれば伝わります。

作品展に行くと、感動与えられ頑張ろうとも思えてきます。
伊東屋さん楽しみです^^
【2009/03/12 16:23】 URL | りん #.SkkPQig [ 編集]


アートかどうかは個人の純粋な価値判断と言えるでしょうね~
キース・ヘリングとかアンディ・ウォーホルとかリキテンシュタインとかモダーン・アートの芸術性についてはもっと好みの別れるところだもの。
ワタシとしては誰がなんと言おうが自分が感動したら、それが芸術かな。
芸術は感動の爆発だあ~

kazumiちゃんの作品はいつもあたたかい感じがして、好き。やさしさとか愛らしさがあって、kazumiちゃんそのものです!
【2009/03/13 01:48】 URL | hiromi #- [ 編集]


コスモス素敵~!!
ソニアエイムスさんの花☆絵で見るより私はシャド-ボックスの方が好きです!!
細い葉もとってもきれい!!素敵だわあ~☆
いつか挑戦してみたいわあ~!

伊東屋さんではルドゥ-テも何点か展示されるんでしたよね!?
とってもとっても楽しみです!!
bunkamura、辿りつけなかったしぃ(T_T)
【2009/03/13 10:03】 URL | kon #- [ 編集]


kazumiさんの頑張りが雪を溶かしていく春の陽射しのように感じられますね・・・。

konちゃんも行くのですか?。

ますます春らしい・・・。笑)
【2009/03/13 21:44】 URL | ひげ #- [ 編集]


りん様
恐れ入ります。ありがとうございます。インプットしないとアイデアも浮かびませんよね。お互いこれからも刺激しあいましょうね♪
お待ちしております。

hiromiちゃんへ
知識があると作品に対して理解が深まると思いますがアートの価値は値段だけではないですね。
私はリキテンシュタインが億の作品には思えないなぁ。
感動?うーん(笑)
照れくさいけどありがとう。
励みにして可愛さ、優しさ、美しさ、追求したいと思います。

konちゃんへ
輪郭がぼけた絵は予めスタイラスで線を引いてから切ります。
伊東屋は分りやすいから今度こそ!楽しみにお待ちしてます!!
ルドゥーテの4作品今日完成しました。かなり良いと思います。
私が欲しい位よ♪

ひげさん
下界に下りて来られた?ブログ散歩できませんの。(泣)
今日は朝4時に寝ました(笑)ご無沙汰お許し下さい。
そうそう春ですねぇ。ピンク雪柳も咲き出しました。
【2009/03/14 17:16】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1121-be59823a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索