FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
羽子板が復活!?
先日生徒のSさんが作られた羽子板は寅年のもので虎の絵柄の乗った扇子を謹賀新年シールに替えて
毎年飾れるようにしました。
DSC00156.jpg
残っていた在庫を皆買い占めたのですがまだこのカードを欲しい方がいらっしゃいました。

過去のカタログをよくよく見たら
「歌舞伎の鏡獅子の顔の羽子板なんか怖くて嫌ぁ」と思っていたのですが
扇子の形になっているので

「なんだ寅年みたいにアレンジすれば良いのだわ」と気付いてしまいました。

今頃気づいた感もありますが(笑)

またまた廃番のカードを買い占めました。

この年末の御紹介では完璧に来年用ですけどね。

木に乗せたい方、絵の具を持っていない方もご安心ください。

額に収める場合は粘着スチロールセットの黒5ミリ厚を使えば楽勝です。
SENSU.jpg
このように中央に絵柄を貼る時はカッター台の升目を利用すると計らなくても良い位置に貼りやすくなります。

扇の台紙、和紙もおつけしましたが
作り替える為の謹賀新年シールが6枚しかないのでシールつきは限定6セットで完売しました。
尚謹賀新年シール無しで良ければ1250円でお送りします。
箸袋の寿の金文字や古い年賀状の迎春や賀正を切り取って貼れば代用できます。


ブログランキングに参加して励みにしております。
下のシャドーボックスのバナーを押して頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
ガラス・エッチングで額装を
生徒のSさんがダークチェリーの作品を作られました。
今回はチェリーの周囲が石の壁風に描かれマットみたいに囲む絵柄です。
背景には黒のハイミロンを貼りました。

DSC00183.jpg
彼女が教室に入りたての頃に私がエッチングの技法で周囲に模様を入れた額を利用したいとのこと。
このままではカードと周囲の黒い土台に段差があってエッチングの模様が良く見えないので
模様がきれいに出るように考えました。

当初はグリーンの紙を選びましたが赤い紙にしました。
sakuranbo ecching

寒いせいかクリスマスのせいか・・・・
潜在意識で選んだ気もしますが、やはり赤はかわいげがありますね。
sakuranbo gaku

金の珍しい重厚な額ですがマット無しです。
エッチングのお薬(劇薬)が固まってしまい最近やっていませんがまたやりたくなりました。
自分で曇りガラスにする方法ですが実は案外簡単なのです。

ブログランキングに参加して励みにしております。
下のシャドーボックスのバナーを押して頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
花と雪のオーナメント2
花と雪のオーナメント 2

今回はシリコンを一切使わずに作ってみました。

粘着スティロールは今回多くの部分で1ミリの厚さがお勧めです。
スティロールはまず細長く2㎜幅に切って剥離紙をはがしながら鋏でチップに切って
左手の人差し指に乗せながらピンセットで貼って行きました。
4 1miri suchiroru
接着剤で一切手が汚れませんし小さな実や小花も簡単に持ち上がります。
本当に小さな実は2ミリ角のチップを使いました。
接着は1ミリの幅で出る木工用ボンドを使います。

リボンの部分にはワイヤーを貼りました。
私はチェーンに小さな穴を空けたのでこちらのワイヤーは見えても良いように予め水色に塗っています。

今回使った粘着スティロールは円形に切って裏にも貼っています。大きさを変えて2枚3枚です。
オルファの円形に抜くカッターを使いました。

スチロールは適当に切って支えればその時は良くても時間が経つと紙の吸湿により歪む事があります。
どうしても出てくるモデラーによる変な歪みも支えるスティロールの形によって補正できると私は思っています。

金の花は細かいですが切り込みを入れると華やかなかわいい小花になりました。
hanatoyuiki kansei
高さのコントロールをする際
例えば花の裏面にスティロール貼る場合とこれからピースを乗せる土台側に貼るのと臨機応変にやって行きます。

1ミリのスティロールは重ねるのが簡単なので高さのコントロールがしやすいのです。

バランスを取りながらボリューム感を出しつつ毬状に組み立てるのが目指すところですね。
hanatoyuki zentai
キットを持っている方は是非参考になさってくださいね。

ブログランキングに参加して励みにしております。
下のシャドーボックスのバナーを押して頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
花と雪のオーナメント作り方1

花と雪のオーナメントやっと作りましたので持っている方は参考になさってください。

手順としてお勧めなのはまず輪郭をカード毎に繋げて切っておくこと。
縁の色を塗って丸みを付けてから番号順に並べて行く方法です。
ha and yuki1
5枚のカードをバラバラにしないで切り、縁に色を塗りモデラーも当てます。
3mejirushi.jpg
丸い実などは切り離す前裏面の12時の位置にマークをしておきましょう。
絵柄を合わせる時に上がどこか分かると効率が良いです。
2kiriwake.jpg
一応ほぼ番号順に並べてみました。

テキストに沿ってピースを並べたら部分的に組み立てます。
5kumitate.jpg
こんなにたくさんあったピースが
6kumitate.jpg
これくらい減れば合わせやすくなります。

ブログランキングに参加して励みにしております。
下のシャドーボックスのバナーを押して頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村


仕上げ
ネットショップよりお知らせ
この秋人気だったオーナメント2種の額を受注でお作りします。
また新作のカード用にも額と特注マットをご用意しますので欲しい方はご注文ください。

DSC00146.jpg
先日樹脂を掛けて固めていた生徒さんの作品が完成しました。
この重厚な皮膜は陶器にしか見えないですね。

周囲の木枠も手作りしています。木の厚みが1㎝ちょっとあり作品はその高さで収まるように。
足元は木の上に接するくらいにして床に立っているイメージで安定感を持たせています。
(絵柄は開高悦子先生のプリントです。)

DSC00143.jpg
アンティークなえんじ色も無地に塗ったのでは面白くないのでレースのシートを使っていますが
それを金(ブロンズに光る)に塗ったのが初試みでした。
金の絵の具も何種類もあり明るめの、やわらかめ、茶ぽいのと色合いも様々なので
色見本でチェックしてから選びます。
karend.jpg
通常はこんな使い方をします。
こちらは万年カレンダーで橋本不二子先生の絵柄を立体にして樹脂で固めた物です。
下側のカレンダーの台の方に使っています。
こちらはベースを薄紫に塗ってからそのまま白いレースのシートを貼り付けて爽やかにまとめているのです。

同じ素材でも激変したと思っています。

仕上げをもうひとつ
DSC00162.jpg
生徒のKさんは先日の八角系の額に入れた芍薬の周囲にパールのビーズを施しました。
これは伊東屋展に出したコラージュのテクニック(ステンシル型&エンボスペースト&ビーズ)なのですが
今回はパールビーズがグラデーションなんですよ。
アイデアが様々に変化しながら作品に生かされるのが面白いですね。

ブログランキングに参加して励みにしております。
下のシャドーボックスのバナーを押して頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索