FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
ネットショップお休みします。理由は
7月末のネットショップの新作販売はお休みさせて頂きます。

もうすぐ今年最後の特別講習の準備や制作があるのと
キャロル・ウィルソンの新作カードが未入荷の為です。
オーストラリアから思うように入らないようです。

8月末にはデザインマットの額をご紹介しますので
是非チェックしてみてください。


このところ京王プラザホテル向けの作品を制作中です。

今までになかった作り方、絵の調達をしていますので苦心の日々。
あぁしようこうしようと布団に横になってからも考えたりします。


テーマはクリスマスでtildaの紙素材を主に使っていますが
絵柄や表現方法は自分で考えて作っています。

クリスマスツリーはついに消しゴムハンコで彫りました。
DSC02990.jpg
全体像と葉を区切って彫った2種類作り、
絵は合計4枚で立体にしています。

シャドーボックスの素材は印刷された絵のほかに
写真やステンシル、今回のようにスタンプを使う方法も可能なのです。

DSC02992.jpg
自分好みの形と大きさでシャドーボックスの表現ができます。

もとは折り紙のクリスマスツリーがあってその形が気に入ったので
図案を起こして彫りました。
DSC02993.jpg
この木の場合↑
実は紙の裏面にスタンプを押しています。

DSC02995.jpg
↑こちらがツリーの完成形!!
杉綾模様の紙でツリーを作りました。
スタンプインクの色を気にせずに作れて便利ですよ。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

花火を観ながら
 足立の花火を見に帰ってきた次女に

「今まで影響を受けた人は?」

等と聞かれてちょっと振り返りました。

両親のほか高校や学生時代の恩師2名が思い浮かびました。

手芸講師を始めてからも多くの友人知人に支えられてきたと改めて感じました。

私は読書家ではありませんがリンドバーク夫人 羽仁もと子氏・・・・
本の影響もありますね。


先生仲間、生徒さん達、業者の皆様、絵描きさんたち

この数年はネットを通じて多くの方と知り合いました。

趣味を介してのご縁は私にとっては格別の意味があります。

好みや価値観が似ていることは幸せなことですし

シャドーボックスに関わる方は良い方ばかりなのです。

毎年花火を眺めながら1年ごとに様々な出来事があり見方があり

あっという間に時は過ぎ行く感が否めません。

心して夏を乗り越えようと思いました。
tilda easter400 
ただ今新宿マルイ本館にて私の作品を飾って頂いています。ウェルカムボードも貸出中
イベントはこちらです。7月31日まで
「Tilda x 北欧雑貨 Nordic Lifestyle」の期間限定ショップがオープン!
皆様是非お立ち寄り下さいませ。
はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

リボンの雨
 生徒のSさんの紫陽花ができました。

成願義夫氏に許可を頂いて印刷したカードです。

額は色を指定して塗装してもらったパールブルーで爽やかに。
お花一つだけなのでちょっと寂しく感じ背景に雨をイメージして装飾しました。

先日リボン専門店で見つけた物です。

淡い水色系でキラキラしていてとてもきれいなのです。

細く切った1ミリ厚の粘着スチロールに貼りつけてから固定しています。

DSC02980.jpg 
このようにスチロールには浮かす、補強する、形状を整える

三つの役割があり、シリコンでは不可能なことも簡単に出来ます。

皆様にも是非活用して頂きたいと思っています。
はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

数と修練
 私は凡人なので自分の才能を信じていません。

手作りに関しても人様から「器用だ」とは言われますが
特別ではない程度だと思っています。

そのため只管 数をこなすこと、経験することが私の中では最も信じられることであり
自信を持つ為の第一歩なのです。
DSC02966.jpg
tildaのウェルカムボードは4月のホビーショー用に制作しました。
リクエストが多かったので教材の準備をしています。
当初は技術も最新で全く教えるつもりがなかったので
今回は材料の調達に苦労しました。



生徒さんが楽しくうまく作れるよう指導するのが講師の務めです。

「先生は器用だから作れるけど私には無理」と思ってしまったらいけません。

例えばカッターで切る際はカッターの立て方、力の入れ方
左手の使い方等様々なコツがあります。

うまくいかない時も明確な原因があるのでそれを
具体的にお伝えしたいと思います。
そういうことも失敗しながら只管数をこなしてやっとわかることだと思うのです。
DSC02965.jpg
繰り返したおかげでマスキングの要領も身に付きました。

慣れてくれば手と目が連動してスムーズに切れるようになり
いちいち考えないものですが私は作業しながら心の中で
教える為に言葉に置き換えるのが癖のようになっています。

ブログもこの秋10周年なのでもはや生活の一部
毎日がネタ探しの状態です。
DSC02967.jpg
これだけやればシルクスクリーンもどんとこい(笑)です。
型のつなぎ方のコツも分かりました。

昔は論理的に説明できないのがコンプレックスでした。
講師業を20年もやっていると
人からは割合論理的だと言われます。
これも繰り返した数、心がけの成果なのかもしれません。
はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

井桁できました
人生初「井桁」を作ってみました。
はまらない部分は金属棒やすりで調整しました。
ジェッソでとりあえず白くしました。

DSC02951.jpg

これができると立体額の支えも手作り可能です。

板を組んであるのでさかさまにしてもバラバラ落ちてくることはありません。

幅のある木を使えばミニ引き出しも作れるでしょう。
忙しいので作りませんけど(笑)

私の木工歴はかれこれ15年程になるので
元祖DIY女子(元)とか内心思っているのであります。

小物中心で電動のこぎりはずいぶん活用してきました。

井桁の写真だけでは寂しいのでクリスマス向けカルチャー作品の部分を。
DSC02959.jpg
赤い房を追加したら長さのバランスが悪くなって変更。
撮影したら一部白すぎて浮くので修正。

その時は良いと思っても一晩経って見ると「うーん」とか
あのアイデアが良いわ!と閃いたりするのが面白く
不思議な感覚です。

紙の表現の可能性を信じ今の自分のありったけの力で臨んだ作品でした。
はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索