FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
見本帳作り
作成する時は少し大変でも後で何かと便利なのが見本帳だと思います。

今回はスワロビーズの見本帳を作ってみました。
DSC09364.jpg


サカイタカシさんのカードを利用したシャドーボックスキットに
アクセントとしてビーズをあしらうのが気に入っています。
DSC08838.jpg

スワロビーズはお店に行ってカードとにらめっこしながら
長い時間かけて最良と思う物を選んできました。
今後はうちでじっくり選べるので時間が短縮できそうです。

それに色の確認は太陽光の元でするのが一番良いですね。
DSC09194.jpg
ビーズを選ぶ時は色合いや光り方
数種類なら色調のバランスや位置などを考えています。
スワロの貼りつけタイプの出番が多いですが
金や銀やパ-ルの玉状ほか様々に選びます。

でもあまりにビーズを多くすると本末転倒になるし
ビーズ代がかさむのもなぁ・・とあれこれ悩むわけですがそれでも楽しい時間です。

新作キット2種にも選んでみました。
ご紹介は次回に。

皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

40万という数字
まったく天文学的な数字だと思います。

ブログを長く続けて来てのべのお客様のカウンターの数字がもうすぐ40万だそうです。

ささやかなプレゼントをご用意しておりますので40万を踏んだ方は鍵コメでお知らせください。



さて梅雨も本番ですね。

昨日ある方に「下町に住んでいる」と言ったら「2番目に住みたい場所(1番は逗子)です」と言われました。

交通マナーの悪い方いっぱいで、しゃれたケーキ屋さんもない町ですが

今日はやっぱり暮らしやすいかなぁと思いました。

梅ジュース用に買った青梅4キロがたったの800円!

懐に優しいですよね。これで夏は梅ジュースが飲み放題ですよ(笑)

実はこの価格今年に限った事ではありません。

梅ジュースを作りたい地元の方は関原商店街 あの有名な八百屋さんへどうぞ!!
たぶん青いのは今週が「買い」ですね。
DSC09356.jpg

皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
背景に絵がある場合と絵がない場合
多くの場合シャドーボックスでは素材のカードをそのまま生かして土台として1枚目の絵を貼り
その上に立体的な花などを貼り重ねていきます。(景色などは確実に使います)

下に絵があるとそれがガイドの役割をしてくれて重ね易いのですが
層になってうるさく感じる場合もあります。

植物の場合は茂みやリースですと層で表現するのが効果的だと思いますが
今回の図案化された花束ではすっきり簡潔に表現したいと思いました。

DSC09360.jpg
上の写真の中央が土台のカードで真中に置いたのは5ミリ厚のハリパネです。
カードの裏の白無地の部分を花の背景の白いボーダーの大きさに切り取り中央に固定します。

DSC09362.jpg
↑こちらは土台のカードに花束を重ねた場合。
下に絵があるので層で重なった印象があり部分的に茎などが多く見えますが手が込んだ感じがあります。
DSC09363.jpg
中央の白い短冊の紙を置きその上に作品を乗せた場合。作品だけがすっきり浮いた印象で
絵のずれを気にしないで良くなります。(今回は左右からは土台の絵が覗いています)

層にするのかどうかは自然な印象にしたいのか工芸的な手のかかった印象にしたいのか・・・・
一長一短ありますしどちらが良い悪いでもなく単に好みの問題です。

私自身絵柄に合わせて変えています。参考になさってくださいね。


皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
草原の花束
サカイタカシさんの新作は
左右のmeadow色のボーダーが特徴的なカードです。
DSC09352.jpg
新作キット用に候補のカードがいくつかある場合直感重視なのですが

今までなかった雰囲気のカードを選ぶようにしています。

私は穏やかなパステル系の色合いが好きなので自然生徒さんもそのような好みの方が多いです。

シャドーボックスにすると陰で陰影が濃くなり深みが増すのでパステルでもぼやけた印象にならず
さらに言うなら淡い色合いのプリントの方が向いていると思います。
DSC09355.jpg
全体像を切り抜きいくつかお花を重ねました。

1枚目の右上のカードが全体の輪郭ですかし切りをしています。
茎の下部など部分的に「わ」にして切ってあるのは紙が引っかからないように
強度を保持するための配慮です。

今回は5枚のカードを使っていますがこのようにまずはテキストに沿って
出来るだけ繋げた状態で切るだけ切り縁(紙の断面)を塗り
丸みをつけて部分ごとに切りはずして組み立てます。

それが長年やってきて行きついた私の合理的な作り方です。
ピースを確認したり探す手間がないので効率が良いと思います。


皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村
生まれた街へ
musashikoganei.jpg
昨日お知らせした吉野智子先生の展示会に伺いました。
緻密で層の重なりが重厚な作品の数々・・・
額の工夫も多く充実した内容で大変勉強になりました。

午後はイラストレーターのしまだひろみさんと吉祥寺をぶらぶら。
美味しいランチを頂きかわいい物を物色井の頭公園で高校時代のデートを思い出し・・・
とても楽しい時間を過ごしました。

私の生まれたのは吉祥寺の病院だそうです。

本当に50年なんてあっという間です。
e01b42dc923f81534b10e5d23483c3b5.jpg
思い出しついでにこんな物をご紹介します。
伯母の結婚相手が米軍に勤めていたので私は府中の米軍基地に行ったこともあり
幼い時はよく伯母の家に遊びに行って、このお塩を食卓で見ていました。
子供の時脳裏に焼きついたパッケージなのです。
ふと先日思い出したので調べたところ「SALT GIRL」(塩娘?)と呼ばれ
多分アメリカでは知らない人はいない有名な物です。パロディもいっぱいです

雨でも湿気らないお塩だということを示しながらかわいくて印象に残るので
商品パッケージとしては大成功ですね。
私のように50年近く経っても覚えているのですから。

梅雨の季節爽やかにすごしたいですね。

皆様のご協力に感謝致します。励みになりますのでポチよろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索