FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
行く夏を惜しんで
DSC01280.jpg
もうすぐ夏休みも終りですね。

夏最終セールで70%引きで夏服を買い物をしたkazumi。収穫の多い?夏でした。

更新をさぼっておりましたがシャドーボックスの展示会向けに50個の説明書を書いていたのです。

一個書くのに最低5時間かかります。

それがやっと終わりました。生徒の皆様是非製作のご協力お願い致します!!

展示会が来年、再来年にかけて予定では3つ控えていますので
褌を締めなおして頑張りたいと思っています。
DSC01276.jpg仲良く並んだシコンノボタンとセージ。
秋の植え替えも準備せねば!あ、その前に草取りでした。



夏休みの映画鑑賞
アーモンドの花の妖精(シシリー・メアリー・バーカー 絵)
DSC01185.jpg←九州にお嫁に行った作品です。

暑い時は映画館で過ごすのも良いものですね。
お散歩圏内に映画館ができたのと夫婦なら2000円になるので最近気軽に行ってます。

封切りすぐに「崖の上のぽにょ」
かわいい他愛ないお話の中に生きることへの賛歌、エールがあると思いました。
しかしテーマソングがしばらく頭から離れません。「ぽーにょぽにょぽにょ・・・・」  

8月2日には押井守監督のアニメ「スカイ・クロラ」」に行きました。
絵の完成度が目茶苦茶高く圧倒されます。実写かと思うほど精緻でした。
映像へのこだわりが半端ではありません。
「人生は辛いものだけれど生きることを大切にして欲しい」という思いを映画にこめたそうです。

先日「ようこそ先輩」という番組で押井監督が母校を訪ね「視点」をテーマにしてました。
視点に大変こだわりがあるので映像によって楽しさや感動を伝えられるのだろうと思いました。

視点を変えれば物事の捉え方も変わります。
単に見えることだけでなくなんでも柔軟に捉えられるようになりたいものです。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
国立西洋美術館 「コロー展」
P7260017.jpg
コロー展見に行きました。
夫は流石に美術館の梯子に付き合ってくれませんので別れて国立西洋美術館へ行きました。
コローの描く風景画や人物画に引き込まれました。
そこには静かに広がる世界があるのです。
光のニュアンスを絵に閉じ込めようとしたんでしょうね。
P7260018.jpg

看板になった↑「コローのモナリザ」と言われる真珠の女の他P8040019.jpg

少年が庭に坐っているティヴォリ、ヴィラ・デステ庭園(上段中央)
青い服の婦人(上段右)
坂道の絵 ヴィル=ダヴレーのカバスュ邸(上段左)が胸を打ちました。
常設展も鑑賞しました。
ここにはシャドーボックスにしたことのある大好きな葡萄の静物画(中段左)があります。
やっぱり原画は本当に綺麗で瑞々しいのでした。
ミュージアムショップでポスターを買い2度作りましたが手元を離れたのでまた作りたくなりました。

下の段3つはフェルメールです。チラシを利用して樹脂のマグネットを作りました。行かねば!

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
インターネットではじめて当てたもの
美術館めぐりのシーズンがやってまいりました。←本当に個人的な話ですけど。

ぐるっとパスを昨年から買ってまして使い始めたら2ヶ月有効なのですが展示替えのブランクは
観るチャンスが減るのです。夏休みは大抵展示してますしレッスンも減るものですから。

さて美術情報を得ようとネットサーフィンしてましたら良い物みっけ。インターネットミュージアム
入場券が抽選で当たるとあってダメモトで応募してみました。
P7260016.jpg

日曜美術館でも紹介されていて届いたのがこちらの招待券。
国立博物館で日本画他巨匠たちの対決が見られます。 
期待してなかっただけに嬉しさひとしお。夫もテレビを見て知っていたので付き合ってくれました。

例によって達人の?周り方・・・・まず会場内をテクテク一通り歩いて全容を掴みます。
最初に渋い仏像などが置いてあり皆さん人だかり。熱心です。
最後の頃に本命?若冲とかが並びます。・・・疲れきった皆さんが見受けられます(笑)
チェックで周る時も興味のある展示作品が空いていたらその時は傍でじっくり見てしまいます。
全容を把握してからじっくりとあっさり・・・緩急つけて観ます。

今回特に気に入ったのは尾形光琳菊図屏風でした。胡粉を使って花びらが立体的に描かれてます。
写真ではその素晴らしさが全く伝わりません。行って良かったです。対決の概要はこちらで。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索