FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
英語で読んでもらいましょう
英語(またはスペイン語)の文を入れるとおじさんがしぶめの声で読んでくれます。
vozMe』というサイトです。
ちょっと面白いです。
例えばこんな歌を入れてみたりしてコピペして右下のボタンを押します。
↓以前ご紹介したオードリーヘップバーンが愛したです。

For attractive lips, speak words of kindness.
For lovely eyes, seek out the good in people.
For a slim figure, share your food with the hungry.
For beautiful hair, let a child run his fingers through it once a day.
For poise, walk with the knowledge you’ll never walk alone ...
People, even more than things, have to be restored, renewed, revived,
reclaimed and redeemed and redeemed ...
Never throw out anybody.
Remember, if you ever need a helping hand,
you’ll find one at the end of your arm.
As you grow older you will discover that you have two hands.
One for helping yourself, the other for helping others.

ちょっと棒読み気味で変だけど私が読むよりは数段良い発音かも・・・
PICT1609.jpg

↑記事とは関係なく先日お嫁に行った作品です。ピオニー。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m

三越前
蒔絵教室のあと日本橋三越で母と待ち合わせをしました。
PB230532.jpg

券を頂いたので新館7階の「ALWAYS3丁目の夕日展」を見ました。

私の生まれる直前の時代設定ですが母は当時二十代前半で所帯をもった頃。
洗濯機や冷蔵庫、テレビ、炊飯器(←当時1万円)が家に入ってきて
生活レベルが日に日に良くなっていった時代でしょう。
懐かしい気持ちでいっぱいの様子でした。

展示では良く出来たジオラマ(模型)や出演者のレトロな衣装、鈴木家の茶の間のセット、プロモ映像などが見れました。
私は合成映像の仕組みが興味深かったです。
PB230533.jpg


↑お昼は8月21日にオープンした新館地下のイートインでこんな物を食べました。
広味坊」エビワンタンの中華麺。初体験、ほしえびのスープで美味しかったです。
三越の上の階のお店は2000円前後でよくある和食が多かったので
私は値段が手頃で気楽に洒落たものがそろうこのフロアーが気に入りました。
PB230534.jpg

↑地下2階にはkana2ちゃんが紹介してた美味しいバームクーヘン
クラブハリエ」で焼き立てを10分くらい並んで買いました。
ほんとに美味かったぁ。ほっぺが落ちそうでした。
PB230535.jpg

北千住に帰ってきてマルイの上の紀伊國屋書店でついに この本を見つけました!
探せなかったのでおねーさんに聞いて持ってきてもらいました。
売り場に戻って隠れてた本を少し出してきました。(笑)良い本ですよー。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
竹のアロマ
 PB220519.jpg

六本木ミッドタウンの中にあるTHE COVER NIPPONというお店が気に入ってます。
前回サントリー美術館の展示の後に立ち寄ったのが最初。

そこで竹の香りのアロマグッズを買い、使ってみたところ
最初から最後まで良い匂いと思いました。

香りには私なりの好みがあって今までめったにそういうことはなかったのです。
最初は気に入った積りでも日がたつにつれて「やっぱりあんまり好きでなかった」
そんなことばかり繰り返していたのです。
だから芳香剤でリピートしたこと殆どありません。
PB220522.jpg

PB220524.jpg


前のと同じでも良かったのですが先日電気のカラフルに光るアロマ製品を頂いたので
今度はそれにあうオイルにしてみました。

オイルのパッケージも洒落ています。糸が渡って留めてあるのがニクイ。
この香りは我が家の定番になりそうです。

PB220521.jpg

PB220525.jpg


↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
続けることでわかること。
PB210512.jpg

↑記事とは関係なく来年用のシャドーボックス。楕円に配してみました。
P8310267.jpg

↑比較の意味で素材のカードの写真です。ベースは鮮やかなオレンジ色。
カードを見ると出来上がりの映像が私は浮かびます。
背景の色を替えたり年号をはずすのも買う前からのアイデアです。


「継続は力なり」と言いますが
8年間毎日自分の正面の顔だけを撮り続けた人がいます。
彼の名前はJK Kellerというアーティスト。なかなかハンサムです。

それだけで見ものですな。2分弱でで8年間の移り変わりが見れます。

A Daily Photo Project」と名付けられたこのプロジェクトは、
1999年7月24日に始まっていて少年がおっさんに変貌するというか・・

恋したり落ち込んだりきっと様々なことがあったんでしょう。
これもまた一つのアートと呼べるでしょう。時間の経過が残っています。
続けた先に何があったかちょっとご本人に聞いて見たい気がします。

先日恵比寿の写真美術館には年老いた御家族が亡くなるまでの800日あまりを撮影した作品がありました。
毎日撮影した点は同じですがまた全く違ってヘビーなインパクトがありました。
こちらは死をみつめていますからある種タブーに挑戦と言えなくもない。
死は当たり前のことですが身内のそれを残すのは勇気が要ることですね。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
作品解説
PB210510.jpg


今日はお教室で作った作品の解説を致します。
作ったのは生徒の光金さんで熱心に頑張っていらっしゃいます。

さて時節柄ポインセチアと蝋燭の絵柄に取り組まれていました。これは大きいサイズです。
黒背景で輪郭が見えづらい今回のような場合はまずスタイラスで切るガイドの線を引くことをお薦めしています。

 また原画がおそらくは油絵で例えば柊の実の形が歪んで描かれていても切る時は美しい円形に整えるよう指示しています。

 柊の葉はつるっとしているので丸みを付ける時はシャープなメリハリを付け、
中央の葉脈を深くしてエッジにナイフ状のモデラーを入れます。

 燭台の取っ手のカーブは自然な形状を出すために裏に針金を貼ります。

また立体的に絵柄を浮かすためにはシリコンボンドの他、白いスティロールのチップを使いますが
今回はその黒色のものを使っています。

 蝋燭の垂れた所にはこんもりする液体をつけ、花芯に金箔や実に赤いグリッターをつけて華やかに仕上げました。

こういった作る時の工夫は絵によって様々に変わります。
だから長年やっていて飽きないのだと思います。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
 

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索