最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
英知
神様へのインタビュー
宗教のサイトですが心洗われるような風景と共に
示唆に富む言葉に触れることが出来ました。
お時間が数分間ありましたらどうぞ。
今日も1日頑張って過ごしましょう!
P5250024.jpg


昨日は感動して思わず数回涙が出ました。

一つ目はフィギュアスケートの大会。
鈴木明子さんと真央ちゃんの演技が健気で。

2つ目は夫が頼んで届いたマイケル・ジャクソンのDVD「This is it」
ダンサーやコーラスやミュージシャンたちの特典映像にまた
胸がいっぱいになりました。
なんでも一生懸命って素晴らしいです。
AVATAR
やっと伊東屋の作品がほぼ出来ました。
昨日がDM用映像の締め切りでした。
間に合ってほっとしています。

今度は販売用新作キットのテキスト作り
丸善の作品製作が控えていますがちょっと午後はお休みしました。
P1280481.jpg

アメリカで興行成績を(タイタニックを)あっさり塗り替えたというアバターを観に行きました。
予告で観た時は青い人怖くてなじめなかったのですが
観た人たちが「すごーく良かった!」と口を揃えて言うので・・・・

勿論300円増しの眼鏡をかけて3D映像にしました。
私潔癖症ではありませんけど大変曇っていましたから眼鏡拭きできれいにしました。
これから行く方はご用意下さい。(笑)
↓のだめちゃんのパネルで。
P1280478.jpg
飛び出すのはこれから主流になるのでしょうか。
ティムバートン監督のアリスなど予告も3Dでした。奥行きがおもしろいです。
埃まで光に照らされて奥行きがあるのでした。

今まで観たことのない世界。映像美でした。
世界観はナウシカやもののけ姫に重なる部分がありました。
本当にすごいです。
この作品の素晴らしさは映画館でしか味わえないものだと思いました。

バイオリンはお好き?
題名のない音楽界
日曜の朝大抵見ています。
DSC02433.jpg

特に佐渡裕さんが担当してから感動する回数が増えました。
先日はバイオリン奏者のジェームス・エーネス氏がゲストでした。
カナダ出身で2008年グラミー賞を取ったとか・・・・

DSC02439.jpg
↑文面と関係なく製作中の額です。いぶした感じで光らせました。

聴いたらびっくり!!
素人でもこの人の演奏する音は素晴らしいと分りました。
超絶技巧を要すと言われる曲でも
嫌な響き、無理な感じが全く無い!

倍音が全てちょうど良い塩梅に響きます。
大抵CDは借りてすましますが(笑)
久しぶりに欲しくなりました。

お時間のある方はどうぞ↓
ジャマイカのルンバ2分弱

バッハ約5分

ヴィェニャフスキーのカプリース1分半

棚作り
DSC02444.jpg
しなびたみかんに寄って来るめじろちゃん。
制作の合間に見て癒されてます。
DSC02448.jpg

シャドーボックスで棚が描かれている場合どう作るかご存知でしょうか。

普通は紙を何段もたくさん重ねて表現します。
斜めから観ると段々ですから
私は勝手にミルイフィーユ方式と呼んでいます。(笑)

作品展用に作っているのは棚に猫が3匹遊んでいまして
額の深さは5センチにしました。
通常の方法で棚部分を1センチずつで持ち上げて作った場合
土台の絵から数えると4センチ上げて絵が5枚必要になります。
DSC02442.jpg

シャドーの世界ではお決まりみたいな方法ですが自然だとは言えないでしょう。
私はスティロールボードを使って本当の棚のように
持ち上げてみました。
DSC02440.jpg
その際威力を発揮しているのがアクリルペイントの色見本↑です。
ベースの茶の色に当ててみて絵とそっくりな色を選びやすくなりました。
殆ど工作の世界です。
DSC02454.jpg

納得
物を作る方は皆同じかなぁ

ソングライターズという佐野元春氏司会の番組に
小田和正さんが出てきて話してました。(再放送)

「詩を書くのはとても苦労して、最も良いと思う言葉を捜し続ける。
埋まらなければ全部書き直しもありうる・・・」
DSC02429.jpg
↑お日様の光を集めて咲いたみたいな黄色のオキザリス

私は今展示会用の作品を作っています。
どこまでやるか・・・・
切る時はこれ以上ないくらいのベストなラインを探し、
モデラーを当てる時は出来るだけ自然な立体感が得られるまで追求し
切り口は淡い色を重ねて絵柄とそっくりな色にしています。

全ては自分の「納得」のためなんです。
小田さんもたぶん自分の納得できるレベルがあって
それがものづくりの基準なんだろうと思いました。

ですから簡単にささっとは作れません。
でも観て下さる方に時間がかかったことを誇る積りはありません。

シャドーボックスでこんな表現が出来ます。
作品ご覧になって猫や本の立体感楽しんでくださいね。
もしも感動していただけたら嬉しいなぁと思っています。


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索