FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
手作り三昧
このところ毎日手作り三昧です。

手作り好きの聖地?浅草橋へは年が明けてから

既に2回も行きました。(笑)

お勧めはイーストサイド東京(シモジマ別館)の上の階です。

紙やリボン型など素材がいっぱいあるので刺激になります。

お店のサンプル作品からアレンジして

自分のバッグに合わせたバラのチャームを作りました。

手持ちの淡水パールもつけてしまった。
P1212436.jpg

P1212435.jpg
シルクスクリーンのイニシャルプレート
アクリル板には穴を開けてもらっていますが
布にはこんな秘密兵器があって穴を開けます。

P1212437.jpg
手前のティッシュボックスカバーは年明けに作ったのですが
柄はウィリアムモリスのルリハコベ。

同じ限定柄がルリハコベだったのでマスク入れを
先日さくらほりきりでマンツーマンで教わりました。
ボンドの付け方にもコツがあって面白かったです。

好みの物が増えてうれしいです。
しかし断舎離とは対極ですね。(笑)







アロマストーン制作中
先日教えてもらったアロマストーンを作っています。

良い香りを裏面にしみこませて部屋に置くものです。

aromastone rose 
型に石膏を流すので難しい作業はありません。

左上が素地の感じでバラのレリーフなのですが

「先生色塗らないのですか?」と言われてしまった(笑)なので

色々試しています。

色塗ってカラフルなほうが私らしい層です。

ベースにまず色を付けたのが右上でピンク系

左下はブルー系です。
絵の具の色によって濃さ、出方が変わります。

上部は金色が良いかなぁ。

可愛いリボンに良い香りのローズオイルも欲しくなりますね。

秋の夜長はこんなことばかりしています。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

九匹の猿
地元の手芸仲間とはアメリカから帰国して以来なので
いつの間にか四半世紀のお付き合いです。

パッチワークの教室で知り合って
一緒に木工クラブを作ったりフリマに出たり
「美しい部屋」に紹介されて誌面に載ったりと思い出もたくさん。
気持ちはいつまでも若いつもりでも皆「孫もち」になりました。

お茶を飲みながら近況報告&手作りなどを不定期にしています。

今回は「九猿」=「苦去る」を作ることになりました。
がんになってしまった知人を励ますために製作中です。
DSC05007.jpg
試験管バージョンはKOさんのアイデア。汚れずに飾れるのが機能的です。
鎌倉の小町通りで売っていそうでしょう?

縫い物はやらなくなった私は幸い老眼でないので
お猿の目鼻を描くのとお猿を乗せる台を担当しました。
DSC05008.jpg
本日もまた「ちいさきものいとうつくし」

DSC05009.jpg
お箸を利用して転がらないように台も作られました。頭良い!

DSC04966.jpg
木を切って黒く塗って金ラメを施したところ。
この後樹脂で固めると干支の置物を乗せる台みたいになりました。

頭は風船かずらの種で区民農園のフェンスからことわって調達したのがKOさん
体の部分は和の古い絹地で色々小物を作るのが上手なKYさんが担当。
接着はグルーガンが良いかなど三人寄れば文殊の知恵なのでございます。
刺激を受けて他の手作りのアイデアの元になることもしばしばで
早速今回の木の台も最新作に取り入れました。

黒い艶の額に合わせて背景も樹脂&金ラメで漆仕上げ風にしてみました。

DSC05004.jpg
つやつやとぴかぴかのコントラスト。
作品部分は七宝細工や金バッジに見えると
見た方に言われます。




はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

<
ブログ10周年

私は2005年の11月にブログを始めましたので

なななななんと!10年も続けてきたことになります。
気づけばアクセス数も50万を超えていました。
DSC03493.jpg
三越で作ったティーカップはこの生地の絵柄を使っています。
生徒のK様が私の為に素敵な宝物のような本を作って下さいました。
彼女とのご縁も圧力なべの検索で私のブログに来て下さったことからでした。


光陰矢のごとし
全くそんなに長い時間経った気がしない半面
たくさんの事を書き 刺激を受け、様々の方とご縁ができた事に感謝があるのみです。
一言でいえば「世界が広がった」
と言えるでしょう。
DSC03492.jpg
手作りオタクは今日も木の洗濯バサミに装飾を施してみたのでした。
最新のTildaの布を貼りつけただけですど・・・

頂いた本の1ページとストライプがマッチング!
今回は60年代レトロな配色イメージでしょうか。


ネットの世の中に変わってきて人とのつながり
物の買い方、情報の集め方・・・・
この10年でもずいぶん変化してきましたね。

これまでブログに膨大な時間を費やしてきましたが
今では私の日課となり苦になることもありません。

シャドーボックスに携わり近年は努めてプライベートなことよりは
愛好者の方のお役に立つ内容
作り方のコツや新しいキットのご紹介等に重点を置いております。

「読み逃げ大歓迎」ですので今後とも宜しくお願い致します。


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

ピンクッション作り
今日はピンクッションを手芸仲間と作りました。

元々は同じパッチワークの教室に通った手作りの好きな地元の友人たちです。

気が付けばもう20年!

それぞれに孫ができる年代となりました。

さて今回のピンクッションは私がマルイでtildaのミニワークショップの際習った物。
DSC03391.jpg

二人とも縫物のプロですからちょちょいのちょいでした。

「飯高さん縫い方がぎこちない」と言われる始末(苦笑)
私は縫物は向いていないと気付いて足を洗いましたので。

それでも「ボンドは薬指で塗るのよ」などと少し先輩風を吹かしてお教えしました。

作り始めると楽しいです。それに可愛いでしょう?
さすがにtildaの布です。萌え~

DSC03392.jpg
下の部分はペットボトルのキャップを利用しています。
針が貫通しないので具合が良いのです。


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索