FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
額装はいかに?
 
kado sakuhin gaku
とりあえず規格の黒い額に入れてみました。
オーダー額とデザインマットは注文中です。

もとのカードを土台に使って額装する場合はこのようになります。
テキストでは1枚目のAの土台がこの部分で
カードが見開きなので全て作ると八切りサイズ27㎝×38㎝の見応えある作品になります。
お正月向けカードですが1年中飾れるのが魅力だと思います。

中央に折り線が入りますのでモデラーで少し凹凸を潰しましょう。
私は絵柄部分も表裏潰して目立たなくしました。

kinu sakuhingaku
私は背景を梅模様のグラデーションの絹にしました。
随分探してイメージ通りのものが見つかりました。
サーモンピンクからピンクへ色の変化があり梅の地模様が入っています。

これだけでも良いくらいですが梅模様のデザインマットを入れる予定です。
最後にブリッジでつないだ部分を切り落として固定します。

飛んでる梅はブリッジで浮いていますが
制作途中はおまぬけでも大変便利なんですよ。
ピースの管理が省けますから。

一つだけ額装するなら多めに(余った)梅を散らしてバランスを取っても良いでしょう。
カードはアレンジできるように一応残りを保管しておくのが基本です。

やはりおめかししたくなり
ア赤いビーズを梅に見立てて周囲に散らしました。

絹の布は白い台紙にぴったり両面テープで全面貼ります。
この布はいずれ額が出来たらまた受注で伺う予定です。

たくさんの方がこの作品を作って笑顔になれたら嬉しいです。
シャドーボックスらしい面白い作品かなぁと思っています。
ume last - コピー
はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村



抜く表現 貼る表現
ラストは大きい梅の紋様で
藤や梅の花が組み合わさった絵柄です。
DSC01322.jpg
図案化された三つの梅には滴模様が5つ入っています。

この場合滴の部分を切り抜くのか
または滴に切りぬいたピースを貼り重ねるのか迷いました。
抜いた切口はピンク色の濃淡で塗り、隙間から見えないように
梅の支えの配置に気をつけます。

ルールはないので好きにして良いのですが
抜くのも透かし切り風でアクセントになるかと思いました。
DSC01324.jpg
小さい滴の切り方はこのようにしてから丸みです。(上の写真右下)
カッターで全体をやや大きく抜いてから(写真左 抜けた跡)鋏で切り直します。
この図案は「 光琳向こう梅」 と呼ばれるらしいですが
5つの滴の(12時の部分だけ丸みをしています)が丸みと色塗りの後カッターで
つながった部分を切り離します。

大きいオレンジのお花には木工用ボンドで貼りました。
ねじり梅(捻じ梅)風にカーブさせて切り込みを入れるのが私の好みです。

こちらは赤い外の枠が梅に食い込む図案ですね。
忠実に作るなら梅は枠の下に収めないといけません。
私は枠の上に出して立体感を強調しました。
まず梅の花弁は一箇所だけ二重にして赤い枠を消しています。
(テキストではバランスを取る為に2箇所切り取る指示をしましたが一箇所で結構です。)

白い縁の赤い部分は白ジェッソで塗って目立たなくしました。
ジェッソがない場合白い絵の具や白いマニキュア、修正液でも代用可能かもしれません。
予め要らない所で試してニスをかけてみてからお使いくださいね。
DSC01343.jpg
はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村


スチロールを保護色に
右下は三つの梅紋様が重なった構図です。
桔梗 紅白の梅 藤などのアソート(多品種)です。

この部分だけを作って20㎝位の額に収めても素敵な作品になりそうですね。

下側の桔梗はくぼむ部分とめくれた花弁の立体感を意識して組み立てましょう。
kikyou2.jpg 

2ミリ幅で切った厚さ3ミリのスチロールは切り込みを入れてカーブを付けましたが
2ミリでもはみ出しそうになるので1.5ミリ幅に切り
さらに保護色作戦を決行しました。
kikyou3.jpg


斜めから見ても外の縁と同じ色にスチロールを塗れば違和感がありません。

私はアクリル絵の具で塗っています。
皆様はアクリル絵の具を持ってないかもしれませんので
多少なりとも色を付けて頂ければ良いと思います。

赤い外枠も塗りました。
hogosyoku.jpg
はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村


ビーズについて
DSC01323.jpg 
梅の部分は少し細かいですね。
12時の位置の梅のつぼみが3個枠の上の重なっています。
5枚のカードでは取りづらいのです。
例えば1枚目土台 2枚目梅の土台 3枚目枝全体 4枚目実全体 5枚目一番上の実
という理屈で切り取りますがぎりぎりになります。
そこで実の大きさが一緒の他の余ったつぼみを拝借して貼り付けます。
テキストにはその指示があります。

お手持ちのニスと紙質の相性を不用な絵柄部分で確かめて良ければニスで仕上げます。
各ピースは少し浮かせてあるのが前提です。

私は必要なビーズの数を何回も確認して調達したつもりでしたのに
いざ貼って見たらば足りないことが判明しました。(汗)
赤い梅にはオーロラのビーズを5個
白い梅には赤いビーズを9個花芯に貼ります。

赤い縁取りの白い梅には透明なクリスタルビーズを貼ってください。
自分で作った粘着綿棒と1ミリの幅で出る木工用ボンドを使えば簡単です。
kinu sakuhin umebizu
花芯がきらっとしてときめく作品になった気がしています。(笑)

はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村


右上の撫子 ほか
お知らせ
毎月恒例の25日0時からの売り出しは今月夏休みを頂くことにしました。
減力運営はしておりますが梅他クリスマスキットを22日から24日に発送致します。
御予約くださった皆さまどうぞお楽しみに!

春秋紋様今日だいたい出来ました。

右上にあるのはピンクの撫子?紅葉やキバナフジ?ミックスです。

花が枠の下にあったり
上にせり出したりしていますのでこの部分はちょっと工夫しないといけません。
migiue.jpg
だいたい出来てニスをかけたところです。艶がつくと色味が落ち着きます。



テキストでは順番を考えて指示してありますが
前後が番号で書ききれませんので絵柄で確認してください。
DSC01313.jpg

枠を3ミリ持ち上げるのなら下から上へせり出すのでも作れますが
中央のピンクの撫子で隠れる部分は切り込みを深く入れて
上へひっぱり上げるようにします。

この配慮一つで枠の上に葉や花が出しやすくなるでしょう。

撫子の中央の花芯は大きなスタイラスがあれば
裏返して上から垂直気味に丸みを付けてください。
無ければ絵筆の端やペンのおしり等を利用します。

藤の花も余力があれば花弁だけを重ねるとさらに立体的になるでしょう。
DSC01310.jpg
梅の花芯は左下のようにまず先端を丸くしながら外周に沿って気をつけて切ります。
その後しべの間の空間を落としていきます。
尖った部分が出来ないように切る最も合理的な方法だと思っています。
DSC01311.jpg
梅の花弁の隙間 微妙です。

テキストは細かく書いているつもりですがさらに工夫して
切って貼って頂けたらと思います。
私は一応中級者レベルを想定して書いていますので。

はげみになりますので下のバナーをポチとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村



プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索