最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
Debi Strain
DSC06280.jpg
昨日新発売だったかぼちゃのリースの作家さんは

Deb Strainとカードのクレジットがあったので

pinterestで画像を集めてみました。



カントリー調でこっくりした可愛い色彩と洗練された装飾性が
特徴でしょうか。

文字のデザインやキルトの為の布をデザインしている作家さんのようです。

今時の絵描きさんは多方面で活躍していて面白いですね。

検索するとたくさんのことがわかります。

こうしてある種の情報はすぐに手に入る時代となりました。

その中で自分だけができ、打ち出せることを模索する

コンピューターのできないことをしていく。

自分の個性をどう生かすのか我が身自身についても問われそうです。

 



吉田 博 展
DSC06284.jpg
(記念に買い求めたクリアファイル↑版画です。)

新宿で開催中の吉田博展に行ってきました。

水彩画 油絵 版画のほか
スケッチ 半生をまとめたフィルム上映と見ごたえがありました。

川瀬巴水が好きな方は楽しめるでしょう。

海外での評価が高い割に日本画壇での政治力では負けたそうで
国内の評価の低さは残念な感じです。
DSC06283.jpg
チラシのお気に入りの絵でで樹脂のマグネットを作ってしまいました。

圧倒的な画力は私にもわかります。
特に後半生の版画における光と影の表現は秀逸で
その場に居て体感するであろう湿度までが
伝わってきました。

以前から画像は集めておりまして予習はばっちり(笑)
行かれる方はこちらをどうぞ。
 


復習
saul leiter
渋谷のbunkamuraミュージアムの展示を観てきました。

写真の歴史や変遷には疎いのですが

ファッション雑誌の写真も多いのでなかなか楽しい展示でした。

1940年代 物の影の奥にモデルがいる構図など今見ても斬新です。

所謂「はずした感じ」で撮る。

反射やぼかしの効果で奥行き、ニュアンス、陰りを表現する。

おそらく先駆的にやってきた人なのでしょう。その眼差しは温かです。

モノクロームも多いのですが

カラー写真の色の鮮烈さが素晴らしくて驚きました。

引き算の美学はちょっと東洋の影響でしょう。

日常の中に宿る美を見つけ出す才人。

本来は画家志望だったからか色彩感覚が素晴らしく

小さい抽象画のどれもこれも目に心地よく

私は初めて抽象画の魅力がわかりました。

写真をベースに色をつけた作品はちょっとクリムト風で
倦怠感が独特でした。

アートの世界も芋づる式につながってそこそこ学ぶと

また違った魅力を発見します。

復習はこちらです。お気に入りを集めました。
通常ヌードは集めない主義ですが・・・まいっか。
いやらしさがあんまりなくて自然体だから。(笑)

ぽちっと宜しくお願いします。

ルドゥーテはお好き?
まず私の生徒さんや知り合いの先生は
言わずもがなだと思いますが(笑)
PC090066.jpg
DSC00207.jpg
北千住展示会でシャドーボックスの教材を販売しましたが
愛好者でなくてもちょっとしたお土産にいかがかと
ルドゥーテのクリアファイルを置きました。

それが大変好評でプレゼント用の私の在庫まで売ってしまいました。
DMと同じ赤いラナンキュラスもあり、
記念になる為か「先生が作っているの?」とまで言われました。

絵を印刷してくださった奥延氏が素敵なルドゥーテグッズを
企画し販売していて私も買わせていただいております。

20130319_a0db8c.jpg
↑A4サイズクリアファイル↓は書類やテキストを挟んでいます。
20130319_8db8b8.jpg
小さいサイズは↓外出の際チケットを挟んでバッグに忍ばせるなど
ルドゥーテの絵柄を身近に楽しめて幸せです。
20130319_510913.jpg
近日中(今週)にまた皆様に御案内しますのでお役立てください。
ネットショップに並べます。

リースとラナンキュラスは単品扱いです。
どれも素敵でうっとりする絵柄ではずれがありませんので
基本的に選りすぐりのバラや花のブーケ4種類アソートです。

ランキングに参加しております。
ぽちっと宜しくお願いします。



ペンギンコレクション
DSC05129.jpg
11月なのに今日は雪でした。
手袋がなければいられないほどの寒さ!
積もらなくて良かったですね。

DSC05140.jpg
かわいいカードを見つけると買わずにはいられない。

シャドーボックスを始めると誰でもそのようになるのではないでしょうか?

かわいいペンギンのカードも私にとってはそういった類でありまして
気がつけばけっこうな数を持っております。

rousoku.jpg
単純明快に見えて実は洗練の極みのライン
ユーモラスな楽しい絵柄なので
やはり好きなのです。

DSC02226.jpg
でももう葉書は印刷されないとか。
今後はレアなコレクションになりそうです。


はげみになりますので下のバナーをポチッとして頂けますか?
よろしくお願いします。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ



プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索