FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
ステンシルの型作り
いつもはステンシルの本などから図案をアレンジしますが今回は自分で型を作りました。

 小さいサイズの縦長ツタ模様が欲しくなったのです。今作っているシャドーボックスの作品見本は色々新しい試みをしていてステンシルも取り入れる予定です。

 ツタは庭に5種類育てていて小さいのを採取。それをステンシル用シートの下に置き葉の形や枝の付き方を見てマーカーでなぞりました。

 カッターナイフでシートのツタ柄を抜いていきます。

 あとは色選び。私は生徒さんが実際に作ることを念頭に置き、できるだけ絵の具は混ぜません。誰もが楽しく簡単にできるようシンプルな手順を組み立て、「最小の努力で最大の効果」を目指しています。

 ペイントの発色をチェック。
 まず紙にたたいてみて抜いた図案におかしなラインなどないかも調べました。今は葉脈をライナー筆(トールの細筆)で足そうか迷っています。
 あんまり凝ると生徒さんが自信をなくして「先生やってぇ。」になるのでどうしましょうか・・・。
 ステンシル アイビー柄

左端が作ったツタの型。並んだ葉は色見本。横に絵の具名を記入してあります。

↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。

金箔の花瓶
 立体の黒い花瓶に金箔、銀箔を施してみました。
教室の参加は2度目なので図案はうちでちょっと準備しました。

 4面ある花瓶の2面は春用の「桜」にして、残りはお正月用?「折り鶴」にしました。

 桜は障子の補修用シールから形を拝借。
後者はステンシルの型を持参しました。図案を粘着シートにマーカーで写し、カッターで抜いたらシートを花瓶に配置を考えて貼ります。

 接着材を塗ってから金箔を貼りました。縁までしっかりおさえないと輪郭が綺麗に出ません。
 今回は銀の粉末も使って(上部菱形)霧状に模様を入れました。
 最後にスプレーニスで保護しました。

 専用接着剤(3種類を混ぜて使う)も手に入れたのでこれから自分流に金箔を取り入れるのが楽しみです。
 
 帰宅後、思いついてトールのほうで使うゴールドを出してきて「しべ」を足しました。
「おぉ、きれい、きれい。」と自画自賛。
 ちょっとだけ夕飯が遅くなりました。「娘よ、ゴメン。」
「お母さん楽しそうだねぇ。」と言われる母なのでした。
PICT2266.jpg

PICT2283.jpg


↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。

こじゃれた100均
 「これ栗原はるみさんの食器風でしょ。100均で売ってたのよ。」
韓国料理のお店をしている手作り仲間のKさんが言いました。

 「信じられな~い。おっしゃれー。)」
とソースの入っている乳白色の器を見て一同びっくり。

 教えてもらった100均はダイソーでもキャンドゥーでもありません。
 澁谷のマークシティや柏タカシマヤに入ってます。ナチュラルキッチンです。

 手芸に使える素材もあります。天然素材のオフホワイトと白木のものが一杯。わくわくしながら店内くまなくチェックせずにはいられません。

 たまに立ち寄ると毎度「100円ですまないショップ」です。
帰りの道中「重くて辛くないか」を考えながら物色する私がいます。
ナチュラルキッチンの小物

みんな105円(TAX込み)。陶器のマグネットやコースターです。
 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
ばらのおやすみライト
 ステンドグラスを習い始めて2作めがこのお休みライトです。

 薔薇の図案なので中央上をやや暗め(濃いめ)になるようピンクのガラスを切りました。葉に少し角度をつけてハンダづけしています。

 ガラスは日中の色と光を通した時の色が大幅に変わるので、できればどちらの時も良い配色になるようガラスを選びたいものです。
 
 アメリカではちょっと良い家だとよく玄関ドアにステンドグラスがはめ込まれています。多くは透明のカットガラスなどです。ピンポン押す前に私はしばし眺めたものです。(教育テレビ(火)夜「フルハウス」というドラマの再放送でもそれを見ることができます。)
 色ガラスもきれいですが透明のカットガラスも飽きがこなくて素敵だと思います。

 憧れていたので新築の際ドアのステンドを検討しましたがこのあたりは準防火地域なのでできませんでした。
 それで最終的に60cm角室内のパネルを作ったいきさつがあります。
ステンドグラス薔薇のおやすみライト

 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。
クロスステッチのティーカップ2
 刺繍が終わったら中性洗剤で丁寧に洗い、糊をつけて平らに干します。
アイロンを裏からかけて中身は出来上がりです。(冬の状態はこちら)

 額は額屋さんで探し、出来合いの金の20cm角(ガラスのサイズ)フレームを選びました。
 マットで甘さを出そうと思いました。残念ながら国産は色が合わず、ちょっと高いけれどアメリカのマットボードを買いました。このくすんだピンクが薔薇の1部分と同じ色味なのです。

 マットを当初普通に切る積りでしたが刺繍のボーダー柄に合わせて角を少し残すアイデアが浮かび、八角形に変更。
 実は変形マットを自分で切るのは初めてでした。マットカッターの替え刃が新しければ大丈夫。図面をしっかり引けば今後複雑な形も切れそうな感じです。

 マットの角に金のアクセントをつけました。それが偶然サイズがドンピシャで嬉しくなりました。
クロスステッチ変形マットとアクセント

金のアクセントの下にはマットがあるのですが写真では分からないかな?
 
 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。

プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索