最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
新作チョコレート
PICT3106.jpg


苺好きでホワイトチョコ好きの方、朗報です。
 
娘2号のリクエストにより買ってきました。
「お母さん、苺の新作チョコが出たって」
母はそう言えばすぐ買ってくるのを知ってる娘。

明治製菓が先月12月5日に発売したチョコレートです。

明治リッチストロベリーチョコレート、ヨーカドーで198でした。

生換算で苺70%なのが売りです。
フレッシュな味わいが北海道、六花亭の人気商品「ストロベリーチョコ」に似ていると思いました。
また買ってこよう。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  



武士の一分の「いちぶん」って?
遅ればせながら「武士の一分」見てきました。テーマは夫婦愛です。
木村拓也さんはは「やっぱりキムタク」。でもちゃんと武士でした。殺陣が素晴らしい。
あらためて素敵な俳優さんだと思いました。

下級武士の妻役、檀れいさんもとても良かった。綺麗で慎ましやかで新鮮。

脇役も芸達者さんばかり。見ていて安心です。

さて題名の「いちぶん」って何でしょう。
「ゆずれないもの」の意味かな?と、もやもやしてましたので調べてみました。

一分”とは、人が命をかけても守らなければならない名誉や面目を意味します。
・・・とブログにありました。

原作者の藤沢周平さんはこの1月26日が命日でちょうど没後10年だそうです。
心優しい(山形庄内藩がモデルの)下級武士の小説が我が夫や父や兄に大変受けております。

日本人の美徳について考えました。貧しくとも人を思い遣る様子が美しい。
子供の給食費を払わないで平気な親はその反対側にいる人たちでしょう。「恥を知れ」

映画館で観たい映画です。もし行くならハンカチをお忘れなく。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  

ケーキスタンド
(昨日の続き)
ティファニールームでのアフタヌーンティーの様子をお話をしましょう。

イギリス式のお皿が3段になったの、見たことありませんか?

1番下はサンドイッチです。
代表的なのはキューカンバサンドイッチでクリームチーズとあわせるのが定番のようですね。

真ん中は焼きたてのスコーン。プレーン、紅茶など何種類かあって選べました。
必ず横に切ってジャムとクロテッドクリーム(生クリームに近い)をつけていただきます。
スコーンは素朴なものですがこの3つが口の中で溶け合うと味わい深いと思います。

1番上の段は小さな焼き菓子が乗せられて洋梨のタルトなど・・。
甘いスィーツで最後は締めるというかんじでしょうか。

ポットにたっぷりの紅茶とともにこれらを下の段から頂きました。幸せなひと時・・・。

働くお父さん方、女たちははこうして英気を養っております。
2000円程度ですからたまにはお許しくださいね。
PICT3121.jpg

我が家のお茶風景。普通ですみません。
ミントンのこの柄は大好きで結婚祝いにリクエストした物です。

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  
ティファニーでアフタヌーンティーを
おおでまり

 
名曲「ムーンリヴァー」をオードリーが歌う「ティファニーで朝食を」という映画はご存知でしょう。
 題名に超有名宝飾店を冠してますが実際には何か味わえるわけではありません。
確かお店の前でヒロインがデニッシュを食べるシーンがありましたっけ。

 でも私はティファニーでアフタヌーンティーを頂いたことがあるのです。
 銀座のビルの上の階にに「ティファニールーム」があって
布張りの猫足の家具、上品なピンクの壁紙のお部屋が存在します。

 ただ利用は予約会員制なので知り合いがいないと私は入れません。
良い経験が出来たと思ってます。

作法を真似してみようかと思いましたがそこまではマメでなくて
やっぱり誰かにご馳走してもらいたいな。(詳細は明日)

↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m  

万華鏡
小学生の頃学研の「科学」という雑誌を読んでいました。

私の頭は今も昔も完璧文系寄りですが、付録が楽しかったです。
動くおもちゃみたいなのを組み立てたり、鉱物のかけらをながめたり・・・

懐かしく感じる方はこちらをどうぞ。「大人用」を見つけました。

特に私は万華鏡を作る依田ご夫妻の作品に感動しました。
動画で刻々と変わる様子が楽しめます。

そこのお疲れのあなた、仕組みがわからなくても見るだけでもきっと癒されますよ。
まんげ鏡


↑FC2ランキングに参加中。バナーをポチッと一押して頂くとランキングで10ポイントがつきます。
一日一回有効です。励みになるのでどうぞ応援宜しくお願い致します。m(__)m


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索