最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
ストライプ×作品
DSC06326.jpg
プレゼントボックスの絵柄はカードの一部を立体にカールさせたり

余分なハートや星を周囲に散りばめたりと

ポップな魅力をパワーアップさせたアレンジをしています。

今回はスクラップブッキングのストライプの紙を
背景に使いました。

その上に5ミリ厚黒スチロールに生地を貼って作品のステージにしています。

シンプルな作品もアレンジによって変わるのが楽しいです。

ご提案は3つほどしました。

何より生徒のKさんがこの大人可愛い額装を

喜んでくださったのが嬉しかったです。

 



小菊と小鳥2
アレンジの妙とでも言わせて頂きましょうか。

プリントの個性を生かして額装を考えるのは大変楽しいものです。

kogikutokotorigakuiri400.jpg
私のアイデアの場合もあるし

額屋さんの自由な発想や技術に負うこともあります。

kogikutokotori400.jpg
↑こちらがキットに忠実に土台も貼って作品を組み立てた場合です。

円形窓の場合は通常正方形の額を使いますが

籠目模様のマットで長方形 色もプリントに含まれない配色で

今回はセオリーを敢えてはずした感じですね。

シャドーボックスの情報を発信する側として

新たな魅力を打ち出したいとも願っております。

 



小菊と小鳥1
小菊と小鳥は円形の構図で私の好きな配色です。

この絵にはシルバー背景が思い浮かんだので額も特注し

ついに制作を開始しました。

DSC06322 400

小菊は紫色でミヤコワスレのようですね。

でもピンクのバラのほうが主題に思えます。

DSC06310.jpg

私はずっとつなげた状態で切ってエッジの処理をして丸みをつけます。

切り分けたらこのボードに並べています。

例えば小鳥ですと2-1 2-2 2-3のように置いていくと

整理されてどんどん組み立てられます。

一番下の9番の列はすでに細かいバラの花弁を貼ってしまっています。

若い番号順でなく無くしやすい花弁を貼ってしまうほうが良いし

全体の立体感の塩梅を推し測るため杓子定規に左から右へ

組み立てるわけではありません。

そういうのは実はお教えするのが難しいことです。

こちらの制作過程を撮影しました。

動画も大切な発信源だと思っております。

 



Debi Strain
DSC06280.jpg
昨日新発売だったかぼちゃのリースの作家さんは

Deb Strainとカードのクレジットがあったので

pinterestで画像を集めてみました。



カントリー調でこっくりした可愛い色彩と洗練された装飾性が
特徴でしょうか。

文字のデザインやキルトの為の布をデザインしている作家さんのようです。

今時の絵描きさんは多方面で活躍していて面白いですね。

検索するとたくさんのことがわかります。

こうしてある種の情報はすぐに手に入る時代となりました。

その中で自分だけができ、打ち出せることを模索する

コンピューターのできないことをしていく。

自分の個性をどう生かすのか我が身自身についても問われそうです。

 



立てば芍薬2
DSC06290.jpg
私のオリジナルプリント・キットは
メルヘンペイントを塗ってから
アクリルスプレーニスを掛けても大丈夫な紙質です。

その手順で行うと被膜のボリュームを出しながら
光沢が揃う良さがあると思います。


今回は藤について

藤の花は和柄デザインでは図案化されて描かれることも多いですが
今回はややリアルです。

藤の花の写真をご覧になって参考にしてください。

豆科の花独特でやや角度をつけると良いでしょうね。
DSC06288.jpg
メルヘンペイントは藤の黄色い部分をのぞいて塗りました。
細かい場合はスタイラス(針)も使って液を塗ります。

つるはずっと「わ」の形に紙を延長して切り
傷めないよう形が崩れないようにしています。

この小ささなのでどこまで立体に高低差をつけるか悩みましたが

主役は芍薬で藤は脇役かと思いますので
控えめにしています。


 




プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索