FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
クロスステッチのティーカップ1
クロスステッチの新作が完成しました。

 次女がまだ呑気にうちにいた時(去年の冬)彼女が「作る」と言ったので前半は随分刺してもらっています。母の為のティーカップ柄でサンディー・クロー風です。

 私は春に伊東屋展もあり、未完成のまま袋にしまっていましたが、
ワールドカップ、日本対クロアチア戦で盛り上がる脇でこの度やっと仕上げました。

 このDIMENSIONSのキットでは新しいテクニックを3つ位覚えました。
 コード状に糸を這わせてながら止めていくコーディング(英語ではコーチング)12方向から中心に刺して花模様のようになるアイレット(外のアイヴォリーの模様)等です。
クロスステッチのキットと言ってもバックステッチ、ハーフステッチ、2色どりなどもあり複雑でした。
 下のレースのところは目数が読み取りにくくて難しかったですが、金糸が華やかで美しく、出来上がれば苦労が吹き飛びます。
 さて、どこに飾りましょうか。(明日に続く)
PICT2278.jpg

 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
習い事部門でよく1位を頂くようになりました。皆様の尊き1票のおかげです。応援ありがとうございます。
几帳面の血は?
 「扇風機出して欲しいのよ。」先日途方に暮れていた母を手伝いました。
 几帳面な父は夏が終わると扇風機の羽と前後の笠を分解して洗い、きちんと箱にしまっていました。
 今年からは私たちでそれら5個を組み立てるというわけです。

 5個分パズルのように合わせ、組み立てながら父のしまい方にふれ、
「ほんと、ミスターキチョウメン!だよね。」と母と笑いました。
 どのコードもきれいに小さく収めリモコンの電池もはずしてありました。
4個ある床用の扇風機はそれぞれサイズぴったりのお手製キャスターつき台が用意されています。

 「この羽の止め方は特殊だからお母さん見ておいて。」と母を呼んだら
 「いいよ。もう分解しないで掃除してそのままカバーしちゃうから。」
(ちなみにこれは年代もの。エレベーターの業務用壁掛けファンです。)
 「そうだね。壊れたら一個ずつ処分してね。一人で5個もいらないから・・。」

 「ま、これから手伝いにちょくちょく来ますよ。」

 父の几帳面な血が半分位は私にも受け継がれていると期待して。
 生前父には「和美は限りなく(母の)O型に近いA型だ。」と言われてましたけど。
シャドーボックス・パンジーと水仙とムスカリ

布川せつ子さん制作の素敵な作品。背景にレースペーパーを用いました。
(ABキューブで販売中の橋本不二子先生の絵です。)
 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
アメリカ大使館の思い出
私が初めて渡米した時、当時はまだアメリカ大使館へ出向いて手続きをしなければ入国が許可されませんでした。確か預金の残高等調べられた覚えがあります。80年代前半頃の話です。

 大使館前の行列に加わっていたらすぐ傍に(もと)歌手の藤圭子さんも並んでいました。
「やっぱりきれい。隣の背の高い男性は旦那様か。あれ?おなか大きいんだ・・。」
 手続きをして彼らはその後ずっとニューヨークで暮らし・・・
そう、その時のおなかの子こそあの「ウタダ ヒカル」ちゃんだったのです。

 年月が流れてヒカルちゃんがデビューして以来、私はずっと彼女の歌は聴いてます。
 
 「gifted・・・神様から才能を与えられた」という表現が彼女にはふさわしいと思います。
 音楽は勿論、詩にも普遍的なテーマがあり、いつもすごいと感じます。

 同じ時代に生きていることが嬉しいし、幸せです。
今晩7時のNHK「トップランナー」に彼女が出演するのでお好きな方はお見逃しなく。
 空色の朝顔

 3個めの朝顔が咲きました。
 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
水芭蕉栽培中
 「種から育てているから欲しかったらどうぞ。」
夫の知人からお声がかかったので水芭蕉の苗を頂くことにしました。

「♪夏が来ーれば思い出すぅ。はるかな尾瀬・・・水芭蕉の花が咲いている・・・♪」
情緒溢れる私の大好きな歌です。

 あの水芭蕉を自分で育てられるなんて思ってもみませんでした。
ホームセンターで売ってるのも見たことなかったし・・・。

 「お花きれいですね。手入れが良くて・・・」なんて道行く人にほめていただくことがありますが
良くみれば解ります。
 ゼラニュームを筆頭に乾燥に強い種類しか我が家では生き残れないのですよ。
 湿地帯に育つ水芭蕉。運命や如何に!!

「一生懸命育てますが枯らしてしまったらごめんなさい。」とおことわりして受け取りました。
 数年後、是非咲いた姿を皆様にお披露目したいものです。
それまでこのブログのネタは続いているでしょうか?それも不安・・・。
種から栽培中の水芭蕉

4ヵ月後・・葉がなくなりました。枯らしたかと思って下さったかたに聞いたら秋冬はそうなるそうで「ほっ」なのでした。

 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
スタンプのヴァージョンアップ
 調度良い大きさのアルファベットスタンプを見つけたので買っちゃいました。
 文字の部分のみの薄っぺらいシートなので、押す時このままではうまく力が入りません。
 お勧めは透明アクリルの板に貼り付けるのらしいですが、お金もかかるので自作しました。板に載せる作戦開始。

 我が家の電ノコのそばの廃材を物色。
「調度良いのがあるじゃん・・。」
 厚み1,3cmの板に印をつけてガーっと切りました。大きさは一個4cmほどです。
 この時1列切ったら長い辺にやすりをかけておくのが私のコツです。小さくしてからかけるより力が入って楽です。汚れるので庭に出てヤスリをかけます。
 お恥かしい話、電ノコ使う時は洗髪の直前以外はシャワーキャップかぶります。
「のぞかないでね。」
 鶴の恩返しではないですが粉まみれでジミな作業です。人様には見せられません。

 木の台にスタンプを両面テープで貼り、その真上にもスタンプの模様を押した紙を貼ったら出来上がり。良く使いそうなWELCOMEはあとで探しやすいよう紙の色を替えました。
 文字はレタリング、パソコン、カリギュラフィー、ステンシル、シールと色々ありますがスタンプも味があって私は好きです。
 スタンプを選ぶ際は自分では絶対作れないような細かいニュアンスの物を選びます。
 これで押しますぞー。いつの日か作品になってお披露させたいものです。
 アルファベットのスタンプ


 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索