FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
定点観測風に
牡丹と藤と鼓を切り始めました。

カードは5枚入りで私は作品の背景に和紙か絹布を用いる予定です。

まずは5枚のカードの余白を切り落としABCDEと記入します。

テキストは今切るシートだけ見えるようにして他は混乱しないように隠します。
(キット印刷のプリントと違っています。)

20senchino.jpg

B全体像の絵柄を切った1時間後です。
bno3.jpg

Cを切った1時間後です。
cno3.jpg

Dを切った1時間後。
dno3.jpg

Eを切った1時間後
eno3.jpg
右がEで左がAの全体像です。Aから抜くピースの輪郭を9割切ってあります。

4時間半で大方は切れたのですが実はこれからが長いです。

(自分の中では切るのは早く、丸み他その他の処理に時間がかかります。)

ただピースの管理はこのようにずっとたった5枚なのです。

切る時はまず螺旋の内側などから抜き、だんだん外側を切ります。

その方が押さえる部分が多く安定して切れるからです。

また絵をひっかけないよう突出した形にしないで

「わ」の形で切り細かいピースは橋を渡すように繋げながら切っています。
(Cの上部 藤の葉の外周など)

9割以上の輪郭線を切るようにして少しだけ繋げ

ピースを切り離さないで切り口の処理と丸み付けもできる範囲で行うので

私は番号も振りませんし袋や容器に入れる手間がありません。
 
ピースを無くさないしこの方が丸みが揃うと思います。
参考になさってください。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 
ビーズの鉛筆
「便利グッズ」と聞くと興味しんしんになる性分です。

最近では卵に小さな穴をあける道具を買って(108円)
DSC02849.jpg
茹で卵を楽勝で殻むきしています。
DSC02850.jpg


しかしながらたいして役に立たない=無駄遣いになるのは困ります。

その狭間で揺れる心・・・今回はお値段も手ごろでしたので試してみました。

ビーズをくっつけられる鉛筆
bizuenpitu1.jpg
白い鉛筆を削りまして芯の先端にビーズを付けました。
bizuenpitu2.jpg

付くような付かないような微妙な感じなのですが 付きます。(笑)

(小さいビーズは大丈夫ですが径が8ミリとかある大きいのは明らかに無理でしょう)

べたべたするわけでもないのにくっつくので不思議です。
仕組みはどうなっているのやら?

明らかに中国製の側面の文字。

値段も缶ジュース以下ですからしばらく便利に使えそうです。

この1年あまり粘着綿棒も便利に使ってきましたがこちらの方が半永久的に
鉛筆一本で済むなら更に良いかもしれません。

詳細はこちらで
ご要望があればネットショップ(6月末から)でも販売します。
カードキットとご一緒なら送料無料ですので
私と似た性分の方はどうぞ。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

アンテナショップ
最近銀座を歩いておりますとアンテナショップがたくさんあって誘惑されます。
28店舗!!まさにひしめきあって激戦区ですね。 地図はこちら

私の以前からのお気に入りは「北海道どさんこクラブ」でよくソフトクリームを頂いたり
ロイズのチョコレート菓子を買い求めます。

高知のショップ 広島のショップ 沖縄 大阪と入った事があります。

一昨日は石川県のショップに行ってみました。
いしかわ百万石物語・江戸本店

来年5月10日から15日21世紀美術館での合同展示会に参加する為
資料を頂きました。

2階のコンセルジュさんがお勧めのランチや
バスで便利に市内は周れる事を教えてくれました。
DSC02826.jpg
生徒のWさんの作品
DSC02825.jpg
サカイタカシ氏の絵柄で簡潔で美しいブルーのお花のカードを立体にしました。
私はとても好きな作品です。


いくつかある美術館のパンフレットも頂いて心強いです。

参加する方は是非お立ち寄りくださいね。

ノドクロも5月ならまだありつけるそうですよ(笑)


私は欠かさず愛飲している献上加賀棒茶を買いました。
中田屋さんのきんつばも美味しかったです。

次回はお店で金箔コーヒーなんか飲んでみたいです。
それも輪島塗や九谷焼で味わえるそうです。
なかなか買えない伝統工芸品なので嬉しいサービスですね。

新装開店した銀座伊東屋へ
 昨日正午にOPENした銀座伊東屋へ行ってきました。

老舗文房具店はどう変わったか楽しみにしていたのです。

改装前は定期的にここの9階のギャラリーで合同展示会をしていました。

びっくりしたのは1階にドリンク販売があったり
11階ファーム(農場)とあったので何かと思ったら本当にお野菜をクリーンに育てていたりしたことです。

銀座生まれのお野菜は12階のレストランで頂けるそうです。

他の文房具店には置いていない気のきいた物を多く揃えた感じがして
売り場はあたたかい印象ながらすっきりしてモダンでした。

紙の竹尾さんのフロア7階
竹尾見本帖 at ITOYAは圧巻でグラデーションで並んだ紙が美しく
そのまま見本をレジに持って行って紙が買える仕組みでした。

さっそくわんちゃんの水玉の背景に置く紙を買いましたよ。

色々試すことができるコーナーが多く時間があったら
クラフトパンチで抜いてみたりして楽しめます。

「さすが伊東屋」とお客さまがつぶやくのが聞えましたが私も同感です。

近じか行こうと思っている方へ
上りのエスカレーターが付きました。
エレベーターは中央と奥に2基ありますが結構混んでいます。
エスカレーターで上がりながら見て歩いたら上からエレベーターで降りると良いでしょう。
階段が途中(売り場でないフロアー9階)で途切れて使えなかったりします。

私は8階で1080円の体験(かわいい箱作り)をしました。

スクラップブッキング用の紙たった1枚を無駄なく切って折って貼って
一つの箱を作っているのです。(中の水玉エンボスの紙は別途)
色々なアイデアがあって勉強になりました。
papie hako
(画像をお借りしました。)

明日明後日はミニアルバム作りだそうです。

パールは糸に通す?
もう20年以上経ってしまいましたが

私がカリフォルニアにいた頃は子供も幼く湾岸戦争がありました。

手作り好きの私は週に一度位一人ぷらぷらと手芸屋さんを見て回るのが楽しみでした。

当時日本では見かけない素材も多く並び、使い途も確定しないまま購入もしました。

ブランドのバッグを買うよりかわいい手芸材料をお小遣いで買う方がときめいていたような・・・

その筆頭に挙げられるのがパールの紐状につながった素材です。
DSC02830.jpg
色も何色かあり径も少し違いますが白パールが鉄板でしょうね。

今まで私の樹脂作品でもよく使ってきましたし
昔は子供の布製レッスンバッグに縫いつけたりもしました。

帰国後ユザワヤ 南千住店で見つけて一度ロールで買いました。

でも今はもうお店ごと無くなってしましました。(泣)

多くの物が水もので、素材もある意味で一期一会と感じます。

最近ブルーのプラークが大人気でついに無くなくなってしまいました。
DSC02828.jpg
この作品では一周70㎝あまり必要なのです。(これで360円)

無くなったからと言って今更ビーズを一つずつ糸に通す事等考えられません。
楽を覚えたら後戻りできないのが人の常(笑)
(知らない方は1個ずつ通していると思うらしいのです。)

生徒の皆様また調達できることになりました。

実はもしもなかったらアメリカの従妹に頼もうかと思っていたのです。
(ご要望があればそのうちショップで10㎝単位で販売します。)

探しまくること数時間・・・・
こうやって手芸講師の1日はあっという間に過ぎていくのでした。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索