FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
インターネットではじめて当てたもの
美術館めぐりのシーズンがやってまいりました。←本当に個人的な話ですけど。

ぐるっとパスを昨年から買ってまして使い始めたら2ヶ月有効なのですが展示替えのブランクは
観るチャンスが減るのです。夏休みは大抵展示してますしレッスンも減るものですから。

さて美術情報を得ようとネットサーフィンしてましたら良い物みっけ。インターネットミュージアム
入場券が抽選で当たるとあってダメモトで応募してみました。
P7260016.jpg

日曜美術館でも紹介されていて届いたのがこちらの招待券。
国立博物館で日本画他巨匠たちの対決が見られます。 
期待してなかっただけに嬉しさひとしお。夫もテレビを見て知っていたので付き合ってくれました。

例によって達人の?周り方・・・・まず会場内をテクテク一通り歩いて全容を掴みます。
最初に渋い仏像などが置いてあり皆さん人だかり。熱心です。
最後の頃に本命?若冲とかが並びます。・・・疲れきった皆さんが見受けられます(笑)
チェックで周る時も興味のある展示作品が空いていたらその時は傍でじっくり見てしまいます。
全容を把握してからじっくりとあっさり・・・緩急つけて観ます。

今回特に気に入ったのは尾形光琳菊図屏風でした。胡粉を使って花びらが立体的に描かれてます。
写真ではその素晴らしさが全く伝わりません。行って良かったです。対決の概要はこちらで。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
関連記事

この記事に対するコメント

 すごい いきたい みたい
 きょうから フェルメール!
【2008/08/02 05:02】 URL | 小紋 #- [ 編集]


日本の美術館はヒトが多すぎて、なかなか落ち着きませんね。
以前、マチスを見に行ったら「あら~素敵」「○○さんならこれくらいお描きになれるじゃありませんの~」ってすごい不敵な会話をしてるおばさま達がいらしたわ。ずっこけました(笑

なにはともあれ、ダンナさまと二人、素敵な時間を過ごされましたね!いいなあ~
【2008/08/02 08:09】 URL | hiromi #- [ 編集]


入場券の抽選が当選、よかったですねえ。僕は、まだインターネットで当たったことはないです。
ヤフーリサーチモニターで何回か200円貰ったことはありますが。

巨匠の対決面白そうですね。達人の周り方、流石です。
未熟な者に対して言う「木を見て森を見ず」の言葉を思い出しました。
【2008/08/02 16:05】 URL | へいすけ #- [ 編集]


小紋様
フェルメール行く気満々でチラシをもらってきました。混みそうですが頑張ります。傍で見られると良いのですが・・・。

hiromiちゃんへ
鑑賞するのってとっても個人的な絵との対話なんだと思います。なので私は「連れ」がいても自分のペースで周らせてもらい出口で待ち合わせ。一人で行くことも多いです。
鑑賞の仕方も人それぞれだね。薀蓄語りたい人もいるし。私は判らなくても敬意を払って見ますよー。

へいすけ様
宝くじは買いませんし夢のない女です。
今回はどうせダメだろうと思ったのですが葉書代もかからずありがたかったです。
達人なのは私ではなくて「ためしてがってん」の受け売りです。(笑)
でも年中行ってるとキュレーターさんの戦略がちょっとわかってきましたよ。
【2008/08/04 00:18】 URL | kazumi #- [ 編集]


昨日国立博物館にいったけど、常設だけにしたの。
蒔絵よかった~。小袖とか能の衣装とかも良かった♪常設だけでも、普通の美術展の何倍もみられるね。昨日は息子の用事で上野にいったついでで寄ったんだけど木曜でも人が沢山いて酔いそうでした。
まじめにみたら足が棒になった。。。
【2008/08/08 15:55】 URL | pira #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://mhshadow.blog.fc2.com/tb.php/1009-86382ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索