FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
国立西洋美術館 「コロー展」
P7260017.jpg
コロー展見に行きました。
夫は流石に美術館の梯子に付き合ってくれませんので別れて国立西洋美術館へ行きました。
コローの描く風景画や人物画に引き込まれました。
そこには静かに広がる世界があるのです。
光のニュアンスを絵に閉じ込めようとしたんでしょうね。
P7260018.jpg

看板になった↑「コローのモナリザ」と言われる真珠の女の他P8040019.jpg

少年が庭に坐っているティヴォリ、ヴィラ・デステ庭園(上段中央)
青い服の婦人(上段右)
坂道の絵 ヴィル=ダヴレーのカバスュ邸(上段左)が胸を打ちました。
常設展も鑑賞しました。
ここにはシャドーボックスにしたことのある大好きな葡萄の静物画(中段左)があります。
やっぱり原画は本当に綺麗で瑞々しいのでした。
ミュージアムショップでポスターを買い2度作りましたが手元を離れたのでまた作りたくなりました。

下の段3つはフェルメールです。チラシを利用して樹脂のマグネットを作りました。行かねば!

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
関連記事

この記事に対するコメント

青い福の婦人が好き!
これがシャドーだったら、どんなにか不思議な世界に見えるでしょう。
素晴らしいマグネット。
冷蔵庫で展覧会ができそう!!
【2008/08/04 12:07】 URL | hiromi #- [ 編集]


ご無沙汰しております!!
私も少し前にコロー展、行ってらしたのですね。
素晴らしかったですね、感動でした。
いままでコローの良さをこれほどまでとは思っていなかったので、今回はコローに恋した気分です♪
初期から、晩年へと作風が変わっていく様子がよく分かる展示で興味深いですね。


そして、なんとピカソやカンディンスキーにまで大きな影響を与えたというところが、又、すごいですよネ。
【2008/08/04 18:39】 URL | ERIKO #GZ0oxUSY [ 編集]


 おはようございます。
 美術館の はしご したい!
 常に 良いものを見る機会が あるっていいですね。
 
【2008/08/05 05:31】 URL | 小紋 #- [ 編集]


kazumiさん おはようございます。
東京は暑かろう・・・ねぇ・・・。

小紋さんの意見に同じでございます。
【2008/08/05 06:56】 URL | ひげ #- [ 編集]


美術館のはしごですか~
はしごできるくらいにあるっていいですね~
わがT市には焼き物博物館位しかありません
それはそれでいいんだけどね

暑い時は美術館でゆっくり過ごすのもいいな~
【2008/08/05 22:36】 URL | やちまる #- [ 編集]


上野にいくと
間違いなく動物園だわ。今のところ・・・・・
もう少し大人になったら?
ゆっくり芸術に触れてみたいです
【2008/08/05 22:53】 URL | parko #- [ 編集]


hiromiちゃんへ
青いドレス!作りたいと思ったんですがお顔がぼけていたので断念しました。
彼女のぽにょっとした腕にえらく親近感が湧いたのですけど。

ERIKO 先生
読み逃げですみません。先生のコロー展の記事に刺激されたのです。行って良かったです。
お礼にご迷惑でなければコローのマグネットお送りしたいと思っております♪

小紋様
東京にいると自然は少ない分、文化・芸術に触れられるのはありがたいですね。
「子供が離れてやっと」の感がありますけど。それに安・近・短の極みです。

ひげさんへ
釧路は涼しかろう・・・ねぇ・・・。
綾小路きみまろ氏のCDを借りました。(母と山中湖へ行く道中聞かせようと思って)
「人間はないものを求めるのです!」と叫んでいたのを思い出しました。(笑)詳しくは書けませんけど。

やちまるさんへ
上野のお山には○○館が うじゃっとあるんですよ。優雅な感じイメージしてない?
涼しいけど人も うじゃっといますよ。気力・体力案外必要です(笑)

parkoちゃんへ
動物も良いよねー。動くから。
子供は博物館の方が喜ぶしね。調べると夏休みは子供向けのアートの催しも多いですね。
暑い中私も昔は行きましたわ。日記のネタ探しで親も大変だね。ママがんばってぇ!
【2008/08/06 00:55】 URL | kazumi #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1010-24590cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索