FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
くまさんの絵柄
P1011371.jpg
昨年4月の展示会ではクマもん募金を試みました。

先生方がキットを無料提供して愛好者の皆様に御購入いただき
寄付したのです。

こちらは生徒さんがそのコーナーで購入したカードで作られました。

P1011372.jpg
3DSBA協会のHPも新しくなりましたので

覗いて見てくださいね。


明日から始まる国立新美術館の展示の案内もあります。

入場は無料ですので何回でもお出かけ下さい。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 


予習も大変です
国立新美術館のシャドーボックスの展示会が近づいてきました。

私は過去3回参加して今回不参加ですが

多くの力ある先生方の作品を拝見するのが大変楽しみです。

今回は図録が作られて既に発売されています。
送料無料ならかなり重いので送ってもらう方が良いですね。
アマゾン

P1011356.jpg
門下の裏口さんのページ

P1011357.jpg
オリジナルキットのCMページです。
彼女のキットは私のネット・ショップでも扱っています。


200人以上なのでずっしり内容の濃い見ごたえのある図録です。

圧倒される細かさとゴージャスさ!!

展示会では力作に打ちのめされ自分を情けなく感じますが

改めてシャドーボックスの魅力を再発見し

関わっていることに幸せを感じます。

情報量が多すぎますので毎日少しずつ「がん見」して
インプットしています。

旧知の先生方とお会いしてお話しできたら嬉しいです。

P1011360.jpg

東京は雪がどんどん降り積もっています。

集荷を早めに頼んだらヤマトさんチェーン装着中でした。

明日の北千住のお教室行けるかなぁ。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 



スカイツリースと桜
P1011344.jpg
切り始めたのは数年前で春になると「完成させなくては!」

と毎年思っていた桜の絵柄です。

やっと形になりました。

パールの印刷なので作ると劇的に表情が変化する紙質です。

特注額は桜の形と花弁にしてもらいました。

sky t gaku

背景は紫のグラデーションです。

こんな構図は実際に隅田川辺りにありそうですね。

花の作成では必ず限界まで深く切り込みを入れるのが

私の方針です。

テキストの指示の他に花弁は切り取れるだけ切って

がく部分や折り線を隠す花弁も貼り重ねました。

P1011343.jpg

皆様はどちらでも結構ですよ。
私は自分が納得したくて細かく作っているだけですので。

形になって嬉しいです。

自分自身、立体の作品が見たかったので(笑)


キットの在庫はわずかにございます。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 



背景と額装
P1011327.jpg
作品の完成までには多くの要素を考慮しますね。

絵柄部分の制作。

額のフレーム

マットの有るなし。

マットの配色や装飾デザイン。

作品のベースに元のプリントを使うか

違う台紙を用意するか?

今回の作品は生徒さんがご自分の数あるコレクションの中から

選び抜いて用いた台紙です。

P1011328.jpg

元のプリントはシンプルで

絵だけ見ていたら物取りない感じですね。

↓ 貧相で寒々しい。(笑)

P1011329.jpg

時計のシンプルな絵柄ですが

温かみと落ち着いた雰囲気が加わり

物語の世界を感じさせてくれるような額装になったと思います。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 



棚の絵柄の樹脂作品
P1011317.jpg
生徒のFさんが作られました。

プラーク(板)にトールの手法で色を塗り影を入れています。

その上にやや高さ抑え目に作品を作って樹脂で仕上げました。

P1011318.jpg

Fさんは最もキャリアの長い生徒さんで

今30歳の次女が小学校入学の時からのお付き合い。

講師レベルの技量ですが講師の欲がないのです。

じっくり時間をかけて納得するまで作られます。

ですから作品は非の打ちどころがないと思っています。

素晴らしい出来栄えに他の生徒さんたちから

「(作品を)欲しい!」と言われていました。(笑)

無理ないですね。私だって欲しいですもん。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 




プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索