最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
娘とは?
 『娘とは成長すると素晴らしい友人となりうる小さな女の子のことです。』

 和訳するとこんな意味の文字を刺繍したのがこちらです。
 楕円形のボードにぐし縫いで作品をつけました。まわりの小花とレースがややレトロでボンネットの女の子の雰囲気に合っているでしょう?

 私には娘が二人いてこのキットをアメリカで買ったころは
「そんな日が来るのかねぇ。」と思いました。
 渡米時は長女4歳次女1歳10ヶ月。まだまだ幼くてかわいかった。(過去形にするとおこられそうですが・・・)

 ま、人並みに成長し、一時は「はらはら」させられました。
 今、長女は進学で家を出て、次女はなんとか歩く方角を見つけつつあります。

 娘と話していて「そんな日」が思ったよりあっけなく訪れたかな、と感じるこの頃です。
クロスステッチ 女の子


 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。 
表札?
 家を建てた時に出た廃材をもらって表札もどきを手作りしました。
 
 家の入り口あたりにラティスのフェンスを夫に立ててもらい、そこに配しました。
 でもご近所のお年寄りには読めないかも。
 
 表札としては自己満足でしょうか。「IITAKA since1999」と入れましした。
イタリック体の文字は彫刻刀で彫ってアクリルペイントで色を塗っています。

 今年は寒くて花の開花が軒並み遅くなりそうですね。
それでもこの表札横の羽衣ジャスミンに花芽発見。春はもうすぐ!
 

 木製手作りの表札


 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。 
習い事「洋裁」
 洋裁は1年間基礎を毎週目白の友の会で習っていました。ブラウス、スカート、ワンピース、裏無しの上着など教わりました。

 ご自分には厳しく生徒には親切な先生でしたので私は教え方で大変得るものが多かったです。

 「自分の体にあう服を作りたい。きれいに縫うコツを知りたい。」と思ってはじめましたが、
既製品には勝てなかったので続けませんでした。

 私は標準的な体型なのでサイズで困ったことがなく、バーゲンで好みの物が手に入ります。
手間隙かけてお金を使い、縫い目の完璧でない物を作るのは「どうよ」と自問自答しました。
 ミシン糸一つ捜すにしても布にぴったりの色は大きいお店でさえ見つからない・・・。
企業は大量生産の分、糸もベストマッチのものを揃えますものね。
 
 自分で作るからには売っているものより良くなければ意味がないでしょう?
 ですからシャドーボックスのほめ言葉で「お店で売ってるみた~い。」とおっしゃらないで下さい。
私は心密かに「お店に売っていない素敵なものを手作りしたい。」と願って作っているからです。



 写真は生徒さんに頂いた手作りの針刺しです。下は製菓用チョコの型を利用して上はリバティプリントのパッチ。型が金属のため針が下に飛び出さず中には潜らないスグレモノ。重宝しています。        

 ↑ランキングに参加しています。どうぞポチッとお願い致します。   
薬指の話
 薬を塗る時に薬指を使うと、「そっと」の力加減になるので良いのだと聞いたことがあります。

 何か手作業する時は親指、人差し指、中指の順に大切なのではないかと思います。

 そこで私がおすすめしたいのは薬指の使い方。特に幼い子に伝えたい。
 「糊やボンドをのばす時使うのは薬指ですよ。」と。

 物を持ったり押さえたりしない薬指が汚れるので作品のほうはきれいに仕上がるというわけです。

 器用不器用の分かれ目は案外こんなささいなところにある気がします。
 薬指を使っていない大人の皆さんもどうぞお試しあれ。

八重のストックは拙庭の定番です

指つながりで・・・欧米では園芸の達人に対して「green thumb」という表現をします。
下手の横好きで私には「緑の親指」はないようですが。




謎が解けた
 
 今日は荒川選手が金メダルとって嬉しいですね!万歳!

 さて 最近良いなと思っていた曲はアレンジが良かったのだとわかりました。
 中島美嘉のWILL、MISIAのEverything、平井堅のRing等。
NHKの「トップランナー」という番組に編曲をした冨田恵一さんが出てきてお話してました。
 私とほぼ同世代で洋楽育ち。スティーリーダンや今では死語?のクロスオーバーを聴いていたそうでとっても親しみを感じました。
 70、80年代の当時「そういうのが良いね」って共感してくれる人は私の周りにいませんでした。

 彼はようやく好きなアレンジができるようになり、それが支持されてきたらしいです。

 これから冨田氏のアレンジしている曲を聴くのが楽しみです。

PICT1832.jpg

外出の際よくMDに好きな曲を入れて聞いてます。右は台湾で買った手作りのビーズのポチェット。左は昔兄嫁にもらった紺のお気に入り。(服の色に合わせます。)コードが収納でききるイァーフォンもからまず便利です。


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索