最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
ヴェラム紙
お知らせ
年末年始につきネットショップはしばらくお休みさせて頂きます。
12月30日から1月3日まで発送できません。
宜しくお願い申し上げます。

DSC05172.jpg
クラフトパンチで雪の結晶模様を抜いてから
背景に緑のヴェラム紙を貼っています。


背景用に紙は各色集めてありますが
なかなか色を合わせるのが難しい場合もあり
今回は半透明なヴェラム紙が近かったのです。

透けた紙には味があり時には役立ちます。
特に重ねた場合はその特性「透け感」が生かされますね。

ルドゥーテのラナンキュラスは羊皮紙に描かれたといわれ
それをヴェラム紙とも呼ぶようですが
通常スクラップブッキングでは
透けた紙を指しますね。
カラートレーシングペーパーと言う場合もあります。

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

写真額装に秘密兵器
 初孫のお祝いに写真立てを頂きました。

早速大きさを考えて写真を収めてみました。

円形や楕円形窓でコンパスでは穴が空くし
型を作るのも面倒なので秘密兵器投入です。

DSC04364.jpg
最新お宮参りのを楕円にしましょう♪
DSC04367.jpg
写真立ての窓に透明ガイドを乗せれば
ふさわしい型と刃の幅がすぐに見つかります。

DSC04368.jpg
定規の溝に刃を差し込んでくるっと回せばきれいに抜けます。

DSC04369.jpg
K様素敵な写真立て早速使わせて頂きました。
ありがとうございます。


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

折形の講習会
一昨日は京王プラザホテルで開催された折形(おりがた)の講習会に参加してきました。

日本には古来より物を包む奥ゆかしい文化がありますね。

その歴史や由来のお話を伺い
実際に現代でも役立つお金を包む方法をいくつか学びました。
orikatakyoushitu.jpg
手を奇麗にして心を落ち着けて
先様を思いながら折る。

書道など他の道にも通じる心の表現かと思いました。

鶴のポチ袋等見よう見まねで折ったことはありましたが
古式ゆかしく紙も吟味して折りたいものです。

単に美しく折るだけではなく
陰陽の意味を包に反映させたり天地を意識して折る。
そういったことは聞かないとなかなかわからない事で
参加して有意義に感じました。


お知らせ 
まだ少しお席がございます。この機会にぜひご参加ください。

「北欧Tildaのペーパーパッドで作るノエルの額」
日時 10月11日(日)14時半~17時半
場所 日本橋三越 新館9階 カルチャーサロン

お申し込みは℡ 03-3274-8595(10時~19時)までです。

3時間で立体の額作品を制作しお持ち帰り頂きます。


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ


トランプのバラ
八重の立体の バラを紙で作る場合

いくつかの方法があり研究してみました。

不思議の国のアリスでは白いバラを赤くペンキで塗るエピソードがありますね。

トランプの女王が赤いバラを植えろと言ったのに間違えて白いバラを植えてしまい

トランプの兵隊が赤いペンキで塗るというものです。

そこで本物のトランプ赤い色のハートとダイヤを切ってバラを作ってみました。

このトランプはカジノの本場レイク・タホの(夫の不用品)ですから相当に固かったです。

形や接着剤、大きさの問題があり写真のバラは3個目です。
arisu tobara 

赤い色の出方が物足りず私も兵隊さんよろしく赤い絵の具で半分塗りました。
白い側にはグリッターを付けておめかしを。

これができるとあれも作れる!

次回はまたクリスマス制作に戻ろうと思います。
はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ

アリス
 不思議の国のアリスをテーマに出展依頼がありました。

既にある作品に少し手を加えてより「らしく」したいなぁと思いました。

この際アリスのモチーフはなんぞやと調査&検討です。

うさぎやマッドハッタ―、トランプの女王、ちぇしゃ猫、薔薇

ドリンクミーなどの小さな瓶 鍵 ティーパーティー等

面白い絵柄のモチーフはありますが

ティーカップは既にあるのでやはり主人公のアリスを制作してみました。

目はありませんがまつ毛はあります(笑)
靴もはかせて着せ替え人形を作っている気分でした。
alice in wonde
自分で絵を作るので背中のリボン等は立てて立体的に作りました。
絵を分解した場合はこういう表現はできないと思います。

いくつかのシルエットから図案を起こしましたが

腕や提灯袖はちょっと苦労しました。

やはり髪の毛も一本ずつ欲しいしドレスもブルーが良いですね。

なんとなくそれらしくなった

と自分では思うのですがいかがでしょうか?

はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索