FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
フェルメール展
上野東京都美術館のフェルメール展に行ってきました。
金曜の午後は待ち時間10分でした。
事前情報によるとすぐ上の階へ言った方が良いとのことでした。
PA100049.jpg
↑娘2号がちょっと怖いと言った絵。お酒に酔って口説かれているシーンらしく節度を失っている状態。
女の子の眼と笑った口元でそれが見事に表現されています。

入り口と同じ階は他の(オランダ)デルフトの画家の作品が並んでいます。
今回はフェルメールをまとめて7点も観る事が出来ました。幸せです。
光のニュアンスによりその世界に引き込む力を持っていて、言葉を失う美しさなのでした。

なので今回は上野美術鑑賞の際のお薦めのお店紹介。

上野の駅(アトレ)でお茶が飲みたくなった。または小腹が空いた時にこちらをどうぞ。
禁煙でないのが辛いのですが。お値段の割に雰囲気が良く、お味は本格的。
PA100043.jpg
隣のフレンチレストラン「ブラッスリーレカン」で作っているという↑クロック・ムッシューが美味しかったです。


↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
関連記事

この記事に対するコメント
シャドーボックスの在り方
こんにちは。
時々拝見させてもらっています。

ところで、あるブログで気になる記事をみつけました。
日付から2年前の銀座の展示会のことではないかと思いますが、
「技術的にはイマイチでしたが、額装のセンスの良くそれが全てをカバーしてました。」
と、書いてありました。

http://blogs.yahoo.co.jp/sugarmoon1182/archive/2006/04/21

私もシャドーボックスを少しかじっていて展示会も見に行きますが、確かに凝った額装やLEDライトを使った作品など凝ったものが以前より増えてきたように思います。
展示会なので見栄えがするものを。。というのもわかりますが
シャドーボックスはお金がかかるものと思われるのも否めません。
昔みたいにシンプルな作品があってもいいと思います。

シャドーボックスに興味があっても「自分には無理だから」と最初から言う人が多いのも現状です。

私はそのブログの記事を読んで、少し考えさせられる部分がありました。
kazumi先生はどのように思われてるのでしょうか?
またお時間があるときにでも、記事になさってください。
フェルメール展は私も見に行ってみたいと思ってます。
ああいう絵をシャドーボックスにしたら素敵でしょうね。

長文失礼しました。
kazumi先生のご活躍をお祈り申しあげます。


【2008/10/28 17:45】 URL | 美夢 #6PG1FSk. [ 編集]


お久しぶりです♪
羊羹、いや、洋館めぐりにご一緒できなくて残念でした。

フェルメール展は行く価値があるよ~って
お友達から聞きました。
やっぱり、一見の価値ありでした?
はじまってからずいぶん経つようですが
今でも混雑しているのですね。
【2008/10/28 20:14】 URL | parko #- [ 編集]


美夢様
コメントありがとうございました。
時期的に明らかに伊東屋展の感想ですね。技術といっても8会派のグループ展ですので実は様々です。上手い人は上手い。(笑)私は精進致します。
私たちはシャドーの普及と発展のためにこの展示を手弁当でしています。よりシャドーボックスの新鮮な魅力をお伝えしようと努めており、ライトを入れたり新しい作家さんの絵を用いたりして工夫している積りです。実際新鮮味のない今までさんざん愛好者が作ってきた絵や業者さんが広く販売している絵は省く傾向があります。
先を越された・・・感はよくあることです。私自身来年3月の準備をしていたらある先生の展示で講師の方が出した絵だったので出すのを断念しました。
良い絵は案外少ないので辛いところです(笑)
また天下の老舗伊東屋さんでの展示ですので全ての絵の許可を作家さんに頂くのも大変気を遣う作業です。私はともかく先輩先生方はリーダーとしての気概とプライドをお持ちです。
レベルの高いお金をかけて作る作品は大御所の先生方にお願いしています。
私は身近に楽しめる作品をいろんなクラフトを取り入れてご提案する役目だと自負しています。
その辺は私のブログでお感じ頂けるかと思います。実際は評価が低くなる危険性をはらんでいる選択なんですよ。最初の頃はこれがシャドー?デコパージュでしょう?と言われた時期もありましたよ。私は細かさ豪華さよりより絵柄のかわいさや美しさ、部屋に飾りたいかを重視しています。私の絵柄の好みに共感して遠くから来てくれる方もおいでなのでありがたいことです。
展示会に対しての意見は公にブログの記事にすると風当たりもありますので控えさせていただきます。(笑)私には後ろ盾も援護射撃してくれる人もいませんからね。これでも若手です。(笑)
フェルメールをシャドーに・・・勿論考えましたが作って飾りたい絵はなかったのです。今回出なくなった「絵画芸術」が作ると面白いと思っていますけど。絵があまりに完璧なので畏れ多い感じもあります。
またご意見うかがわせて下さいね♪

parkoちゃん
お久しぶりです!私も先日栗ご飯作りました。皮を剥くのに30分かかったけど夫が労をねぎらってくれたのでまた来年も作ります。夫婦二人だと作り甲斐がイマイチないのよ。
フェルメールはこれからなら11月1日から3日まで映画鑑賞のイベントもありますね。スカーレット・ヨハンセンの「真珠の耳飾りの少女」他。
行く価値?ありありですよ♪
【2008/10/29 00:52】 URL | kazumi #- [ 編集]


私はkazumiさんの作品がどこのよりも一番好きだよ♪友バカ?
いろんな方が伊東屋にきているのね~。日々精進っだね。胃袋強そうだけど?からだに気をつけてがんばってね。
【2008/10/30 09:33】 URL | pira #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1051-70fbbc1d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索