最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えしてもうすぐ四半世紀
新作カップ 作り方のコツ
新作大人気のティーカップのキットを生徒のKさんが早速制作中です。

tea cups2
作るとこのように影が生まれ奥行きの効果が良く生かされて
やはりシャドーボックスに向くカードですね。面白い!

DSC06337.jpg


テキストを書いた時と実際に組み立てた時ではどうしても調整が必要です。

今回は額の深さが25ミリあって高低をできるだけつけたので
一番上のティカップは一度切りはずしました。(Bのシート 2全体像)

テキストでは下の写真真ん中の上段にあった部分を
右のカードの裏側(Dのシート 5-1)に貼ったのです。

tea cups1

左 Aの1土台  中央Bの2  右D 5-1 既にパーツで組み立ててあります。


キットをお持ちの方はテキストでご確認ください。

このようにカップの重なりが自然になるよう調整してくださいね。

こちら一度追加注文しましたがまた不足となり再々注文中です。

ご購入できなかった方はどうぞ。

Kさんの「小ぶりに作りたい」ご希望に合わせて

さまざまの工夫をしています。

棚の部分が同じ高さで左右上下のずれが出さないように

敢えてカードの外周でつなげていますが

そこは隠すのが前提です。また工夫はご紹介しますね。


外周は細いので紙を7ミリ幅 5ミリ幅で切って立てて支えています。

紙はカードの裏側を利用して長く切って90度に折ります。

イメージは「I」より「L」。紙を折ると立ちますから強いのです。お試しください。
にほんブログ村 ハンドメイドブログ シャドーボックスへ
 



問題です
一富士二鷹三茄 特注マットと額が届き額装しました。

さて皆様に問題です。
↓ 二つの作品の違いはなんでしょうか?

DSC06347.jpg
DSC06355.jpg



簡単ですね。
答えはマットの小さなデザインが黒いか金色かの違いです。
(ちょっと下の写真がピンボケですが 苦笑)

DSC06353.jpg
12の円形窓に加えて和の小さなデザインを抜いてもらったのですが
抜けて下の黒い土台が見えるより金にしたほうが良いかと思い貼ってみました。

額をご購入の方の分も切っておきました。

額のご予約はこちらで 
限定14セットです。
DSC06356.jpg
こちらも9月15日の発売前にご予約承ります。
新作カップケーキのキット。

在庫を抱えずに確実にお届けしたいと思っております。
DSC06358.jpg
金の他パールの印刷でエンボス加工です。

サンプルカードをご覧になった生徒さんたちから「かわいい!」と
お墨付きを頂きましたので新しくキットに採用しました。

今までになかった絵柄だと思います。
縦172ミリ横117ミリの変形グリーティングカードです。
 


メルヘンペイント フラットな絵の場合
メルヘンペイントは以前容器や商品名が違っていましたが

スタンプのメーカーから売られていました。
DSC06346.jpg

スタンプで押したインクに塗れば光沢が付いて盛り上がるので
また違った魅力を演出できます。

今回はABCクラフトさんへ送った際
可愛いカードの人物のみにメルヘンペイントを塗って
見本として添えました。
主人公だけ盛り上がってピカピカになったのです。

3Dシャドーボックスの場合は丸みが付くので
さらに光沢に変化が出て効果倍増だと思っています。

でも逆に平らな絵のほうが盛り上がり具合が判るかもしれず
以前動画に使ったプラークを全てに塗ってみました。↑
DSC06345.jpg
途中はこんな感じで絵柄を離して塗って乾かしたらまた塗っていきます。
盛り上がり方に艶の境目ができるほうが面白いからです。
 


ストライプ×作品
DSC06326.jpg
プレゼントボックスの絵柄はカードの一部を立体にカールさせたり

余分なハートや星を周囲に散りばめたりと

ポップな魅力をパワーアップさせたアレンジをしています。

今回はスクラップブッキングのストライプの紙を
背景に使いました。

その上に5ミリ厚黒スチロールに生地を貼って作品のステージにしています。

シンプルな作品もアレンジによって変わるのが楽しいです。

ご提案は3つほどしました。

何より生徒のKさんがこの大人可愛い額装を

喜んでくださったのが嬉しかったです。

 



小菊と小鳥2
アレンジの妙とでも言わせて頂きましょうか。

プリントの個性を生かして額装を考えるのは大変楽しいものです。

kogikutokotorigakuiri400.jpg
私のアイデアの場合もあるし

額屋さんの自由な発想や技術に負うこともあります。

kogikutokotori400.jpg
↑こちらがキットに忠実に土台も貼って作品を組み立てた場合です。

円形窓の場合は通常正方形の額を使いますが

籠目模様のマットで長方形 色もプリントに含まれない配色で

今回はセオリーを敢えてはずした感じですね。

シャドーボックスの情報を発信する側として

新たな魅力を打ち出したいとも願っております。

 




プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索