最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
圧倒される展示会
シャドーボックスを愛好する皆様にお知らせです。
DSC05612.jpg

ただ今アトリエサンアートの展示会が船橋駅前で開催中です。

関東近県の方は是非是非お出かけ下さい!
↓河合幹子先生のミュシャ。大変凝った作りに感動致しました。
DSC05623.jpg

質・量共に見応え充分です。
DSC05587.jpg

きっとシャドーボックスの素晴らしさを目の当たりにして
ひょっとしたらあまりのレベルの高さに打ちのめされ(←私)
少しでも追いつきたいと感じる事でしょう。
コピー ~ DSC05596

大作・力作が250点です。

壮観です。

圧倒されます。
DSC05606.jpg
関口先生お疲れ様です。
先生がしっかり作られた道の後ろを
ありがたくついて行かせていただきます
展示会場の様子は許可を得て撮影させて頂きました。
コピー ~ DSC05646
でもシャドーボックスはやっぱり肉眼で間近で観るのが一番です。

珍しいプリントや絵柄のバリエーションも楽しめます。
精緻な作り方は勿論のこと
上品で格調高い額装も勉強になりますよ。
コピー ~ DSC05630

日曜の午後3時までです!(平日は午後6時まで)
先生仲間りんさんのブログで作品が紹介されています。こちらも
糸乃 桜の花心
今回人気のあった作家糸乃さんの桜のカード。
300 DSC05577
花心を切らなければ初級。
花心を切って表現すると上級者向け。
と言ってお渡ししておりました。

段階的に切り進める様子を画像でご紹介します。

DSC05565.jpg

DSC05566.jpg

DSC05574.jpg
DSC05568.jpg

DSC05564.jpg
「一つの花心切ってるうちに2時間ドラマが終わった」と仰った
丁寧な仕事をする生徒さんもいらっしゃいました。
DSC05579.jpg

作る方は20分切ったら是非休憩を挟んでくださいね。
紙がかたいので手を傷めますよ。
親の仇&細く長くを合言葉に楽しみましょう♪
DSC05581.jpg
春の気分
出展する生徒さんたちはただ今
展示会の追い込み中ですが

他の生徒さんたちも着々と作品を仕上げていらっしゃいます。

シャドーボックスでは基本的に絵は自分で描きませんから
その分選択は自由に、色んな好みの種類のカードを使って楽しみたいと思います。
こちらはフランスのポストカードです。
可愛くて色合いがとても好きです。

オリジナルのカードをアレンジして
テーブルクロス部分に別のチェックの紙を持ってきたり
中央の丸い実はビーズに置き換えるご提案をしました。
hiragasangaku.jpg
マット部分もカラフルにしています。
とっても素敵で私が欲しいくらいです。(笑)
伊東屋展が終わったらこのシリーズにかかりたいですが
実はまた次の展示会の準備が・・・
白い額はお好き?
クリスマスローズのリース
しばらく剥き出しでございましたが
やっと昨日額が届いて入れました。
<クリローのリースキットご購入の方は参考になさって下さい。
今回は爽やかナチュラル&エレガント路線で額を考えました。
マットをつけると立派なのですが我が家では飾る場所のこともあり省きました。
このフレームでもしマットをつけるならライム色のマットにして
縁は白のシャビー調が良いかなぁと思ってました。
豪華なのが良ければシルバーのが合うでしょうね。

作品はカッコウが鳴くような別荘か
海辺のコテージに飾りたい感じです。

実際は下町の我が家に飾られますけどね。(笑)
懐メロに浸って
あなたにとって懐かしい音楽やアーティストって誰でしょうか?

多感な10代後半から20代前半くらいの時に流行った音楽は
振り返った時に恋愛や青春のエピソードと共に懐かしく思い出されますよね。
DSC04361.jpg
私は小6の時から洋楽ファンだったので
FENや全米TOP40をチェック。
でも何故かそれに17歳の時からオフコースが加わりました。(笑)

BSに録画していたライブ番組をさっき観ました。
バリーマニロウがラスベガスでロングラン公演をしていた時の100回目のステージ。

当時は「悲しみのマンディ」や「コパカバーナ」などヒット連発してました。
年末の断捨離の際彼のLPを処分したところでした(笑)

あのバリーマニロウは60代の今でも輝いていて元気をもらいました。
DSC04031.jpg

(異様に!笑)若くスマートで声も良く出ていて
曲のつながりやエピソードの取り入れ方なんかも工夫していて感動しました。
スターはみんなの夢を壊してはいけない事を良く自覚されてます。
郷ひろみさんと同じ「プロ根性」を感じました。

観客はアメリカの私と同年代の女性が中心で
あの中に加わりたかったなぁ・・・

「30年間やってきた」と言ってましたが
昨年12月にはノーベル平和賞記念コンサートでも歌ったそうで
ばりばりの現役だったんですね。

やっぱり珠玉のメロデーで音楽のセンスは今も色褪せていないと思いました。
ついCDを注文してしまった。

あなたにとってそんな勇気をくれる歌手やアーティストはどなたでしょうか?

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索