FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
ふくろうとかぼちゃ
1年前の北千住展示会ではフクロウをテーマの一つにしていました。

門下とともに50点弱並べましたが

フクロウの絵柄自体はもっとたくさんあったので

その後もご購入頂き複数作られた生徒さんもいらっしゃいます。
P3151547.jpg

こちらもその一つでI様作ハローウィンの絵柄です。

木の幹の凹凸はメルヘンペイントを時間差で塗ってうまく表情が付きました。

マットは以前はリボンのデザインマットでしたが

今回は蜘蛛の巣の紙で装飾予定です。

額は一つで2種入れられるということです。

DSC05743.jpg


前回のHさんの貝殻の作品。

玄関に置いて印鑑や鍵を入れるそうです。

もとは宝石箱の白木素材で下側に収納でき実用的ですね。

P3151544.jpg

3月は青色申告と展示会向け作品制作

自分のと門下の分で多忙でしたがやっと目途が立ちました。

今月のネットショップは30日23時の予定です。

なお4月11~19日の京王プラザホテル展ではプリントキット等教材の販売は

ありません。展示作品の一部とインチサイズの小作品を販売いたします。



一か月インスタグラムで毎日1投稿を続けてきましたがブログは更新できず

ちょっと反省しました。

あれこれは大変ですのでこれからは


インスタ、facebook ブログを連動させt


ブログでは作品制作の裏話なりを書く予定です。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 


パールビーズで
P3121538.jpg
個性的な今までに見たことのないカードで

生徒のHさんが作られました。

この額は金の装飾が額の彫模様と呼応していますが仮の額装です。

実際は昔アメリカのお店で買った宝石箱に収めます。

そちらはまた後日ご紹介しますね。

P3121537.jpg

パール部分はネイルアートの芥子粒ほどの大きさから

グラデーションで貼りつけました。

乳白色のスワロも珍しいでしょうか。

金部分他、メルヘンペイントも使ってボリュームを出しています。

繊細な細い部分はモデラーが当てにくいですので

後で液で盛り上げながら光沢を付けられるので重宝します。


この一か月インスタグラムに時間を割かれました。

独学 トライ&エラーで写真の加工をしていました。
31投稿 フォロワー177

やっと要領がわかってきたの


ブログの更新も頑張ります。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 


また別の世界
花房を支える層。透かし切だらけ。

小さいですが作り甲斐がある絵柄でした。

そう過去形ですよ!!

ほぼ出来上がって只今アクリル業者に作品を出ています。

P3051532.jpg
インスタグラムは近況またはちょっと前の出来事のアピール

pinnterestは未来にに向けての画像集め

ブログは自分の身の回りの出来事を綴ったり
私の場合はシャドーボックス関連の告知など

それぞれに違いがあり

情報の発信の仕方

自分の個性の打ち出し方にも

特性を生かして考えないとと思っています。

P3061534.jpg
花房で作ってそれぞれにニス掛けしました。
上は自然光
下はLEDライト。写真の切り取り、色味 コントラスト他の調整は
ブログでもずっとしてきたことです。

特殊なレンズを揃えて自分で撮るのはpinterestにある

写真があまりにすごいので諦めていました。

P3061535.jpg
インスタは色と形のビジュアル重視の世界

美意識は写真に反映されますので

ただ何となく撮るのではいけないのでしょうね。

人気インスタグラマーを覗いて分析するのも楽しいです。

もちろんプロの写真家さんは写真が大変上手いわけで

フォローしているのも世界の写真家さんだったり

情報収集も宝探しのような楽しさを感じます。

引き続き勉強です。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 


春の兆し
3DSBA協会のHPが新しくなりました。

3月になって桜がいっぱいです。 ☆

4月の京王プラザホテルのDM画像も載りました。

私は初日4月11日(水)13日(金)15日(日)19日(木)におります。

当番の13午後と19はあまり動けません。

11日と15日はランチしたり説明したリできます。



私の作業するテーブルの上でも藤が咲き始めました。

P3021528.jpg
花房はたった五つ。
藤は連なって咲くのでそのイメージを額の中で表現したいです。

このところ1日中作っているため夜眠りにつく時にも
どうしたら装飾として過不足なく作品としてまとまるか
藤の連なりを思い浮かべて寝付けなくなったりします。

今日は葉がだいぶできました。
茎中央にワイヤーを入れています。

茎は1ミリくらいなのですぐ切れます。
透かし切りだらけ。繊細で気を遣う絵柄でした。
P3021529.jpg
藤の画像は随分調べて花に角度を付けています。
藤の花☆参考まで

P3021530.jpg

それぞれの房の層はまだ仮固定です。
もっと膨らますかもしれません。
奥行きの前後間、持ち上げ方も色々な要素で変わります。

装飾技法も
シルクスクリーン、ステンシル、海綿のスポンジングの影、エッチングと
候補があり悩んでいるのです。

さてはて・・・。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 


マニアックなこだわり
2月は逃げると言いますとおりオリンピックで盛り上がり
あっという間に終わりました。

私は紙の切り口にこだわりが強いかもしれません。

切り口が目立つと立体の絵を鑑賞する際
妨げのように感じてしまうからです。


YJ fujiomote
ですからできるだけ目立たないように作業します。

鋏で切ったり色を塗る他 幾つかの工程があり
表裏から検品作業のようにチェック。(笑)

YJ fuji ura
裏には茎色に近い紙巻ワイヤーを貼っています。

「時間をかければ良い物が作れる」とは思っていませんが
あっという間に時は流れていきます。

今回の藤の作品は
展示会としては小さい作品になりますがどうぞ大きさではなくて
作りこみをご覧になって頂けますように。

羽生君がフィギュアを芸術にまで高める表現をするには確かな技術が必要だと
インタビューで答えていましたが
アート全般にも通じるように思います。

真摯に一片一片に向き合いたいものです。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 



プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索