FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
2015シャドーボックスインジャパン
東京フォーラム ロビーギャラリー
今日からシャドーボックス・イン・ジャパンが始まりました。(日曜の17時まで)

門下扱いの裏口さんをはじめたくさんのシャドーボックスを愛する方々が出展しています。

私は今回参加しておりませんが是非皆様に観て頂きたく勝手に応援しております。

実は今日夕方伺って裏口先生 河村先生 三浦先生 関口先生 ABCクラフトKさん
吉野先生、柳澤先生、杉本先生、小野先生、竹歳先生、堀先生・・・・

ほんの少しずつお言葉を交わしましたが観る時間がなくなってしまいました。
兄嫁から筍が届く予定でしたので帰宅時間が気になっていました。
(余談ですが届いた筍はもう煮てあって
おこわができるようにもち米とレシピまで入っていて感激!!ありがたや~)

というわけでとても200点弱の大作は2時間位では見られず
再び土曜の午後に伺う予定です。
やっぱり先生方とお話しするのが楽しいのだと改めて思いました。
全国から集まっていますからね。

ちらっと観た限りでも作品は見応えがあり力作がそろっていました。
やはりこの全国規模の展示会も会を重ねる毎にレベルが上がってきています。
関わる方々の工夫と努力に頭が下がりました。

販売コーナーには珍しいキットがありますのでのぞいてみてください。
アトリエサンアートほか 3DSBA理事の田中先生や
裏口先生も参加して珍しいレイチェル・エレン等のキットがあります。

私は今回写真撮影は遠慮しました。
会場の様子はこちらでどうぞ動画はこれからアップされるそうです。

そして明日はホビーショーです。シャドーアートABキューブの場所をメモしました。915です。

tilda会場の中央あたりアベニュー39 A4に私の作品が飾られる予定なので宜しくお願いします。
carol no cyuripu
生徒のSさんの作品です。木の台に乗せています(記事とは関係なく)
DSC02617.jpg
樹脂も奇麗にかかりました。
マッキ―25周年
数日前に東京フォーラムに行ってきました。

マッキー(槇原敬之君)のコンサートLovable People  

次女がチケットを取ったので誘われたのです。

いつの間にか25周年ですって。

8人の力あるミュージシャンの音に支えられて改めて天才だと思いました。

音楽性は勿論のこと
何気ない日常を切り取りながら胸に響く詩を書く才能がすごいですね。

このごろあまり中身のある唄がないように感じて
自分の感受性が鈍ったのではとも思っていましたが
そういうことではないのかも・・・・

聴く方も年を重ねてわかることがあるし
作る側が年を重ねて書ける唄もあるでしょう。

またしっかり彼のCDを聴こうと思います。
DSC01697.jpg

そして今週水曜日はまた東京フォーラムへ。
シャドーボックス・イン・ジャパン 大作を拝見しに出かけます♪

明後日はホビーショーへ。
私の作品は会場中央あたりにあるAvenue39のA4
(先日はA2と書きましたが最新情報ではA4となりました)
井上ひとみ先生(カルトナージュ)×tildaのブースに飾られる予定です。

朝顔
そろそろ朝顔の種を撒くころでしょうか?

1年が早くて驚いてしまいますね。

来週はイベントが盛りだくさんです。


私は水曜日に東京フォーラムに出かけます。

今回私は出展はしておりませんが大阪の講師 裏口さんが

レイチェル・エレンのノアの方舟を出展しますので楽しみです。
DSC02633.jpg

水曜日はビッグサイトのホビーショーへ。
私の作品はブース番号A4 (39アベニュー内)「tilda」さんに飾って頂く予定です。

ご依頼頂いたtildaさんのペーパーパッドを主に使っています。
4月末まで京王プラザホテルに飾って頂いている卵のリースはこちらで作りました。
今回ホビーショー向けの制作ではこちらを主に使いました。

