最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
いよいよ最終日
シャドーボックス・イン・ジャパン2010
2010 831


いよいよ本日が最終日です。
夕方4時に閉場となりますのでまだご覧頂いてない
シャドーボックス愛好者は是非ご高覧下さい。

そしてもしもどなたか先生を見つけたらお話を伺って
何か一つでも思い出を持ち帰って頂きたいと思います。


昨日はお忙しい中ご自分の展示の合間をぬって
キットの絵を描いていただいています水彩画家の真理さんが
観に来て下さいました。こちらへ。
「絵の選び方からその人のセンスが問われ
作り方にも想いが表れますね」

流石にアーティスト。鋭いです。
「kazumiさんのは押し付けがましくない」と
褒めていただき大変嬉しかったです。


今年も私の知り合いだけで遠く
山口、香川、大阪、愛知、三重、群馬、長野、茨城と遠いところ
飛行機や新幹線に乗り泊りがけでお越しいただきました。

「来た甲斐があった」と思っていただけるような作品を制作し
またお目にかかって喜んでいただけるような対応を今後もしたいと思っております。

この作品展は少し時期をずらし、規模を大きくして繋がって行きそうですので
今回残念ながら来られなかった方はまた次回お目にかかりましょう。

ご高覧下さった方々本当にありがとうございました。
安孫子先生がご紹介する作品も素晴らしいです。こちらへ
シャドーボックス・イン、ジャパン2010@丸善丸の内本店
参加する丸善丸の内本店4階ギャラリーへ私は毎日通っております。
JRで東京駅からお越しの際は、まず丸の内中央口を目指し左手のエスカレーターで
下りてから右手の丸の内地下北口に抜けると歩きやすいです。(地下です。)
コピー ~ DSC04869
岩戸先生の大作。鳳凰の図柄です。図録をお持ちの方はマットが違いますのでご覧になってください。

そして催事の向こうのOAZOの丸善地下1階へ。
地下にはお店が並んでいますが神戸屋レストランの向こうにあるエレベーターで4階へ。
エレベーターの真裏にシャドーの販売コーナーが(展示期間中だけ)あります。

キットの見本も可愛いですから是非覗いて見て下さいね。
コピー ~ DSC04855
ピーター・モッツが得意な雅予先生。10枚で制作されたそうです。お花一つ一つが半立体でなく立体!

これが最短ルートですが丸善には面白い本や雑貨が色々ありますので
お時間のある方は一通りご覧になってください。
地下1階にはややカジュアルな,5階フロアーには和洋各種レストランがあります。
ギャラリーと同じ4階にはハヤシライス発祥(の一つ)と言われるお店もあり
私もよく利用しております。
コピー ~ DSC04852
今年から参加の安孫子香先生のばら。香立つようで大変美しい。
先生が私の作品を丁寧に紹介してくださいました。こちらへ。

数日間で顔馴染みになったり、昨年から1年ぶりに会えた先生方とも
仲間意識が強くなり、楽しく過ごしています。
コピー ~ DSC04829
ハートスリーの志村先生の作品。階段の造形は難しいのですがその処理が見事で自然です。
立っていて少し疲れはしても退屈することなく
学べることも多く充実しています。

コピー ~ DSC04879
数少ない男性講師中村忍先生はユーモラスなかっぱちゃんです。
ハヤブサも話題ですよね。ぱっと見はシンプルですが画家の先生に背景も描いていただきライトもふんだんに入った贅沢な作品です。


サービス精神旺盛で明るい先生方ばかりで
「同じ匂いを感じる」というのでしょうか(笑)

ちょっとうるさいくらい?
笑皺を心配するほど笑顔に溢れた会場です。

私自身シャドーボックスの今後の発展が楽しみになりました。
SH380077.jpg
松田香代子先生の最後の晩餐。
こういった名画は皆さんの中にはっきりとしたイメージがあるので
確かな技術のある方だけが取り組めるのです。
コピー (2) ~ DSC04885
和田先生の帆船。波のうねりに迫力があり、糸を使った表現も見所です。
あと2日半となりました。
シャドーボックス・イン・ジャパン2010@丸の内丸善

連日大盛況のうちにあと残り2日半となりました。
tanimurasenseiboushi.jpg
帽子が本当に編んである!お花がロート状の造形です。
額の中で爽やかな風が抜けてます。
谷口眞理子先生のピーター・モッツ作品すんばらしい!


