最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
金沢 美味しいもの探し
最終日は行けなかった近江町市場へ。

早起きして7時にホテルの朝食ビュッフェです。海外のツアー客も既にいっぱい。
DSC04207.jpg
のどぐろの一夜干しを食べました。市場では小さいのが一匹200円くらいでした。
加賀料理も数種類並んでいます。
この日は目の前でオムレツを作ってもらいました。
DSC04215.jpg
尾山神社へ行きました。
加賀藩主初代前田利家を祀る神社で明治8年に完成した神門は、
当時の文明開化の世相を取り入れた和洋折衷の作りで、
ステンドグラスが彩られています。
DSC04216.jpg
野鳥観察する方もいました。朝の光で新緑が目に心地良い場所でした。

DSC04217 - コピー
こちらは裏の入り口です。日曜日でしたので市場は半分のにぎわい。
私は好物の焼きサバずしをお土産に買いました。

道の向こうの建物はめいてつエムザ 黒門小路

そのあと金沢駅のみんと あんと でお買い物をしましたが
こちらの方が大人向けでゆっくりと洗練された物が選べる場所だと思いました。
茶庵黒門で金箔コーヒーを頂きました。バームクーヘンはまた辻口さんの!
DSC04218.jpg


お昼は駅の中あじわい小路「おらがそば」にしました。盛りが良くてびっくり!
駅のあんと、りんとでは
中田屋のきんつば 森八の銘菓「長生殿」 佃の佃煮 かまぼこ河内屋 
諸江屋の花うさぎ 他でお買いものをしました。

結局3日間食べてばっかり。食べ物ネタばっかり?
シャドーボックスより多くの方に参考になるかもと思いまして(笑」

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

永平寺
 2日目は朝9時~6時間

ハイヤーを借り切って福井県の永平寺まで往復しました。

女性4人、平均年齢ややお高めで交通の便を考えての移動です。

結果大変効率が良く快適安心な行程となりました。

1605149.jpg
革張りシートのレクサス。運転はハイヤー会社の社長さんでした。

DSC04169.jpg
天然記念物の東尋坊。サスペンスドラマでお馴染の断崖絶壁ですね。
DSC04170.jpg
ガスエビを食べてみました。新鮮で甘かったです。
焼き帆立もTさんと半分こ。
DSC04161.jpg
福井県のフルーツロード沿いお墓の隣に忽然と営業するソフトクリーム屋さん。
DSC04162.jpg
さっぱりした味ですが後味のミルクの風味がとても良いお味でした。
どうやら私は(映画もアニメも全部見た)「ちはやふる」撮影地傍にいた模様。

DSC04174.jpg
日本最古の現存する天守閣がある丸岡城

DSC04177.jpg
梯子みたいな急な階段を二つ登ってやっとこの風景が拝めます。
DSC04171.jpg
一筆啓上 火の用心 お仙(←跡取り息子の名前)泣かすな 馬肥やせ
家康の家臣、本多作左衛門重次が長篠の戦いの際陣中より妻に送った手紙だそうです。

永平寺は曹洞宗の総本山。
760年前鎌倉時代に道元禅師によって開創されました。
立派なお寺で今も200人のお坊さんが厳しい修行をするお寺です。
DSC04187.jpg
傘松閣230枚の見事な天井画。
花鳥が大半でたまにぶどう。獅子、鯉が描かれているとか。
川合玉堂や伊東深水の絵もありました。
DSC04186.jpg
撮影は修行僧以外全てOKと案外敷居が低いお寺なのでした。
DSC04188.jpg
大晦日に紅白が終わるとこの除夜の鐘が紹介されます。大抵は雪景色ですね。
DSC04190.jpg
お寺の高い場所法堂からの眺め。清々しい。老杉や青いもみじの美しさに感動しました。

DSC04194.jpg
お昼は運転手さんお勧めの「一休」で
おそば ソースかつ丼 ごま豆腐が少しずつ味わえます。
お土産にごま豆腐と冬に食べるという水ようかんを買い一路金沢へ。

DSC04200.jpg
ひがし茶屋街で散策しました。今は燕が飛び交っていました。
DSC04199.jpg
森八のカフェで中庭を見ながらあんみつを。お味は・・・
美味しいに決まってます。
DSC04205.jpg
夕食は金沢駅そばの行列店「もりもり寿司」で軽くすませました。
右から2番目がのどぐろです。すっかり有名になりましたが美味しいお魚でした。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ


金沢旅行 1
 金沢21世紀美術館で展示会があり旅行を兼ねて行ってきました。

北陸新幹線は揺れも少なくて快適ですね。

20代の時に能登半島に行った時は遠かった!東京からたったの2時間半は驚きです。
DSC04125 - コピー 
モダンと古風な趣が融合した金沢駅。この地下も歩きやすいです。

