FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
制作日記 黄色い薔薇2
寝ぼけて25日にアップする予定の記事を載せてしまいました。月曜は更新をお休みします。

↓約2時間ずつで写真を撮っています。
P6180125.jpg

↑カード6枚で作っています。
左は切り方の説明書(下書き)。自分で考えたものでも見ながら作ります。
P6180127.jpg

↑出来るだけバラバラにしないのが長年やってきたコツです。丸みのへらは多く裏から当てます。
P6180129.jpg

↑左カードのように細い部分には針金の補強もします。土台の絵にラインを合わせます。
表からは葉脈などをスタイラス(鉄筆みたいで先が球の道具)で筋を引きます。
P6180131.jpg

↑奥から組み立てます。一片ずつ切り取り、表情をつけてマーカーで切り口を染めます。部分ごとに作っていきます。
カッター台の一マスは1cmなので大きさが分るでしょう。吹けば飛びます(笑)くしゃみ厳禁。
P6180133.jpg

↑シリコンボンドと木工用ボンドでだいたい4箇所の枝に細かい葉が貼れました。
土台の絵は組み立てた部分がずれてないかを絶えず確認するために下に置くのです。
ボンドなどで汚さないようビニールに入れています。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
 制作日記 黄色い薔薇1
リクエストにお応えして製作の様子をご紹介いたします。
アトリエはありませんのでリヴィングのテーブルで作っています。
P6150107.jpg

カードは6枚です。本の右ページにあるのが土台なので切りません。
P6150109.jpg

1時間経過。2枚目Bを切ってます。カッターで抜いたり鋏で切ったり・・只管ただひたすら
P6150112.jpg

2時間経過。Bは痛まないよう袋に入れて3枚目Cを切ってます。
P6150115.jpg

3時間経過。4枚目Dがこれだけ切れました。右側の絵です。
P6150116.jpg

夕方で電気がつきました。左のがEです。これから夕飯の支度です。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m
科学占い
P6210138.jpg

生徒の早川さんの作品。絵に合わせて額がかわいい花柄です。


「何処が科学かよ」ってつっこまないでくださいね。

名前と生年月日を打ち込むと占ってくれます。科学占い

私は酸素でした。
「酸素のあなたは、冷静に物事を処理することが得意です。
頭に血が上ったときでも、すぐに冷静さを取り戻すことができます。
また、世間一般の型にはまった知識よりも、実際の社会で役立つ実践的な知識や経験を好みます。頭の回転が速く、なんでもそつなくこなしてしまう・・」
かもね・・かもね・・そう鴨ね♪
でも頭の回転は速くありません。首が弱いから湯浅氏の真似はできない・・(汗)

フォックスウッドテールズ はりねずみ



↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m



折り紙建築 菊
 折り紙建築 菊のパーツ
左はカブ、右はサリーちゃんのパパの髪のライン↑を参考にしました。

(嘘です)

略すとマムですよ。
英語ではクリサンセマムchrysanthemumで「サ」にアクセントでした。
滞米時、ラジオで花屋の宣伝をしていて、花束はブーケの「ケ」にアクセント。
連呼していたのが未だに忘れられません。

茶谷先生の折り紙建築の本ででいかにも複雑に見えたのでメラメラと闘志が湧き、挑戦してみました。
菊にも色々ありますがこれは菊花展でよく見る大輪(直径18cm以上)の菊
厚物(あつもの)のイメージですね。(厚物といえばこんな映画がありました。)
紙は色調の柔らかな黄色のカラーケント紙です。切るのに約2時間かかりました。

P6130097.jpg

↑例によって簡潔過ぎる作り方の説明
「これで作れるか?どうだ」と挑戦的な作者の態度を感じます。(勝手にです)
P6130098.jpg

↑組み立てはこんな感じでしょう。難なくクリアー。結構私って数学的かしら。
・・・否、単なる勘違いです。
P6130099.jpg

↑各ピース下辺の溝の数で重ねる順番を判断するのさ。
P6130101.jpg

どんなもんだい!ふっくらした菊の出来上がり。それらしいですな。
さらに台紙に4箇所糸で留め行けてポップアップカードにしました。
こちらはブログのお友達kana2さんの御宅にお嫁入りしました。こちら

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m

吉祥図案 七宝つなぎ
P5300333.jpg

こちらは松田祥幹先生の作品で、ブローチです。(作品展の映像より)
「次の作品はこんな幾何学模様も素敵だな。」と思って凝視。
「でもパッチワークのカテドラルウィンドーに似てる」などと先輩生徒さんと話しました。
先生によるとこれは利休好みで「七宝つなぎ文様」と呼ぶとか・・。
そうしたらサントリー美術館でも見つけました。器や着物に見られました。
仏教では七種の宝物を七宝(しちほう)と呼び、円満から円形につないでいく・・ところから
この文様は縁起が良いのだそうです。また七宝焼きの型から由来するとも言われます。

ダ・ヴィンチもこんな連続模様を考えていました。
「洋の東西を問わず」がまた興味深いところです。


↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索