私はだいたい重役出勤で11時頃着いてお昼をいただき
だいたい6時まで、遅い時は9時までいたりです。
kawamurasan.jpg
河村浩子先生の作品は秋葉系に絶対受けるでしょう。
細い線の表現も見事です。

深泉万葉という作家さんの絵でシャドーは世界にひとつしかないそうです。

なかなか過酷ですが頑張っております。

頑張れるのも皆さんが「素晴らしい作品だ」と褒めて下さったり
ちょっとしたコツをお教えすると「来て良かった」と喜んで下さるからでしょう。
遣り甲斐を感じ、力をいただいております。
コピー ~ P8280148

左右がミュシャの田中住枝先生の作品。髪の毛や細かな部分が大変お上手です。
後れ毛とまつげにびっくり!

ohnosensei.jpg
職人気質の大野先生の風景作品。細かくて見応え充分です。

さて、撮影禁止と言われておりますが個別に「先生の許可を得た場合は良い」と
丸善からもお許しが出たのでブログでご紹介いたします。
でも凝りに凝った額装は会場で・・・。ちょっと出し惜しみです(笑)
iwasesenei.jpg
岩瀬先生のボートの風景。
プリントの色がぼやけていますので大変輪郭の読み取りに苦労されたそうです。水面も工夫されています。

70点ある素晴らしい作品は全てご紹介できませんし
「生=ライブ」鑑賞には適いませんから
行ける方は是非会場でご覧頂きたいと思います。
odasensei.jpg
小田有香先生の作られたバラと籠。優しい色合いでロマンティックです。


akitasensei.jpg
秋田則子先生の町並み。お花にも独特の工夫がされています。


ブログ仲間で今回出展もされているりんさんが他の作品もご紹介しています。
こちらも是非どうぞ。
崎山仁美先生木下育子先生の作品はこちらで。

また許可を頂いて次回もご紹介いたしますね♪
切磋琢磨
シャドーボックスは新しいクラフトですので私は革新的に
段々変わって行っても良いと思っています。

逆に同じような絵柄でやり方も研究せずにいたら
魅力は色褪せていくかもしれないとも感じます。

第1回目の作品展で70点の大作が並び私は圧倒されました。
先生方同士お互いに良い意味で
「うかうかしていられない」と思ったのではないでしょうか。

2回目の今年の作品展は明らかにグレードアップしていると
誰もが思っているようです。

細かい緻密な作品が多いのですがバラの作り方一つとっても
丸っこく花びらを重ねるタイプ
くるくる巻いて作るタイプ
中央に色をつけた花心を差し込んだり・・・

また水面の表現も様々に先生方は工夫しています。
お時間があればどうぞ見比べてご覧になってください。

また良いなと思った作品はどういうところが良いのか分析しましょう。

切り口の処理がきれいで丸みが皺なく立体的。
空間表現が自然で額の奥行きを上手く生かしている。
額との配色が良くマットも凝っている。
斜めから観て持ち上げている物が見えないようにしている。
異素材をうまく取り入れて調和させている。

本当に美味しい物はすっと口の中で違和感なく入っていくものですね。
シャドーも本当に良い作品は目に心地よく、違和感がないと私は思っています。
「ここ丸みつけ忘れてる。切り口が粗雑。」など
小姑のような目に晒されても大丈夫な自然な立体感が伝わるような作品を作りたいものです。
皆さん次回の作品展に向けて頑張りましょう。

どれが正解でもなく、どれもが一生懸命で素晴らしい。
またそれを観て多くの方がシャドーを作りたくなったら嬉しいです。
丸善シャドーボックスインジャパン2010
昨日からいよいよ展示会が始まりました。
P8250130.jpg

おかげ様で地方からも多くのお客様が大勢来てくださって大盛況でした。

このところシャドーボックス関連品を扱う企業が減り
どうしても周知、露出が減った印象がありましたが

改めてこのクラフトは人を惹きつける魅力に溢れていると思いました。
oosumisensei.jpg
京都の大角先生と私の作品

また愛好者がみんな思いやりのある素敵な人ばかりなのですよ。
やってて良かった。としみじみ思うのでした。

これからいらっしゃる方、場所は大変交通の便の良い所ですが大きい駅ですので
「東京駅 丸の内 北口」方面へお進み下さい。
地下通路から入ると歩きやすいですが、
忘れずに1階のショーウィンドウもご覧になってくださいね。
mikachan.jpg
安城市の高橋美華先生 特に水面を表現するのがピカイチです。

場内は撮影禁止です。
各先生に許可を得て撮影させていただきました。
rudoute.jpg
ルドゥーテの素敵なバラを作られた柳澤清美先生。

じつは昨日北野武さんがふらーっと入って展示を観て下さいました。
販売コーナーにいた私の目の前を一人通っていかれました。
足立区の星!
騒がなかったらもうちょっとゆっくりご覧になったかも・・・
odaisennsei ~
若手のホープ兵庫の小田井淑子先生。まるみがとっても丁寧です。


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索