本当に可愛い素材ですよ。私の好みなので楽しくて3点作ってしまいました。(笑)
生徒の皆さんにはティカップやシルクスクリーンのウェルカムボードが作れるように制作しました。
今後教室で希望する方にはお教え致します。

今年はシャドーボックス関連はシャドーアートABキューブ
ヂャンティあたりで少ないかもしれません
(アトリエサンアートは東京フォーラムで販売します)
MG hana 
空色の朝顔を空色のフレームに収めました。
爽やかですがすがしい作品ですね。
O様夏のインテリアの準備は万全ですね。
sorairo MG 

商標登録のお話
「シャドーボックス」を商標登録に出願した企業があると聞いて調べてみました。

シャドーボックスはアメリカでは立体的な額を指す場合が多いです。
DSC02647.jpg
ホビーショー tidaさんに飾って頂く額作品です。
今は販売していないtildaさんのとてもかわいいティーカップの生地から
図案を起こして紙で再現しています。今年のテーマは「ありがとう」


日本では駐在で海外へ渡った婦人たちがクラフトアートして持ち帰った
立体額絵をシャドーボックスと呼ぶようになりました。
印刷されたプリントを複数枚切って表情をつけてから貼り重ねて再構成し
立体にして額に収めて飾るのです。

額作品の二つ目はおもちゃ屋さんをテーマにしました。
DSC02639.jpg
看板の文字はとても細い為赤い色の紙を立てて支えています。
DSC02640.jpg
お店のウィンドウには透明な板を入れてガラスの表現をしました。
でも気づいてもらえないかも・・・と思ってシルクスクリーンで模様を入れました。
鳥籠もメチャ繊細でしたよ。

今は作っていないけれど例えば「シリコンバレーでお友達と作ったわ。」
等経験のある方は数万人単位でいらっしゃると思います。

1年半おきに開催される全国規模の展示会では
200人弱の先生、講師が参加されています。(メンバーは一部入れ替わっています。)
来週水曜から東京フォーラムで「シャドーボックス・イン・ジャパン」が開催されますが
万一企業が商標登録を取得したら今後はそのような名前の展示会も開けなくなるのでしょう。

私のネットショップだけでも数100人のお客様ですし
はっきりわかりませんが愛好者は1万人は下らないと思います。

私はこのクラフトアートが廃れず普及発展するように願って活動してきました。
「シャドーボックス」という言葉が自由に使えなくなったら大変ですので
行動をおこすつもりです。
DSC02643.jpg
welcome作品はこの右側と下側ににちょいと工夫をしています。
背景はシルクスクリーンのレース模様を入れてレジンで仕上げ♪
黄昏時に撮影したのでレトロな色合いですが実際はsweetな作品です。
以上3作品 是非会場でご覧になってくださいね♪


特許庁に問い合わせたり シャドーボックス関連で既に商標登録をした方に聞いたり。

過去に「シャドーボックス」では取れなかった事例もあるのですが審査する時期によっては
却下される保証はないそうです。

大変に困ったお話です。
こういうことをしようと考えるのはシャドーボックスが有益で魅力があるからなのでしょうか?
その会社が今までシャドーボックスの額やキットを作ってきて
多少なりともこのクラフトアートに関わってきたのならまだしも
そういった認識は私にはありません。

私は絵など描く方の著作権は尊重していますが
権利等企業に主張されずに愛好者と楽しく作っていけたら良いなぁと願っています。

写真立てに作り直し
桜の作品をお世話になった方へ記念写真と一緒に額装したいと仰るK様。

窓を二つ開けてみたのですが少しさみしい感じがしたので

桜のクラフトパンチで装飾しました。
sakura nohana wa
淡い色の紙はマット紙ではないのでクラフトパンチで抜くことができます。

抜いた部分には絹の布を裏から貼っています。



そのままでは作品の深さと写真の高さに開きが出る為
写真を貼る部分は10ミリ口ロールで上げてバランスを取りました。
Ksama syashin

きっと喜んで頂けますね、K様!


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索