最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
今日からまた始めます。
孫が遊びに来てくれた10日間が夢のように過ぎていきました。

実家にある作品を撮影しました。K様参考になさってください。
DSC05456.jpg

毎日大きくなって出来ることが増えていく時期。

10ヶ月児の世話は片時も目が離せず大変ですが
子育ての醍醐味をまたちょっと側らで味わわせてもらいました。
DSC05370 - コピー (2)
私の長女は優しく母性愛が強いなぁと感じ、
夫婦で力を合わせて子を育てる様子を見て、
「家族になったなぁ」としみじみ嬉しく思いました。

この数日娘夫婦に手伝ってもらい
展示会DMの手配と念願の新作和柄キットの準備もしたので
また今後新たな展開が出来そうです。
DSC05442 - コピー
春の二つの展示会まで
お尻に火がついたイメージか
または褌を締め直す
何故か表現は下半身なんですね。(苦笑)
がんばります。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ





ニスはいつかけるか?
DSC05293.jpg
多くの場合ニス仕上げは作品が出来上がってから掛けると思います。

土台に立体の絵を固定してしゅーっと掛けますね。

ただそうすると立体作品の下のほうは陰になって
うまく艶がのりません。

解決策として
土台の絵、まだ作品を固定する前のフラットな状態で
ニスを掛けておくのも良いでしょう。

個別仕上げとでも申しましょうか。
作品部分はまた別にオーブンペーパーの上でニスを掛けて
しっかり乾いたら土台に固定する。
そうするとどちらもしっかり均一に掛けられると思います。
DSC05294.jpg

ただ浮かんでいる1枚の葉っぱなどは個別に支えるとか
ブリッジでつないで浮かしておくとか不安定な要素は増えますね。

一長一短ありますがそういうやり方もあることを
お知らせしたかったのでした。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ




お雛様額 NEWバージョン
昨年末はお雛様の額を特注し好評でした。

売り切れたので再オーダーしたのですが
バージョンアップさせました。

背景にも桜の溝彫加工をお願いしました。
DSC05291.jpg

足元にもL字の台をつけました。
これでお雛様が宙に浮かないイメージになります。

こちらの足元の台は前回御注文くださった方たちの分も
御用意していますので欲しい方は御連絡ください。

DSC05292.jpg

今月のネットショップは事情により開催を中止致します。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ




最近一番嬉しかったこと。
幾つになっても人から褒められると嬉しいものですね。
DSC05290.jpg

お正月に世田谷の母に言われたこと

「Aさん(兄嫁)にどうやったらあんなに良いお嬢さんが育つのか教えて欲しいと言われて
お母さんも嬉しかったよ。いつの間にか子供に追い抜かれたね。」

恥ずかしながら私のことを兄嫁が言ってくれたのです。
兄嫁が本当に優しく良い方なので私は出来るだけ彼女の負担が減るように
夫の家では過ごしているだけです。

親の面倒も見てもらっているから当然です。
それに実の母を追い越すことなどあり得ません。

それでもやはり嬉しいしありがたい言葉でした。
母も以前は全く子供を褒めたりしない人でしたから。
DSC05295.jpg

最近ある人に「美智子妃殿下のようだ」とも言われまして。

こちらは畏れ多く尊敬している憧れの妃殿下と
自分はかけ離れていると自覚があるため
夢の言葉を聞く様でした。
少しでも近づけるよう精進しましょう。

一方隙がなくて真面目で誇り高い・・・
そんなニュアンスの含みかと真に受けたりしませんが
まぁ人に褒められたら素直に喜ぶべきですね(笑)

DSC05296.jpg
今年も生徒さんの良いところ見つけながら褒めて伸ばしますよ。
皆様励みましょうね。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ


手間をかけたらかけたなりに
年が明けて教室も始まり2週間後にやってくる長女一家の準備も
そろそろしないとと思っています。

フクロウを毎日作っておりまして
やっと半分くらいまで。
DSC05282.jpg
切り離さない「わ」の形で切っています。

DSC05283.jpg
フクロウは2羽いますが右はまだいびつ↑でしょう?
薄い紙質なのでゆがみやすいのですが手間を惜しまず
丁寧に作れば形が整うのです。↓

DSC05286.jpg
補強の方法もさまざまです。
針金、スチロール、厚めの紙。

接着の方法も選択しながら作っていきます。
フクロウ作品ではドーナッツ状の目の内側部分が
くうっと丸くするのが難しかったですが開眼しました。
(目だけに)

それがまた今までのモデラーの使い方とはちょっと
異なるためシャドーボックスは奥が深いと思っています。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ





プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索