FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
デザインの父
 私はいろいろな美術展に今まで行きましたが、最も感銘を受けたのは「ウィリアムモリス展」だと言えます。

 イギリスモダンデザインの父とも言われていて「アーツアンドクラフト運動」のリーダー、
今でも彼のデザインした柳柄の壁紙などは不滅です。
 
 どこに最も惹かれたかというと「生活を手作りの芸術性の高い物で彩る」姿勢でしょう。
 産業革命の時代にあって職人の技術や人でなければできないことにこだわっています。

 かねがね欧米の刺繍やラグマット、リバティーやローラアシュレィの生地の色を見ると、甘さの中に落ち着きがあり
「この色彩感覚はなんか違う・・」と感じていました。
 その色の謎はモリスの色の渋さからルーツを見た気がしました。

 例えば一口にピンクといっても千差万別で、安っぽいのから甘いの渋いのあるわけです。
 私は色選びの時に、モリスの配色にヒントを得ることもあります。

↓右ぺージはタイトルがかわいい「苺泥棒」です。我が家では今日庭にメジロちゃんが来ました。 
 イギリスモダンデザインの父 ウィリアム・モリス 苺泥棒


 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
関連記事

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/111-f06acc08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索