FC2ブログ
最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

手作りオタク日記
足立区北千住他でシャドーボックスをお教えして四半世紀
つがいの鶴の制作のコツ
インスタグラムでご紹介していたつがいの鶴の作品は
銀の箔加工が美しく金属光沢が特徴です。
キットはネットショップで現在2つあります。

作ったら劇的に表情が変わることが私には分かっていたので
必ず作らないとと思っていました。
輪郭は金なので華やかですし
特にモデラーの当てた跡がはっきり出るので鶴の羽は丁寧に作業します。

P1012846.jpg
かねてよりテキストはパーツで組み立てられるように考えています。
まず左奥の赤い牡丹を作りました。
花弁の細かいスカラップも少し切込みを深めに入れると
丸みを付けたときに豊かな表情が出せます。
花弁の切込みも深く入れるとすぼまった形状にしやすいです。

P1012847.jpg
鶴も出来るだけ羽の間に切込みを入れます。
姿勢と形状に気を付けて丸み付け。

P1012848.jpg
菊は上下2枚に花芯を付けます。
切込みを限界まで入れてモデラーを揃うように当てます。
モデラーの位置と角度と強さ(方向)で全て決まります。
続く

P1012849.jpg

緑地 鯉のぼり
P1012845.jpg

今年初の作品は数時間で作れる鯉のぼり。
目に青葉。緑の背景が爽やかできれいなカードです。
輪郭線が金なのでシンプルな構図ながら華やかさもあります。

P1012842.jpg
4枚のカードで作りました。
地面をどう切り取るかと菖蒲をどう表現するか考えました。


P1012843.jpg
鯉のぼりは風をはらんで筒状になるように1ミリのスチロールで
形を整えてあります。
支柱にはワイヤーを貼って補強&補正。


P1012844.jpg
背景も生かして右の作品を左のカードに乗せて固定したら完成です。
キットは限定4つで販売開始しました。


アクリル額入荷しました


3Dクリアフレーム=3層アクリル額と取り換え用アクリル板今日入荷しました。
この額はアクリル業者さんに特注していて層で立体にでき
和洋様々に対応できて表情が変わります。
ご注文はこちらで 
P1011734.jpg
犬張り子と背景の色紙は別の層になっています。
他の年にこの12の色紙が使えます。

別途白2ミリ厚 黒半透明2ミリ厚、透明1ミリ2枚組をご用意しています。
4枚3セットで送料無料になっていますが各400円でバラでもご注文可能です。
板だけ換えれば作品の入れ替えも簡単です。
3kenjyatoyokawa 400
三賢者は層ごとに固定しています。
星の固定などが支えが要らないので簡単です。
1ミリの板2枚を使うとレースモチーフなど挟んで浮かせられます。

お客様のご注文で1ミリの板の在庫が無いと気が付く始末で(苦笑)
急遽調達してきました。

ネットショップもきちんと管理したいと思います。

ただ今額の在庫調べをしております。

箱を開けないと中が分からない状態だと困ります。

これはあの額、これはあの作品だったか・・・・。

ただ今部屋に飾っている作品の箱の置き場も決めました。

全ての物がどこにあるかわかるようにしたいです。
P1011759.jpg
アクリル板にシルクスクリーンでレース模様を入れています。
ビーズや模様が宙に浮いた表現になるのが気に入っています。



かすみ草の表現
P1012788.jpg
チューリップのブーケは誰もが好きな絵柄だと思います。

生徒さんがプラーク仕立てで作られました。

額と違い破損を防ぐこともあって高さはやや抑えて作ります。

絵柄を透かしに切って細かい白っぽい花を自然に表現するのは

なかなかに難しいのでカスミ草のドライを利用しました。

色も少し白く調整しました。

樹脂を掛けた直後ボンドも使わず差し込むように乗せています。

貼り付けビーズでない
ブローチなどの埋め込み式ビーズではエポキシ系接着剤2液を混ぜて使いますね。

接着力がありますから乾けばボンドの役目も兼ねているというわけです。

周囲のつながったパールも木工ボンドで予め貼っていますが

樹脂で確実に覆われるので何年経っても剥がれたりはせず

耐久性があると思います。

樹脂で覆われた皮膜は陶器のような光沢で魅力的です。
P1012789.jpg


ねずみの凧あげ
2020の年賀状がようやく売り出され(業者向け)

可愛い絵柄があったので作ってみました。

3枚で作りました。
20201.jpg
切り分けはこんな感じです。
絵柄の左縁で糸をずっとつなげて切るところがコツです。

薄紫の雲の窪んだところのモデラーかけ
先日特別講習に参加した皆様ドーナッツの穴のテクニックです。


20202.jpg

補強しながら高さを出しました。
凧は高くしたいところで1センチ位は浮かせたい。
そうすると土台の凧の絵が邪魔だなぁと思いました。
水色の紙で凧のシルエットを切り土台に貼って消そうかと
思ったのですが葉書大の水色の紙を使うことにしました。
20203.jpg
こんな小さな作品でも工夫が必要なので
飽きずに作れるのでしょうね。


こちら額とキットで1600円+送料でお送りします。
限定3なので欲しい方はお早めに。


プロフィール

飯高 和美

Author:飯高 和美
シャドーボックス 教室主宰

エポキシレジン・ステンシル
・トール・ガラスエッチング
・コラージュ・木工などを取り
入れた作品作りをしています。

ご案内

ブログ内検索