最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
全てに恵まれる人はいない
年を重ねていくと面白いことのひとつは

「気づき」が増えることです。

若い時には分らなかった物の道理や

人の温情や機微

おいしい話には裏があること・・・・

自分が生かされている事や親の愛情他

精神的には多分豊かになっているように自分では思います。

私にとって「プライド」というのは富や名声ではなくて

誰かの為になるように力を尽くし
年老いても人の世話にならずに自力で暮らすことのできる状態にあるように感じます。

上昇志向は大切ですが

与えられた物、人、縁に感謝しながら今年も一歩ずつ。

写真
ラブリーな雪だるま(夫作)高さ10cmほどです。
夜は爪楊枝をシーハー。
yuki daruma

「自画像か!」と夫に突っ込みを入れました。(笑)


vpvpwiki.png

シャドー愛好者でいつも展示会に来てくださるkanjuさんの作品が取り上げられました。
ほぼ等身大初音ミクちゃんが半立体で音楽つき!!
目覚しく進化して もはやシャドーの枠を飛び越えてます。
面白いので是非ご覧になってくださいね。
実用と装飾と
DSC06708.jpg
役に立つ物

役に立つことが基本的に好きな私です。

なので自分が手作りするのも実用性があると嬉しいのです。

樹脂も単に装飾作品がピカピカになるだけでなく

スイッチカバー、ウェルカムボード、お盆など使える物にかけますと
堅牢な皮膜になります。

先日はマグネットのエポキシレジン仕上げをしたおり

初めてメジャーにもかけてみました。
DSC06709.jpg

お気に入りの絵を貼り樹脂で固めています。

シンプルな巻尺がオリジナルになりました。


出産祝い
生徒のIさんとのお付き合いは私の次女が小学1年の時から。
気がつけば20年近い・・・。

もうすぐお嬢様にはじめての赤ちゃんが生まれそうで
楽しみと心配でどきどきのご様子です。

コピー ~ DSC06690

こちらは先日張り切って完成されました。
かわいい出産祝い用のシャドーボックスです。

昨年ホビーショーの前後で人気だった おフランス製ポストカードシリーズの一つ。

DSC06692.jpg

紙が固くてもなんのその!
ギンガムチェックのベビーカーにポップなお花
ちょっと青味の葉の色が個性的でしたがやっぱり作ると映える絵でしたね。
額装も変形マットで一味変わりました。

幸せが溢れてこちらまで嬉しくなってしまいます。
今年のハローウィンに
今から準備万端です。(笑)

コピー ~ DSC06694

生徒のSさんが制作したかわいい作品です。

もともとはペーパークラフトのキットなので
額に入れてちょっとシャドーボックスらしく持ち上げています。
コピー ~ DSC06693
クロネコちゃんのはいたかぼちゃパンツがツボです。

かぼちゃの顔をカッターで抜くのは迷う所ですね。
丸い形状重視であえて今回はそのままです。

マットは茶色い紙を選んでマットの上にもモチーフを配置しました。

楽しんで作られたのが良く伝わってくると思います。


今日は塗りday
今回の絵柄「苺泥棒」は層で重ねて高低差をつけるため6枚の絵で多い所は4から5枚
段々に透かし切りして重ねます。
図案化された植物や鳥なのでモリスの絵は層にして面白い効果が出ると思っています。
だから私はシャドーボックスに向いていると思うのです。

普段は大抵鋏で切る方針ですがA2サイズだと大きいのでそうもいかず
カッターを4本並べて刃を替えながら切っていました。
DSC06686.jpg
でも昨日一昨日と透かし切りを調子に乗ってしていましたら
手が痛くなりました。

手は私の最も大事にしないといけない部分ですので休めるため
今日は塗り仕事にしました。

DSC06689.jpg
ところで「塗る仕事ってシャドーボックスにあるの?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

絵の白い切り口は皆さん色を塗りますけどね。

絵柄を浮かす時にシリコンかスティロールを使いますが
そのスティロールの断面(側面)を絵柄と同じ色で塗っています。
これは私のやり方で皆さんはやっていないかもしれません。
絵柄の残りを側面に貼る方法は良くありますが。
今まで黒い背景だと黒いスティロールを使いましょうとは
良くコツとしてご紹介して来ましたが
私はアクリルペイントで絵柄に近い色を塗っています。
DSC06687.jpg

作品を正面から見ればスティロールはまず見えませんが
斜めから見たらどうしても見えることがあります。

見えないようにスティロールを内側に配置したり
層で重ねて隠す方法もありますが
私は見えても気にならない保護色に塗りしっかり支える方針です。

丸善の展示会に出した2作品も今までそうしてきましたが
支えが目立たないので気の付いた方は少ないかもしれませんんね(笑)

絵柄が微妙なニュアンスなのでスティロールもアクリル2~3色を混ぜて
敢えて均一にしないように塗りました。

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索