DSC04117.jpg 
数年来お気に入りの加賀棒茶が上野駅の自販機もありゲットして乗車。
帰りは金箔入り冷茶を金沢駅で振る舞われました。
地元の方の一番のお勧めは「水だし3時間」だそうですよ。
(成城石井でもお茶の葉は売ってます。)

DSC04129 - コピー 
お昼に着いて予約してあった21世紀美術館のレストラン「フュージョン21」へ。
美味しいビュッフェが充実していて明るく開放感のある洗練されたレストランでした。

1605138 - コピー 
展示会では連れがいらっしゃる為滞在時間は限られましたが
金沢のシャドーボックス愛好家の皆様ともお話して
充実した時間を過ごすことができました。

この日韓工芸展で韓国の趙先生たちには大変お世話になりました。
DSC04133.jpg
蒔絵師 私のかつての師匠 松田祥幹先生の展示作品です。
ガラスに蒔絵を施すのは革新的な技法です。

美術館の建物は有名な建築家による素晴らしい物ですが緑が濃いと思ったら
道の向こうの兼六園が借景に取り込まれている立地でした。
DSC04153.jpg
その後兼六園へ。お庭の手入れの素晴らしさに感動しました。

金沢の街を歩くとそこかしこに加賀百万石の力、懐の大きさを思い知ります。
DSC04156.jpg
今は新緑のもみじなど大変美しく爽やかで癒されました。

兼六園で歩き疲れたら辻口さんのお菓子で一服。
石川県立美術館の中にあります。
DSC04160.jpg


今回宿は2泊とも駅前好立地、次女の会社のホテルで過ごしました。
16051504.jpg
天然大温泉や無料の夜鳴きソバ(半人前ラーメン)
加賀料理も取り入れた朝食ビュッフェがお勧めです。

 

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

お花めぐりの小旅行
バス旅行は朝7時に三軒茶屋に集合でした。

平日ですので乗っているのは60代前後の女性グループばかりでしたね。

この日はY旅行だけで50台のバスが出たそうですのでコースはずらして周りました。
まず向かったのは太田のネモフィラと芝桜。
oota shibasakura

1面の空色のネモフィラに心が浄化されるようでした。
nemofira.jpg
straw candle
次に向かったのは植物園で日本一の入場者数を誇るあしかがフラワーパークです。
haha to fuji
右は母の後ろ姿。

ここの大藤は樹木医の塚本こなみさんが移植に成功したエピソードを「プロフェッショナル」という番組で知り
ずっと来たかったのでした。 NHK

詳細はこちら 30分の映像がありました。
素晴らしい努力と丹精のおかげで維持されているのが良く分かります。
興味があってア時間がある方はどうぞ
fujisoft5.jpg
藤はもちろんですが足元の花壇、植栽も手入れが行き届いていたので本当に来た甲斐があり ました。
ashikaga1.jpg
紫の藤は終わりかけでしたが白藤、キングサリ、芍薬、クレマチス、バラのカクテルなどがきれいでした。

syakuyaku.jpg
お花の美しさを満喫することが出来ました。
こちらにうっとりする動画がありました。夜も綺麗なんですね。  

最後に行ったのは館林の つつじが岡公園です。
こちらのツツジは群生して樹齢800年のものもあり日本一、世界一とも言われその数も1万株を誇ります。

大きなツツジがたくさんあってこんなに大きくなるのかと驚きました。 DSC00944.jpg
この辺りは背丈の倍程です。

因みにサツキは「さつきつつじ」が本来の言い方fで6月ごろ咲く品種だそうです。
tanuki.jpg 
分福茶釜のルーツは館林市の茂林寺に伝わる伝説なのでたぬきちゃんがいました。
こちらは敢えて剪定して整えない方針らしく野趣あふれる公園でした。

母が喜んでいたのでまたどこかへ行こうと思いました。

空の写真を
寒くて外出も億劫ですが

家に居ながら世界とつながっている気分になることがあります。

私の利用する舎人ライナーからは必ずスカイツリー


晴れて空が澄んでいれば富士山をビルの合間から見ることが出来ますが


家からは大きな空を眺めることはできません。

東京生まれ&育ちなのでないものねだりでこんなものを集めています。
 



オーロラ



夕焼け


稲妻
 




お暇があったらのぞいてみてください。

ブログランキングに参加して励みにしております。
下のシャドーボックスのバナーを押して頂けると嬉しいです。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
にほんブログ村




プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索